日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

黒塗りワンボックスがズラリ…EXILEの飲み会に数々の不評

 最近、六本木には困った「貸し切り希望客」がいるの。居酒屋やカラオケバーをやってる知り合いから、「ママのところに来たらどうする?」ってよく聞かれるわ。

 貸し切りはお店にとってプラスと思われがちだけど、そんなことないのよ。貸し切りにするから安くしろと言われるのが常で、収支が合わないこともあるし、貸し切り中にかぎって久しぶりのお客さんが来ちゃって謝罪しなきゃいけないこともあるし……。

 でもお客さんは「貸し切りは正義」だと思ってるみたいね。特に最近ヒドいのは、EXILEの皆さん。お店のサイズによって貸し切りには最低人数が決まってるものなんだけど、全然足りてなくても貸し切りを要求してくるんだって。カリスマ的な人気があるし、普通にお客さんがいる場所ではパニックになるから飲みにくいのは分かるけど。

 とある六本木のお店が、予約人数が足りないから半分だけ貸し切り、残りのスペースに一般客を入れていいならと予約を受けたら、直前になってEXILE側から、「残りのスペースに一般客を入れてもいいけど、絶対に禁煙にしろ」って言われたんだって。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事