日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

坂口健太郎特集

六本木で“小栗軍団”を率いる

酔うと仲間を勧誘 小栗旬“軍団長”に他の事務所は戦々恐々


メンバーはリーダーの小栗クン、同じ事務所の綾野剛クン、笠原秀幸クン、坂口健太郎クンをはじめ、他の事務所の子たちでは山田孝之クンや鈴木亮平クンやムロツヨシさん。まぁ豪華よね。 今までは三軒茶屋や三宿かいわいを根城にしていたんだけど、最近は六本木や西麻布にも進出してる。赤西軍団との違いは、やっぱり女っ気がないとこね。男だけで集まって、ひたすら役者論を語りながら、酒を浴びるように飲む。しかも選ぶ店も…

朝ドラが好調の波瑠だが…

遠方の母に泣きついた 波瑠「女優やめたい」メールの真相


■交際を報じられた坂口健太郎と会えない日々 波瑠は「現場は、たくさんの人がいて」と、ほぼ出ずっぱりの慌ただしいスタジオでの日々が、人間不信の原因であったと説明しているが、どうなのか。あるベテラン芸能記者の読みはこうだ。 「注目すべきは『放送が始まる少し前、夏が終わる頃』です。この時期、具体的には7月、波瑠は同い年で、モデルで俳優の坂口健太郎との交際をスポーツ紙に報じられています。モデルとしても…

「やめたい」なんて言い出さないで…

朝ドラは絶好調も 高畑充希は“私生活封印”に耐えられるか


「波瑠がドラマ撮影に臨んだ昨夏、同い年で、モデルで俳優という似た境遇の坂口健太郎との交際をスポーツ紙に報じられています。双方の事務所は否定しましたが、その直後、『別れさせられたのではないか』という臆測が芸能マスコミの間で流れ、その傷心も、精神的落ち込みを招いたとされた。実は高畑にも、ウワサになったカレがいました。シンガー・ソングライターの高橋優、俳優の千葉雄大らです。高畑は、恋愛ご法度のNHK…

女流作家も虜にするイケメン

「とと姉ちゃん」大野拓朗 朝ドラ男子“出世の法則”なるか


来週登場する常子の初恋相手役・坂口健太郎(24)の色白で凹凸に乏しい塩顔とは異なり、ソースほど濃くない味噌顔が印象的だ。 立教大へ入学した年に「ミスター立教」の称号を獲得し、翌年の大学2年の時には、ホリプロ創業50周年記念に開催された新人俳優オーディションでグランプリを受賞。オーディションで「木村拓哉さんの若かりし頃に似ていると言われる」と明かしただけあって、幼少期からモテモテの人生を歩んできた…

ルックスと演技力は申し分ないが…

「いつ恋」1ケタ…有村架純が超えられない“視聴率の壁”


今回も共演する高良健吾や西島隆弘、坂口健太郎などとの熱愛疑惑が起きないとも限りません。番宣で若手俳優陣のチームワークの良さをアピールする中で、熱愛発覚なんてことになれば注目度アップ間違いなしですから」(テレビ関係者) 演技力は折り紙付きだが、視聴率女優への道はなかなかに厳しい。…

映画「俺物語!!」(東宝)(C)アルコ・河原和音/集英社

「俺物語!!」ヒロイン役 永野芽郁“天然美人”でブレークの予感


「主演の鈴木を前面に立てた映画に間違いはないが、物語で重要な役どころとなる美男の坂口健太郎(24)、そして美女の永野がうまく左右を固め、狙い通りの三角関係を好演。作品自体も楽しめました。作品の良し悪し、特にこういった恋愛コメディーはヒロインの絶対的可愛さが求められますが、彼女の場合、自分はさておき、周囲の人間が幸せになってほしいという、けなげなヒロイン像をごく自然に見事に演じ切っています。おぼ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事