日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

中村寅吉特集

イラスト・渡辺隆司

中村寅吉利き目が右ならオープンスタンスに構える


「パットは目で入れるんだ」 そう言って中村寅吉は「目」には特別うるさかった。 まず大事なのは自分の「利き目」(マスターアイ)を知ること。利き目が右か左か、それによって両足の構え方(スタンスの向き)も違ってくるというのだ。 顔の前で、両目の真ん中に人さし指を垂直に立てて両目で見たら、左右の目を交互につむってみる。 片目をつむったとき、人さし指が両目で見たときと同じ位置に見えるほうが利き目である。 …

イラスト・渡辺隆司

中村寅吉 パットは左手で方向をリードする


パットをするときの両手の役割について、中村寅吉は「左手の甲で方向を決めたら、右手のひらでボールを転がしてやる」と言った。 だからまず、左手甲をパターのフェースに合わせてスクエアにグリップすることだという。左手の親指をシャフトの真上に乗せるわけだが、「人さし指より親指が前に出ないように手前に引きつけてグリップする。そして、親指の腹でパターのシャフトを押さえるようにし、それから小指側の3本でしっかり…

イラスト・渡辺隆司

中村寅吉 ロングパットはフォローで距離感をつかむ


中村寅吉は「短いパットはポンとヒットするだけでもいいけど、長いパットはボールをヒットしようとしないで、フォロースルーで転がしてやるようにしたほうが、距離感をつかめる」と言った。 ボールを打とうとしないで、フォロースルーでボールを転がしてやるのだという。カップを少しオーバーするようなパットをする人は、「よく打ってますね」と言われると思う。しかし、ボールをヒットしてインパクトの強さで距離を打ち分け…

イラスト・渡辺隆司

中村寅吉グリップエンドを支点に振り子ストローク


中村寅吉は34インチのノーマルなパターでも体のセンターよりは、やや左(左内股の前)に構えたグリップエンドの位置を、テークバックでもインパクトの後でもほとんど動かさずにストロークしていた。左の内股の前に構えた左手の位置はあまり横に動かさずに、グリップエンドを体の一点に向けたまま、振り子のように支点をつくってストロークしていた。 パットで一番大事なのは、狙った方向に真っすぐなオーバースピン(順回転…

イラスト・渡辺隆司

中村寅吉上げるアプローチ 短くても体をひねり振り抜く


しかし、20、30ヤードの手で放ってやっても届くような距離でも、体のひねりで振らないといけないんだ」 ウエッジで球を上げるときは、バンカー越えの短い距離でも体をひねって振れと、若いプロに対しても中村寅吉はうるさく言った。 中村のウエッジショットを見ていると、テークバックと同時に手首をコックしているように見える。 しかし、ウエッジで上げる場合は、10ヤード先に落とそうとするときでも、左肩を押し込ん…

イラスト・渡辺隆司

中村寅吉 バンカーでは左向きのスタンスに沿って振る


バンカーショットをするとき、中村寅吉はよくピンを抜かせた。1957年のカナダカップ(霞ケ関CC・東コース)で勝ったとき、10番パー3の深いアリソンバンカーからピンを抜かせて直接カップに放り込んでサム・スニード(米)の度肝を抜いた。 中村のバンカーショットはバックスピンがかかってよく止まるので、だからバンカーからカップを狙うことが出来たといわれている。 取材したとき、そのことについて聞いてみると「…

イラスト・渡辺隆司

中村寅吉SWはゆっくり振ってヘッドの重みを利用する


しかし、バンカーショットの名手・中村寅吉は「ヘッドを強く打ち込むだけでは振り抜けない。砂が飛ばないのでボールは出ていかない」と言った。 サンドウエッジ(SW)はクラブの中で一番重い。ヘッドの重みを利用することが大事なのだから、力を入れずにゆっくり振ることが大事だという。 たらいに水を張って浮かせたピンポン球を、SWで打つ練習をしたことがあると中村は言っている。少しでも力を入れるとヘッドは水の中に…

イラスト・渡辺隆司

中村寅吉バンカーショットの距離はアプローチの2倍


その違いはどこからきているのだろうと思って、中村寅吉に聞いてみたことがある。 「バンカーからうまく出ないという人は打ち方が悪いからだと思っているだろうけど、そうじゃないんだ。フェアウエーからウエッジでアプローチをするときと同じようにバンカーからも小さいスイングで打とうとしているから出ないんだ」 ボールを直接打つアプローチと違って、バンカーショットは砂の抵抗がある。だから距離が同じでもアプローチ…

イラスト・渡辺隆司

中村寅吉バンカーショット ヘッドはギリギリの場所へ


中村寅吉に言わせると、ボールの手前を打とうと、3センチも手前をダフろうとすること自体、間違っているというのだ。 「バンカーショットはダフればよいというのは間違いで、ボールぎりぎりのところにヘッドを入れてやろうと思っても、ボールに当たる前に砂をダフるようにクラブが作られている」と中村は言っている。 バンカーショットのために考案されたサンドウエッジ(SW)は、特殊な構造をしているクラブだ。ソールを…

イラスト・渡辺隆司

中村寅吉ダウンブロー エッジはボールの赤道より下に


ダウンブローというと、ボールと芝の間にヘッドを打ち込んでやろうとしている人が多いが、中村寅吉に言わせると、「そもそもそういう考え方自体が間違っている」と言うのだ。 ボールの下にヘッドを入れてやろうとするとプロでもダフると中村は言っている。 正しいダウンブローはボールの真下から左側(前方)のターフ(芝)が取れる打ち方であるから、それにはヘッドを芝につけずに浮かした状態でボールをヒットしなければな…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事