日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

伊東四朗特集

ワインは3杯まで/(C)日刊ゲンダイ

フリーアナ吉田照美「伊東四朗さんに面白くないと言われ…」


■日本酒が初めて「おいしい!」と思えた酒 17年前から伊東四朗さんと番組をやらしていただいてますが、番組での伊東さんは最初のころに僕に遠慮されてるところがあったんです。時々伊東さんやスタッフとの食事会があり、伊東さんは大酒飲みではありませんが、そこそこ飲むんですよ。で、僕が飲まないのをいつも見てる。ある日の酒席でぽつりと言うんです。「酒を飲まない人ってのは、本音を言わない感じだから、なんか面白…

伊東四朗

「『植木(等)と出るようになりゃ、たいしたもんだ』。これだけでしたね、死ぬまで」by伊東四朗


伊東四朗(78)が青年時代に一念発起。「喜劇役者になりたい」と洋服屋を営む父に伝えても、賛成も反対もされず、ただ「ふーん」とだけ言われたという。だから余計に伊東は「頑張らないといけない」と思った。 「てんぷくトリオ」のメンバーとして人気を得て、テレビなどに出るようになっても、父はやはり「知らん顔」。そんな父は、伊東が「シャボン玉ホリデー」に出演した際に、生涯で一度だけ伊東に対して「論評」したとい…

東貴博さん(左)が目標とするのは三宅裕司さん

“天然妻”に悩んだ東貴博 相談した三宅裕司が放った一言とは


小倉久寛さんらと結成された「劇団スーパー・エキセントリック・シアター」の舞台は何度も見に行ってましたし、伊東四朗さんや小倉さんとコントをされてるのを拝見して、「凄いなぁ」「面白いなぁ」ってずっと思っていた。 その時は当然、お付き合いはありませんでしたし、芸能界にデビューしてからも10年ほどは一緒に舞台に出ることはありませんでした。 でも、11年ほど前でしたか、三宅さんが伊東さんらと古き良き東京の…

先人・志ん朝は「落語に渇れている」と表現した


伊東四朗が退き、三宅裕司座長の熱海五郎一座になってからも昇太は毎年、公演に出演している。 当初は遠慮があって戸惑いも隠せなかったが、慣れてくると共演者との掛け合いが楽しくなってきた。それに、毎回有名女優がゲスト出演するのも楽しみだ。次回は共演した女優たちの話を伺う。 (聞き手・吉川潮)…

近年は演出家としても注目されるラサール石井

ラサール石井を通じて数多くの役者と知り合った


いろんな劇団の役者さんと知り合えました」 伊東四朗が座長の喜劇公演に参加するようになったのも、ラサールを通じて三宅裕司と知り合ったからで、一座の旗揚げ2年目の2005年、サンシャイン劇場公演から加わった。伊東、三宅の他、小倉久寛、コント赤信号の渡辺正行、東貴博といった面々である。 「とっても勉強になりました。たとえば三宅さんは、セリフを一言だけ変えたり、言葉の順序を入れ替えたり、相手役に言葉を挟…

引退する桂歌丸と後任に浮上するタモリ、三遊亭小遊三

笑点引退 桂歌丸の後任司会に「外部なら本命タモリ」の声


意外なところでは三波さんのセンで、伊東四朗さん(78)というのもあるかもしれません」(前出の吉川氏) では、内部昇格の場合はどうか。 「これもねぇ、円楽が有力候補だそうだけど、やっぱり年齢がネック。僕が第1候補と見ているのは小遊三(69)です。年齢的には好楽も同じですが、“仕切り”という意味では小遊三を薦めたいですね」(前出の吉川氏) そうなると補充のメンバーが必要になってくる。どこから持ってく…

大竹まことのラジオに出演中

大竹まことさんは僕を「雨に濡れた野良犬みたい」と


僕が世間の方々に認識していただけるようになったのは、2013年のTBS系「日10☆演芸パレード」出演がきっかけなのですが、その番組で司会をされていたのが伊東四朗さんでした。 昔からずっと、伊東さんの大ファンなんです。1970年代に出演されていたバラエティー番組「お笑いオンステージ」「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」もリアルタイムで見ていて、ちょっとしたシーンを今でも克明に覚えているほど。そんな憧…

主演の高橋克実が最年少

オール熟年探偵の“緩やかな連帯”が気持ちいいテレ東ドラマ


共演者も石田純一(61)、笹野高史(67)、角野卓造(67)、伊東四朗(78)というベテランぞろい。まさに熟年の、熟年による、熟年のためのドラマになっている。 リストラにあった高橋の再就職先が探偵社。元刑事、元五輪選手といった経歴を持つメンバーの仲間になる。毎回読み切りの物語はいわゆるハードボイルドではなく、もちろん殺人など血なまぐさい事件も起きない。迷子のペット捜し、初恋の人捜し、中高年の引き…

3世代司会/(C)日刊ゲンダイ

“歌も卒業”の篠田麻里子 NHK老舗歌番組で司会初挑戦


11日、「第20回 家族で選ぶにっぽんの歌」の収録直前取材会が開かれ、司会の伊東四朗(76)、榊原郁恵(54)、篠田麻里子(27)が登場した。篠田は司会初挑戦。「去年はAKB48として歌の方で出させてもらったんですけど、司会だと緊張しますし、こんな豪華なおじいちゃん(伊東)とお母さん(榊原)がいたら本当に幸せだと思います」と語った。 番組内では、榊原、早見優、石野真子のステージでコーラスを務め、…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事