日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

リオ重量挙げ銅の三宅宏実が決意 「東京では必ず結果を」

 リオ五輪重量挙げ女子48キロ級で銅メダルを獲得した三宅宏実(31)。スナッチ81キロ、ジャーク107キロのトータル188キロ。最初の試技であるスナッチで最初の2本を失敗。3本目でようやく成功させ、続くジャークでも2回目で肘が膝に触れる反則を犯し、窮地に。後がない3本目で107キロを挙げ、銀メダルを獲得した12年ロンドン五輪に続いて2大会連続で表彰台に立った。すでに現役続行を表明した三宅にリオでの心境、20年東京五輪に向けた決意を聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 ジャークの3本目を成功させてメダルが確定すると、4年間の思いが一気に込み上げてきて、思わずバーベルに頬ずりをしていました。12年のロンドン五輪で銀メダルを獲得してからの4年間は泣くことばかりでしたので、苦しい思いから解放された瞬間でした。

「会場では絶対に笑いたい、笑って日本に帰りたい」と思っていました。メダルを取れた瞬間はうれしかったのですが、実はリオ五輪は思い出したくない試合なんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事