日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

藤田紘特集

「笑う免疫学」藤田紘一郎著


(筑摩書房 780円+税)…

車の中で一週間

問題は生き延びてから「首都直下地震」避難所は地獄絵に


避難所によっては、すでにインフルエンザやノロウイルスの感染例が報告されていますが、この先は集団感染の続発が懸念されます」(東京医科歯科大名誉教授の藤田紘一郎氏=感染症学) 家屋の倒壊や土砂崩れから命からがら逃げ延びた人々が、劣悪な避難環境を理由に次々と命を落とすなんて哀れ過ぎる。果たして国や自治体は、この惨事をどこまで認識し、想定していたのか。実に怪しいものである。 熊本から遠く離れた首都圏に暮…

写真はイメージ

梅毒を昔の病気とみくびるなかれ 若い女性に患者急増の理由


東京医科歯科大名誉教授・藤田紘一郎氏(感染症学)に聞いた。 「コンドームをつけずにセックスするからです。若い女性は世間知らずで受け身になりがちだから、コンドームなしでしたがる男性につい押し切られてしまいます。HIV感染が深刻だったころは注意の呼びかけが盛んで、若者もコンドーム装着を心がけましたが、最近はHIVを軽視し、梅毒を“昔の病気だ”とみくびっているため予防が手薄になっているのです」 藤田氏…

ゆすり被害にあったチャーリー・シーン

意外に知らないHIVの知識 感染後の自然妊娠・出産も可能


東京医科歯科大名誉教授・藤田紘一郎氏(感染症学)が言う。 ■きちんと治療を受ければ自然妊娠も可 「HIVは感染してから発病するまで、最長10年ほどの潜伏期間があります。発病すると、免疫力が極端に低下し、通常ではかからないような病気に感染し、死に直結しますが、潜伏期間のうちにきちんと治療を受ければ発病させることなく寿命を全うできます。そうすれば、男性感染者が健康な女性とセックスしても、相手にHIV…

藤田紘一郎さん

藤田紘一郎さん(東京医科歯科大学名誉教授)


None

「ボケる、ボケないは『腸』と『水』で決まる」藤田紘一郎著


(朝日新聞出版 720円+税)…

写真はイメージ

西日本に患者集中…ダニに刺されて死ぬ“奇病”は致死率3割


感染者数は少ないですが、要注意です」(東京医科歯科大名誉教授・藤田紘一郎氏=感染症) 蚊に刺されてから3~7日で発症するデング熱は高熱のほか、頭や目、関節などの痛みが主な症状。最悪の出血熱に進行すると、こちらも死亡リスクがある。 ■高齢者ほど亡くなりやすい では、日本紅斑熱はどうか。 「潜伏期間は6日~2週間で、発熱、下痢、嘔吐が3大症状。SFTSになると、頭痛や筋肉痛、意識障害や失語などの神経…

昨年、代々木公園で蚊を採取する仕掛けを取り付ける都職員

都が対策開始も 今年のデング熱は「リスク高い」と専門家警鐘


「重症化するリスクが高まっているからです」と、感染症に詳しい東京医科歯科大名誉教授の藤田紘一郎氏がこう続ける。 「デングウイルスには、1~4型の4つのタイプがある。最初の感染は軽症で済む場合が多いのですが、別のタイプのウイルスに再感染すると、デング熱とは異なり、出血症状を呈する『デング出血熱』を発症するなど、重症化し、死に至るリスクが高まるのです」 諸説あるが、デング出血熱は適切な治療が遅れると…

写真はイメージ

カンピロバクター? 女子中学生「焼肉バイキング」で死亡の謎


感染症に詳しい東京医科歯科大名誉教授の藤田紘一郎氏がこう言う。 「子供や高齢者、免疫力の落ちた人がカンピロバクターにやられると、重篤化する可能性があります。しかし、死に至るケースはほとんどありません。女子生徒が死亡するまで2週間ほどかかったことを考えると、潜伏期間が長く、死に至ることもあるO―157に感染していた可能性もなくはない」 岩見沢保健所によると「当日、女子生徒の体調に問題はなかった」と…

殺虫剤を散布しても蚊はいなくならない/(C)日刊ゲンダイ

デング熱感染拡大 「発症する人」「発症しない人」の違いは?


つまり、症状の有無を左右するのは免疫力で日頃から高いレベルをキープしておくことです」(東京医科歯科大名誉教授・藤田紘一郎氏=感染症学) ポイントは、食事と睡眠だという。 「外敵から身を守る免疫はいくつか担当が分かれていますが、大きな部分は腸内細菌が担っています。腸内細菌の数が多くて、活発なら、免疫が強い証拠。免疫の強さを示すもの? ウンチの大きさです。ウンチは7割が水分で、残りが食べかすの食物繊…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事