日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小川宏特集

1965年(昭和40年)スタートした「小川宏ショー」

露木茂さん 上司からのプレッシャーに開き直った結果


これに刺激を受けたフジテレビは翌65年春、木島と同じNHKアナの小川宏をスカウトし、ワイドショーを新設した――。 ◇ ◇ ◇ 小川宏さんはNHKで「ジェスチャー」というヒット番組を担当していた全国区の知名度があったアナウンサー。その彼をスカウトして、木島さんのワイドショーより、もっと軟らかい中身で、家庭的な話題で違いを出そうというのが、ウチの狙いでした。 社内で「じゃあ、アシスタントはどうする?…

「サラリーマンというのは、何が幸運で、何が不幸なのかわからない」と語る

露木茂さん 番組降板の日、あの歴史的大事件が起きた


ボクがアシスタントになった「小川宏ショー」は次第に視聴率が伸び始め、午後の「3時のあなた」、夜の「スター千一夜」と並んで、フジテレビの生放送の看板番組に育っていきました。 こう言うと、ボクのサラリーマン人生は順風満帆に思えるかもしれませんが、昭和45(1970)年に節目が来まして。この年、ボクは選挙で労組の執行委員に選ばれたんです。これが経営者の逆鱗に触れまして。 「フジの看板番組に出演している…

露木茂さん

露木茂さん日航機墜落事故後に現場ひと筋と腹くくった


1982(昭和57)年3月、ボクは青春時代をともに歩み、17年間お世話になった「小川宏ショー」を卒業します。翌日から、頼近美津子さんと“昼のニュース”の担当になって、そこから数年は何となく“自分の番組”が続いた時代でした。 当時、40代半ばに差しかかり、ボクの役職はアナウンス部副部長。そろそろアナウンス部長が交代するころ……。いま思い返すと、そんな時期だったと思います。ラインの管理職になり現場か…

相川圭子さん

“ヨガの母”相川圭子さん ヒマラヤで不眠不食で修業した30代


80年代に日本でヨガを広めた第一人者でもある、相川さんの秘蔵写真は、テレビ出演した際に司会の小川宏さんや寺田理恵子さんと撮影した一コマだ。 「これはヨガの講師をしていた20代後半から30代の頃。当時は室内で体操をするなんてない時代でしたから、公民館の畳の上でヨガをしていました。最初は、近所の電柱に張り紙をして生徒さんを集めていましたが、そのうちどんどん増えまして。一時はカルチャーセンターなど7…

多彩な芸風で知られる

鬼平犯科帳で"賄い方"演じた沼田爆さん 「普段は食に無頓着」


「フジの『小川宏ショー』でした。番組終了前の5年ほどですから、70年代後半から80年代にかけてです。口ひげをたくわえ、事件や事故などの社会ネタを追っかけていました」 リポーターの後は俳優活動を再開し、鬼平はじめ数多くのドラマに出演。最近も「終の棲家」(NHK-BS)などで活躍している。 「仕事は、声がかかればこれからもどんどんやるつもり。ただ、安倍首相と同じ“潰瘍性大腸炎”という難病を抱えてい…

誠実で温厚な人柄が愛された/(C)日刊ゲンダイ

フジ看板アナだった松倉悦郎さん お寺の住職になっていた


「3時のあなた」「小川宏ショー」などの司会を経て、スポーツアナウンサーになった。 「長嶋茂雄監督、星野仙一監督、江夏豊さん、バレーボールでは大松博文監督、小島孝治監督、陸上長距離の中村清監督……。各ジャンルのトップの方々に知遇を得たことが今の私の財産になってますね」 野球に関しては思い入れが強く、この10月末に早大出版から出る「野球の定石」(山内政治著)については出版社探しから走り回った。 「0…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事