日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

松田翔太特集

映画「ディアスポリス」完成披露上映会

映画「ディアスポリス」完成披露 主演の松田翔太は感無量


熊切監督以下、主演の松田翔太(30)、浜野謙太(35)、康芳夫氏(79)らが出席した。 原作マンガの大ファンで今年4~6月に放送されたドラマ版でも主演を務めた松田は「こういう作品を作れて心からうれしく思っています」と感無量の様子。今作で裏都知事コテツを演じて本格的な俳優デビューを飾った伝説のプロデューサー、康氏は撮影を振り返り「非常にいい経験をさせてもらった。今後は“怪優”“迷優”としてやってい…

アートのような筋肉に黄色い歓声

秋元梢も? 世界中の女をウットリさせる松田翔太の“美裸体”


俳優の松田翔太(29)が27日、九重親方(59=元横綱千代の富士)の二女でモデルの秋元梢(27)と熱愛中であることが一部メディアで報じられた。昨年11月から交際をスタートさせ、都内でデートを重ねているという。 その後、双方の所属事務所は「友人で、熱愛ではありません」と否定したが、松田とえいば、これまでも女優の沢尻エリカ(29)や忽那汐里(22)、モデルの黒田エイミ(26)ら美女と浮き名を流してき…

None

“伝説のP”康芳夫氏が連ドラ出演「俳優人生に余生賭ける」


4月からTBS系で放送される松田翔太主演のドラマ「ディアスポリス─異邦警察―」で、康氏は東京の密入国外国人による秘密の自治組織・裏都庁の知事「コテツ」役を演じる。 康氏はこれまで役所広司主演の映画「渇き。」(中島哲也監督、14年)に小松菜奈の愛人役の広域暴力団組長役で出演したことはあるが連ドラは初である。 「撮影はもう終了しました。いやあ、楽しかったね。僕が裏社会を仕切るボスで、松田翔太さんが…

左から菜々緒、前野朋哉、松田翔太、濱田岳

「au」新CMで一寸法師 前野朋哉は監督経験もある個性派


同シリーズは松田翔太(30)、桐谷健太(36)、菅田将暉(23)といった人気イケメン俳優が出演しているため、予想の段階から期待が高まっていたが、意気揚々と登場した前野を見て、松田からも「誰?」の声が。 金太郎を演じる濱田岳(27)も「誠に勝手ながら美男子というか、ジャスティン・ビーバーあたりがくるかなと思っていたんで」とイジっていたが、CM内でもその無名さが存分に生かされ、ドSキャラの「乙姫」…

全世代が知る物語をベースにしているのも人気の理由

CM好感度1位 「au」三太郎シリーズなぜ受けるのか?


まさか、桃ちゃん(松田翔太)の妻になることができるとは思わなかったのでビックリしました」と語った。 英雄シリーズは定着するにつれ、新しいキャラクターの姿が映るたびに「あのキャラは誰がやるのか?」と視聴者の関心事に。昨年10月末ごろからは「隠れキャラ」として一寸法師が出演していることも話題となった。桐谷も「ちょっと話題にも上がった一寸法師はどうなっていくのか楽しみ」と気になっているようだ。 このシ…

auのCMの金太郎役でお馴染み

CM男性トップの濱田岳 意外だったモデル妻との“関係性”


松田翔太(29)や桐谷健太(35)ら人気俳優を抑え、男性タレントのトップに躍り出た。 ドラマや映画では小柄な体形を生かした個性的な役柄が多く、KDDI(au)のCMで演じるコミカルな金太郎役は視聴者に好評。公開中の映画「HERO」では、キムタクと同じ城西支部に勤務する鼻持ちならないエリート検事を演じている。 「3年B組金八先生」(TBS系)で広く知られるようになった濱田だが、実は10歳で子役デビ…

“体形の変化”を公開した金子賢

金子賢も中村アンも…肌さらし肉体自慢する芸能人が急増中


最近では、トレーニング姿や腹筋ヘソ出し写真をインスタグラムに投稿したモデルでタレントのローラ(25)、細マッチョ美裸体をアップしている俳優の松田翔太(29)、元AKB48の秋元才加(26)やタレントのソニン(32)など、鍛え上げた肉体をSNSに投稿してネットニュースで注目を浴びる芸能人が多い。 モデルの中村アン(27)は、週に2度通っているというトレーニング姿をインスタグラムに公開。その"美ボ…

左から桐谷健太、松田翔太、浜田岳/(C)日刊ゲンダイ

超豪華男優陣揃ったauのCM 注目の「かぐや姫」は誰?


19日、都内で「au発表会2015 Spring」が行われ、同社のCMに出演している松田翔太(29=桃太郎)、桐谷健太(34=浦島太郎)、浜田岳(26=金太郎)が出席した。 撮影は“自由”というコンセプト通り自由演技だったそうで、後半はほとんどアドリブ。CMは桃太郎がかぐや姫と付き合っているという設定で、まだCMには登場していないため、松田は「(かぐや姫に)出てきてほしいですね」とコメント。 か…

共演で衝突が多いパターン/(C)日刊ゲンダイ

ライバル心むき出し テレビ界に出回る「共演NGリスト」


戸田は松田翔太とも折り合いが悪く、「ライアーゲーム」で共演して不仲説が流れた。 大河ドラマ絡みでは宮崎あおいと堀北真希は「篤姫」、松田聖子と檀れいは「平清盛」。 ■NGが多いキムタク また、米倉涼子と篠原涼子は2度も同じクールで主演ドラマがあり、“涼子対決”といわれ、ライバル心を剥き出しにした。ちなみにドラマは「ナサケの女」と「黄金の豚」、「35歳の高校生」と「ラスト・シンデレラ」。 木村拓哉と…

交流仲間も本格派/(C)日刊ゲンダイ

剛力&武井は低視聴率で…“最後の砦”忽那汐里は大丈夫?


元カレは松田翔太で、若手俳優の染谷将太とカメラ仲間……交流のある相手も本格派が多い」(芸能関係者) これで海外仕込みの「毒舌トーク」を磨けば無敵?…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事