日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

鶴竜“命”の熱烈ファンを想像してみた

夫人、子供と喜ぶ鶴竜(C)日刊ゲンダイ

 鶴竜にゃ絶大な人気があるとは言えない。どっちかといえば、地味~な横綱だという雰囲気がある中、東京からわざわざ九州場所に詰めかけて嬌声を上げた「鶴竜いのちバアサマ」が居ると想像してみた。

「鶴竜やったわよね~! もう、うれしくてサ~」

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事