日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

呉昇特集

見た目はイカツイが…

呉昇桓の“代役”に虎狙うマテオ メジャー精通者が見た実力


阪神が不法賭博問題で残留交渉を打ち切った抑えの呉昇桓(33)の代役として一本化したといわれる、パドレスのマルコス・マテオ(31)についてだ。 マテオは今季、主に中継ぎとして26試合に登板し、1勝1敗1ホールド、防御率4.00。メジャー通算では2勝4敗1ホールド、防御率4.65の成績だ。185センチ、100キロの巨体から繰り出される最速156キロの速球とスライダーを武器とし、10年のカブス時代は…

西岡離脱で拍車?/(C)日刊ゲンダイ

「サムスンよりいい」 阪神・呉昇桓が漏らしたワケ


韓国選手のパチンコ好きは有名だが、阪神の新守護神・呉昇桓(オスンフアン)(31=韓国サムスン)も例外ではない。 今年の沖縄キャンプでは、練習が終わると宿舎からタクシーに乗って、ファストフード店でササッと食事を済ませパチンコ店へ直行という日が珍しくなかった。 古巣のサムスンも阪神と同じ恩納村でキャンプをやっているから、呉昇桓は周辺のパチンコ店に詳しい。 「韓国は決められた時間に選手は全員揃って食事…

「石仏」の異名も/(C)日刊ゲンダイ

新守護神・呉昇桓の足を引っ張りそうな阪神内野陣


阪神の呉昇桓(オスンファン)(31)が21日のオリックスとのオープン戦に登板。九回を3人でピシャリ。 「直球で空振りが取れているので、バランスがいいと捉えている」といった。 ここまでオープン戦6試合で6回を投げ、被安打5、四球3、三振10、自責点1(防御率1.50)。他球団スコアラーがネット裏でビデオを回す中、持ち球を隠すなど、開幕モードになってきた。 呉は韓国時代の通算9年444試合、277セ…

None

「阪神の呉昇桓は林昌勇より下」…韓国球界関係者が語る根拠


呉昇桓は林昌勇より活躍できる? いや、林には及ばないと思う」 阪神の新助っ人・呉昇桓(31)について、某韓国球界関係者がこんなことを言っている。 呉は現在、米グアムで韓国人助っ人の先輩に当たる前ヤクルトで現カブスの林昌勇(37)と合同自主トレを行っている。呉は内容は明かさなかったが、同じ抑え投手として、日本通算128セーブを挙げた林から成功の秘訣や、宿敵である巨人の対策を熱心に聞き出していると…

None

呉昇桓に至れり尽くせり…巨人が笑う“阪神の土下座外交”


大阪は何度か行ったことがあるが、飲食店に韓国語のメニューも多く、生活に不便はなさそうだ」 4日午後、ソウル市内のホテルで阪神の契約書にサインした呉昇桓(オスンファン)(31)は意気込みを語った。 阪神は日本では未知数の投手と2年総額9億円で契約(サムスンへの移籍金5000万円含む)。背番号は藤川球児(現カブス)のつけていた「22」を与える「歓待」ぶりだ。 阪神は呉を取るため先発で計算できるスタン…

抜群の安定感だったが…

虎の元守護神に陰り…カージナルス呉昇桓8戦目で初失点


今季、カージナルスに入団した韓国人右腕の呉昇桓(33)は20日(日本時間21日)のカブス戦に登板。3点リードの八回からマウンドに上がり、先頭ファウラーに不運な二塁への内野安打を許すと、続くヘイワードに四球。1死後、4番リゾに甘く入った変化球を右前に運ばれてメジャー初失点。なおも一、三塁のピンチで後続の内野ゴロの間に1点を追加された。開幕からの連続無失点は7試合でストップした。 この試合の前まで…

入団発表でユニホームに袖を通す呉

違法賭博の元守護神・呉昇桓が“安堵”のカージナルス入り


カージナルスは11日(日本時間12日)、韓国人右腕の呉昇桓の入団を発表した。1年契約で17年は球団が選択権を持つオプション。米メディアによれば年俸は500万ドル(約5億9000万円)だという。 「背番号26」のユニホームに身を包んで本拠地「ブッシュ・スタジアム」で会見した呉は「ようやく夢がかなった」と喜びを口にした。 カージナルスには2年連続40セーブ以上をマークしている右腕ローゼンタルがいる…

バーネットはレンジャーズと2年契約で合意

呉昇桓失う阪神 バーネットのメジャー行きに大ショック!


そして、違法賭博容疑などで呉昇桓(33)の退団が濃厚となった阪神もバーネットを狙っていただけにショックは大きいはずだ。阪神OBが言う。 「阪神はシーズン中からバーネットを調査していたと聞いた。球団は呉との交渉を打ち切ることを決めた。バーネットはメジャーがダメならヤクルトに戻ると言ってたそうだが、阪神には呉に使うはずだった多額の資金がある。今季優勝のヤクルトは主力の年俸をバンバン上げなくてはならな…

呉昇桓は阪神復帰が消滅する可能性が高まった

呉昇桓だけじゃない 阪神に巣食う「助っ人不良化」の法則


前阪神の呉昇桓が窮地に追い込まれた。 9日、不法賭博容疑でソウル中央地検の取り調べを受け、疑惑の一部を認めたと韓国マスコミが報じた。阪神復帰が消滅する可能性が高まった。 それにしても、阪神でプレーした助っ人は“問題児”が多い。今季限りで退団したマートンは暴言を吐くなど素行が問題視され、ゴメスもパスポートを紛失したとして、今年のキャンプは合流が遅れた。 阪神は以前と比べて、助っ人の調査不足で失敗に…

もしクロと判断されれば…

不法賭博疑惑の呉昇桓 阪神残留どころか米移籍も絶望的


7日、阪神を自由契約になった韓国人助っ人・呉昇桓(33)について、海外違法賭博容疑でソウル地検から事情聴取されると、複数の韓国マスコミが報じた。 韓国サムスン時代の同僚で元ヤクルトの林昌勇(39)がすでに、同様の容疑で韓国検察に在宅起訴される方向だという。呉も疑惑が「クロ」となれば同じ処分が下る可能性がある。韓国野球に精通するスポーツライターの室井昌也氏が言う。 「今回の事件は大きな処罰にはなら…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事