日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

大谷昭宏さん 病気で「死」に対する心持ちが変わった

ジャーナリストの大谷昭宏さん(C)日刊ゲンダイ

ジャーナリスト71歳<肝内胆管がん>

 自分が肝内胆管がんなのだと分かったときは、正直「やばい」という思いはありました。といっても遺書を書くなんてことは考えなかったですけど、「自分の死」を身近に感じたことは確かです。

 幸い早期に見つかったので助かりましたが、見つかりにくいがんなので、手…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事