日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

即死の燃料デブリ残骸でわかった廃炉のデタラメ皮算用

どこが「アンダーコントロール」なのか(C)日刊ゲンダイ

 本当に廃炉なんてできるのか。目の前の現実に打ちのめされてしまう。

 東京電力は2日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器の内部調査で撮影した映像を解析したところ、一部で毎時530シーベルトという超高線量を測定したと発表した。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事