日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

北島寿特集

監督は「世界で戦える選手」と一色(左)を高評価(2月の東京マラソン)

東京五輪“金の卵”に陸連の強化指導もフォローもなし


16位・佐々木悟(2時間13分57秒)、36位・石川末広(2時間17分8秒)、94位・北島寿典(2時間25分11秒)。惨敗に終わったリオ五輪男子マラソンについて、青山学院大の原晋監督は「驚くべき結果ではありません」と振り返った。リオに向けて結成されたナショナルチームと選手が所属する実業団との足並みが揃わず、一貫した強化ができなかった日本マラソン界の惨敗は、戦う前に分かっていたことなのだ。その足並…

佐々木悟も力走虚しく16位

男子も惨敗…日本マラソンは世界とのレベル差また広がる


石川末広(36)が2時間17分08秒で36位、北島寿典(31)は2時間25分11秒の94位と惨敗。優勝はE・キプチョゲ(ケニア)で2時間8分44秒。2位はF・リレサ(エチオピア)で2時間9分54秒、3位は、1万メートルで5位入賞のG・ラップ(米国)で2時間10分05秒だった。 女子に続き、男子もまったく見せ場がなかった。左足の状態が万全ではない北島は5キロ前に終戦。「入賞する」と語っていた石川も…

None

男子マラソン3選手が意気込み語る「後悔のないように…」


左足が万全ではない31歳の北島寿典は「正直、やれるところまでついていくしかない。後悔のないようにしたい」と、こちらは早くも弱気だ。 14日に走った女子は3人とも惨敗。その女子より期待できないといわれている男子マラソン勢。女子と同じように、レース当日は気温が上がって無風なら、粘り強い日本人には有利な条件なのだが、それも力があっての話。 「金メダルを取る」と大きなこと言ってた福士は中間点付近で先頭…

リオ五輪マラソン代表に決まり、会見する佐々木(左)と伊藤両選手

東京五輪マラソンでメダル狙うなら大学生育成急ぐべき


女子は伊藤舞(31)、福士加代子(33)、田中智美(28)、男子は佐々木悟(30)、北島寿典(31)、石川末広(36)を満場一致で選出した。 世界のマラソン界は、スピードのあるアフリカ勢が席巻しているが、気温30度を超える厳しい条件で行われたロシアでの13年世界選手権で福士が銅メダルを獲得したように、女子には上位入賞の可能性もある。 一方の男子は世界との差は開く一方だ。ロンドン五輪では中本健太郎…

惜しくも銀メダルの卓球女子

世界銀の卓球と明暗 “内弁慶”招いた男子マラソンの体たらく


東京はサブテン(2時間10分以内)皆無で、びわ湖のベストは2位北島寿典(31)の2時間9分16秒。男女とも代表枠は3つだが、男子は誰が日の丸をつけてもリオで上位争いは厳しい。 記録を見ると、国内男子の2時間6分台は、2000年福岡国際で藤田敦史が出した2時間6分51秒が最後。国際レースでは、高岡寿成(現カネボウ化粧品監督)が、02年シカゴで2時間6分16秒を記録。これが今も日本記録になっている。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事