日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

半年で4キロ減 8割が持つ「遅発型アレルギー」の元を断つ

 ジムに通ったり、脂っぽいものを控えたり、自分なりにあれこれ努力しても、ちっとも痩せられない。そんな人は多いのではないか。なかには“体質だ”と諦めてしまう人もいるだろうが、待って欲しい。あなたが痩せられないのは「遅発型フードアレルギー」が原因かもしれない。「三番町ごきげんクリニック」(東京・千代田区)の澤登雅一院長に聞いた。

 遅発型フードアレルギーとは、食物アレルギーのひとつ。一般的な食物アレルギーとは違い、食べたからといってすぐにじんましんが出たり、気分が悪くなったりすることはない。
 食べて数時間から数日後に、慢性的な疲労感や眠気、下痢や片頭痛、肌荒れなどといった何となくの体の不調として感じることが多い。

「実は不調を訴える人の9割、自覚症状がない人でも8割が遅発型フードアレルギーを持っていることがわかってきました。問題はその原因となる食べ物がわかりにくいことです。通常のアレルギーなら食べてすぐ反応が出るので何が原因かわかりやすいのですが、遅発の反応はわかりにくい。好きで食べているもの、健康によかれと思って欠かさず食べているものが、原因かもしれないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事