日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高梨沙羅の“強力ライバル” ザイフリーツベルガーが復調

 欧州を代表する女子ジャンパーで、W杯女王高梨沙羅(20)の強力なライバルのひとりがオーストリア代表のジャクリーン・ザイフリーツベルガー(25)だ。

 オーバーエスターライヒ州の山岳地帯で生まれ育ち、4歳でジャンプを始めるとめきめきと頭角を現した。13歳でナショナルチームに初選出され、04年7月にはW杯の下部大会に位置付けられるコンチネンタルカップ(米国)で代表デビュー。06年3月の同蔵王大会で初めて表彰台に立ち、08年のジュニア世界選手権を制するなど、順調に結果を残してきた。

 シニア転向後はW杯を主戦場とし、12-13年シーズンは総合4位に入った。女子ジャンプが五輪正式種目に採用された14年ソチ大会では、銀メダルを獲得したダニエラ・イラシュコ・シュトルツ(33)とともにメダル、上位入賞を期待されたが、前年12月の練習中、着地に失敗して右膝の靱帯断裂の重傷を負ってスタート台にすら立てなかった。

 昨季のW杯札幌大会で3位に入り、3シーズンぶりの表彰台で完全復活をアピール。今季もW杯の得点ランキングで4位(215点)に付けている

 今後も高梨を脅かすに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事