日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

引退後は独立? 故障するまで稼ぎ続ける琴奨菊の人生設計

 26日に発表された来年1月場所(8日初日)の新番付。7度目のカド番を迎えるのが、大関琴奨菊(32)だ。

 今年1月に自身初優勝を果たしたものの、続く3月場所では8勝7敗で綱とりに失敗。7、11月と2度も負け越した。テーピングが痛々しい両ヒザはボロボロ。巡業でも土俵に上がる回数は激減した。

 引退は時間の問題と思われるが、「まだまだ稼ぎ足りない」というのがホンネではないか。

 琴奨菊は13年に年寄株を購入しており、引退後は「秀ノ山親方」になることが確実。しかし、相撲協会が現行の新公益法人に移行し、株の売買を禁止したのは14年。つまり、琴奨菊は秀ノ山株に大金を支払ったということだ。最近では裁判所が春日山株に1億7000万円もの値をつけたように、決して安い買い物ではない。

 独立ともなれば、さらにカネがかかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事