日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

甲陽特集

山口組は神戸の復興と共に大きくなった(写真は神戸港)

元神戸市長と山口組 「持ちつ持たれつ」の関係


結果、設立されたのが神戸芸能社と甲陽運輸だ。 一方、神戸市長に就任した中井はといえば、この年の5月に国会で決議された「大阪市、神戸市、京都市、名古屋市、横浜市の5特別市制の実現」を踏まえ、市町村合併や神戸港の整備に取り組んだ。が、手を焼いたのが、不良の在日華僑や朝鮮人による治安の乱れだ。 「そこで頼ったのが、山口組の田岡だったとされます。その代わり、中井は山口組の運営する港の闇市や賭場を黙認した…

「花*花」のこじまいづみさん(左)とおのまきこさん

「花*花」の2人が明かす “大ヒット&活動休止”の舞台裏


ワタシたち自身は自分たちがアラフォーだなんて、これっぽっちも思ってないんですけどね」(おのさん) さて、2人そろって兵庫県高砂市生まれの「花*花」は神戸の甲陽音楽学院在学中の98年に「RINSE」を結成。その後、「花*花」に改め、2000年7月、「あ~よかった」でメジャーデビューを果たした。 「この曲は当時の人気バラエティー『ダウンタウンDX』のテーマ曲に採用されるなどラッキーが重なり、それがヒ…

None

文書合戦の末、あわてているのは6代目山口組


田岡は自分の食いぶちは神戸芸能社や船内荷役業・甲陽運輸など正業で稼ぎ、子分が拠出する月会費を食おうとはしなかった。渡辺時代に月会費の上納金化が始まり、司時代の今、それがピークに達したといえよう。 司組長は今回の分裂騒ぎで文書を発表、1日の定例会で直系組長たちに配ったようだが、そこにはこんなふうに書かれていた。 「山口組には、内紛・離脱・分裂などをくり返して成長してきた、その過程の中で、有能な多く…

「戦国合戦 通説を覆す」工藤健策著


しかし、これらはすべて江戸初期の軍学書「甲陽軍鑑」の記述がもとになっており、事実だと証明することはできない。著者は、周辺の地勢や当日の天候、さらに歴史の流れなどを勘案しながら合戦を一から見直し、朝霧で周囲もよく見えず、足場の悪い中で車懸かりや鶴翼の陣形が取れるわけもないと看破。その他、秀吉の中国大返しや大坂夏の陣での真田幸村の本陣突入など、歴史の真相を理詰めで推理。 (草思社 1700円+税)…

NHK紅白にも出場した/(C)日刊ゲンダイ

「花*花」おのまきこ 予約待ちの人気ボイストレーナーに


■月3回ほどはライブ活動 さて、兵庫県高砂市生まれのおのさんは高校卒業後、甲陽音楽学院に入学。そこでこじまさんと出会い、98年にデュオ「RINSE」を結成。その後、花*花に改め、2000年7月、「あ~よかった」でメジャーデビューを果たし、これが読売テレビの人気バラエティー「ダウンタウンDX」のテーマ曲に採用され、大ヒットとなった。 「週のうち半分が大阪から東京へ出張って感じでしたね。テレビ局や…

(C)日刊ゲンダイ

「人身売買・奴隷・拉致の日本史」渡邊大門著


そのさまは江戸時代初期に集成された甲斐の国の大名武田氏の軍書「甲陽軍鑑」などにも生々しく描かれている。 さらに衝撃的な事実は「乱取り」の対象が物資だけでなく「人」も対象だったことである。武田氏に残された史料「妙法寺記」には、天文5(1536)年に武田信虎の軍勢が攻め込み、「足弱」(女性、子供、老人)を100人ばかり奪っていったと記されている。 「乱取りしてきた人間のことは、どう使おうが勝手。男は…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事