日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

今井絵理子特集

三原じゅん子は当確(左)、今井絵理子は大誤算

今井絵理子、三原じゅん子…有名人候補たちに早くも明暗


今井絵理子は苦戦 安倍自民党の最大の誤算は全国比例区に擁立した元SPEEDの今井絵理子(32)だ。2月の出馬会見直後に「婚約者」の逮捕歴が発覚。未成年者を風俗店で働かせていたのだ。障害を持つ息子を女手ひとつで育てるシングルマザーの好印象は崩れ、“スピード当選”のもくろみは完全に外れた。 本人は全国の地方選に小まめに足を運び、自民候補を応援。茶髪を黒く染め直すなどイメチェンを図るが――。 「4…

増田氏(左)と鳥越氏(右)

増田氏は今井絵理子を動員 都知事選“候補者たちの選挙戦”


連休中、現職大臣や党幹部をはじめ、参院選初当選組の元SPEEDの今井絵理子や元ビーチバレー日本代表の朝日健太郎氏まで動員した。 人気投票に批判的だった本人が“人気取り”をやるとは、大矛盾である。 現状、一番の人気者が小池氏なのは間違いないが……。…

左上から時計回りに今井絵理子、高樹沙耶、堀内恒夫、田中康夫

池上彰氏は今井絵理子に呆れ…タレント候補たちの参院選


開票から5分後に“スピード”当確したのが「SPEED」の今井絵理子(32・比例・自民)だ。聴覚障害のある長男(11)とともに壇上に立ち、手話で会話、笑顔をみせた。 ■沖縄基地問題「これから向き合う」 若者には抜群な知名度を誇る今井だが、出はなをくじかれた選挙戦だった。 長男を女手ひとつで育てる“シングルマザー”かと思いきや、出馬表明直後に元同級生の男と「事実婚」状態であることが発覚。しかも、男に…

今井候補は「サインはV」だが…

ファンに声届かず? 今井絵理子氏の選挙演説は人まばら


投開票まで残り1週間となった週末に必死に支援を訴えているのは、参院選自民党比例代表の元SPEEDの今井絵理子(32)。 しかしながら、「今井の強みは自身のファンや18歳から25歳くらいまでの若年層、カラオケ世代といわれていますが、街頭演説でも足を止める人はちらほら。想定した以上に集客には結びついていません」(取材記者)。 4日は愛知、5日は東京と全国を駆け回る今井。“SPEED”が身上なだけに若…

「政治を希望」とヤル気満々

周囲もびっくり…参院選出馬決めた今井絵理子の“身辺事情”


夏の参院選に自民党比例代表として立候補すると表明した今井絵理子(32)。本人は「政治を希望だと思っています」とし、初めてつくったという名刺を公開するなどヤル気だが、出馬の決意はつい最近で、周辺もビックリ仰天だったらしい。 「歌手活動について、『国会に支障がない限り続けたい』と言っていますが、どうでしょうか。今井は昨年、『SPEED』のメンバー、島袋寛子と結成した新ユニット『ERIHIRO』が開店…

事実婚状態の男性が…

シングルマザー? 参院選出馬の今井絵理子に“半同棲”報道


夏の参院選に自民党から比例区で出馬することを表明したSPEEDの今井絵理子(32)に事実婚状態の男性がいた――16日発売の週刊女性とFLASHが、こぞって報じている。 両誌によると、男性は俳優の徳重聡似のイケメンで、今井と同じ沖縄出身の同級生。福祉施設で働いているという。1年半ほど前から家族公認で交際しており、今井が長男、母親と暮らしている都内の一戸建てで半同棲状態なんだとか。 ただ、今井は参院…

菊川怜は? 菊池桃子は? 石田純一は?(左は今井絵理子)

今井絵理子の次は? 噂の芸能人に出馬の意思を聞いてみた


元SPEEDの今井絵理子(32)は9日の会見でこう語った。この夏の参院選に自民党比例代表候補として出馬することを正式発表。今井は長男に聴覚障害があることでも知られる。 突然の出馬にビックリだが、こうなると次に誰が立候補するか分からない。すでに候補者として多くの名が取り沙汰されている。女性で自民党が食指を動かしているといわれるのが菊川怜(37)。東大工学部出身の学歴と美貌を誇る。選挙のために今年3…

茂木敏充自民党政調会長

茂木敏充政調会長 前職“落第”でも執行部に残った勘違い男


最重要任務の参院選は節操ない候補者選びで失態の連続でした」(党関係者) まず比例の目玉に据えた元SPEEDの今井絵理子の交際相手の逮捕歴が発覚。東京選挙区で2人目に担ぎ出す予定だった乙武洋匡クンも「5人不倫」で断念した。急きょ引っ張り出した元ビーチバレー日本代表の朝日健太郎も準備不足であわや落選の危機だった。 「ハッキリ言って選対委員長失格。無役とならなかったのが不思議ですよ」(前出の党関係者)…

None

オバマ大統領は映画の原爆使用を禁止してくれ


参議院議員になった元SPEEDの今井絵理子も、東京都知事選に立候補中の小池百合子も増田寛也も知らないはずだ。7月16日は太平洋戦争末期の1945年、米国ニューメキシコ州で人類が初めて原爆実験をしでかした日だ。「神は世界を創造した」と言っておきながら、人は世界を滅ぼす死神を自ら作ってしまった。 製造計画の主導者で物理学者のオッペンハイマー博士は、その悪夢のような光景を見て「うまくいったな。これで戦…

今井絵理子氏(左)は当選、小林節氏は落選した

地位も名誉もなげうった小林節氏「落選」の理不尽


好例が比例区での小林節氏(国民怒りの声)と今井絵理子氏(自民)の明暗だ。 憲法学者の小林氏はかねて筋金入りの改憲論者だが、近年における自民党のあまりの独善に憤激した男である。 安保法制の強行は立憲主義を無視するものだとの声明を出した学者らが中心となり、ついには地位も名誉も投げ捨てる覚悟で出馬に至った。最も深くこの国を愛し、かつ最高の知性を備えた憂国の士のひとりであるにもかかわらず、落選させられた…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事