日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

中西充特集

迷走続く豊洲新市場

小池劇場もう幕…豊洲盛り土“犯人”特定せずのドッチラケ


処分されるのは、市場長経験者の中西充副知事や、管理部長を務めていた五輪・パラリンピック塩見清仁準備局長など現職4人とOB4人。マスコミが事前に予想していた通りの顔触れだった。 さすがに、犯人も特定できないサプライズゼロの決着に、「ドッチラケだ」「都知事就任3カ月で神通力が消えた」の声が上がっている。 「どんなに調査をしても、誰が盛り土なしの“発案者”なのか、“決定者”なのか、犯人を突き止められ…

小池知事はどんな処分を下すのか

豊洲盛り土問題の“犯人8人” 小池都知事が名指しで公表へ


当時の市場長は中西充・現副知事、岡田至・東京都歴史文化財団副理事長。部長級では市場部門ナンバー2の管理部長だった塩見清仁・オリンピック準備局長ら。 名指しされた責任者の多くは、問題発覚後の都議会の審議でも知らぬ存ぜぬを押し通し、自らの責任を認めようとしなかった。 都は今回の報告書を基に退職した職員も含めて処分する方針だが、厳罰に処するのが当然だ。…

バトル激化へ

石原氏を「生け贄」に 小池都知事が画策する支持率回復策


「11~12年に中央卸売市場長に就き、今年6月に副知事になったばかりの中西充氏は『盛り土疑惑』のキーマンのひとりですが、温厚な人柄で知られ、都庁内で評判もいい。もし、中西氏を更迭したら、約17万人の都職員全員を敵に回しかねない。職員が面従腹背し、重要な情報が知事に上がってこなくなるかもしれない」(都庁関係者) かといって今さら、都議会に責任を押し付けるわけにもいかない。盛り土なしの基本設計が完…

“盛り土問題”集中審議での岸本良一市場長(左)と沢章次長

「盛り土」審議も調査拒否 都庁役人の呆れ果てた隠蔽体質


さらに「盛り土なし」が確定した実施設計の起工書の〈決定権者〉欄に、当時の市場長・中西充氏(現副知事)の押印がされていることを追及され、「『盛り土なし』を最終決定したのは中西氏では」と問われると、担当者は表情ひとつ変えずに「おっしゃる通り」と静かに答えた。 答弁に立つ都庁役人は皆、能面をかぶったよう。「しっかり調査してます」と言わんばかりの態度だったが、ちょっと待て。都の内部調査では、担当幹部の「…

調査の“手綱”は都議会に

豊洲“盛り土”真相解明で問われる都議の存在意義と本気度


会見後には、2011年7月から1年間、市場長を務めた中西充副知事や現職の岸本良一市場長の他、3人の市場担当者が「記者説明会」を開いたが、結局“真犯人”は分からずじまい。 内部調査が終わった以上、“主戦場”は都議会に移る。小池の就任直後、都議会自民党に挨拶回りを行った際、川井重勇議長は「知事と議会は両輪です。一輪車にならないように」と言っていた。豊洲問題は10月6日の港湾・経済委員会で集中審議が…

豊洲新市場

正論を排除する日本社会の未来が明るいはずはない


11年11月に土壌汚染対策工事に着工した際の市場長、中西充氏は今や副知事となり、技術会議で「地下空間の活用案」が提案された際の市場長、比留間英人氏は年間約1800万円の役員報酬を得る東京メトロ副会長に就任している。本紙は「伏魔殿ではクロをシロにできる奴ほど出世する」と書いたが、なるほど、今の日本社会を見ると、こうした現象は東京都の幹部職員だけでない。 今の日本社会は、官僚組織も政治家も、メディ…

小池都知事は賠償金を請求すべきだ

盛り土なし問題 石原元知事と歴代都幹部に損害賠償請求を


他にも、一連の経緯を知るとされている都の幹部は、契約書を交わした当時の宮良真・新市場整備部長や、岡田氏の次に市場長に就いた中西充・副知事などワンサカいる。そろって都議会に参考人招致し、片っ端からギュウギュウ締め上げるべきだ。 盛り土問題が発覚し、豊洲移転の延期は先が見えなくなってきた。瑕疵は明らかに都側にあるのだから、業者への補償は必至で、その金額はどこまで膨らむか分からない。さらに、追加の土…

もちろん“A級戦犯”はこの人

優雅に出世や天下り…都庁「盛り土無視」全責任者リスト


11年11月に土壌汚染対策工事に着工した際の市場長、中西充氏は今や副知事に大出世である。 1300万人を超える都民をあざむきながら、責任者たちは、まんまと出世に天下りとは、フザけている。 「豊洲の工事スケジュールには、もともと無理がありました。『この計画はとても実現できない』とマトモなことを言う人は干されてしまうのです。都庁では、できもしないことを『できる』と言い、決められもしないことを“決め…

バックに自民党がついている

百条委の設置妨げ助け舟…都議会自民党は舛添知事の味方


果たして答弁に立った都の中西充・総務局長は「百条委員会の実施目的は議会が決めること」と前置きしながらも、こう言ってのけた。 「地方自治法の第100条に照らし合わせてみても、(百条委員会は)地方公共団体の事務に直接関わることが対象。参院議員時代の問題はなじみにくい」 この見解には、舛添知事もホッと胸をなで下ろしたことだろう。百条委は関係者に記録提出や証言を要求できる強力な権限を持つ。国会の証人喚…

ただ座っているだけ…/(C)日刊ゲンダイ

各会派が集中攻撃…東京都議会の「猪瀬孤立」作戦


5日の議会では、5000万円を受け取った当時の猪瀬の肩書が「副知事」だったことから、職員と同じように内規の対象になるのではないかとの質問があり、中西充総務局長が「副知事も適用対象」と答弁した。猪瀬は「深く反省している。痛恨の極み」なんてごまかしていたが、これじゃあ職員に示しがつかない。 議会の追及は、来週9日からの総務委員会で激しさを増す。自公は猪瀬を辞任に追い込むつもりだから、委員会でボロを出…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事