日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+
青沼陽一郎
青沼陽一郎

作家・ジャーナリスト。1968年、長野県生まれ。犯罪事件、社会事象などをテーマに、精力的にルポルタージュ作品を発表。著書に「食料植民地ニッポン」「オウム裁判傍笑記」「私が見た21の死刑判決」など。

著者のコラム一覧