日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

福島第1原発“汚染”地下水が地表面に 台風猛威で水位上昇

 豊洲新市場どころの話じゃないだろう。東京電力は21日未明、福島第1原発の護岸近くで、台風16号の降雨で地下水の水位が上昇、地表面に達したと発表した。

 護岸近くの地下水は放射性物質に汚染されている可能性があるとして、ポンプなどでくみ上げ作業が行われていた。

 東電によると、護岸東側は同原発の港湾となっている。20日午後10時前に護岸近くの観測用井戸で地下水が地表面に到達。地下水の噴き上げはないが、雨水が地下に浸透せず地表面を通って港湾に流れ込む可能性があるというから、怖い。

 東電は地下水のくみ上げ作業を継続するとともに、今後、港湾内の海水の放射性物質の濃度分析などを行うと説明している。第1原発1~4号機の周辺では地下水が広範囲に汚染されており、東電は港湾への流出を抑制するための遮水壁を設置。さらに、その手前で地下水のくみ上げ作業を行っていたが、“自然の猛威”には太刀打ちできないということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事