日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

福山ロス特集

文系男女をトリコに

「逃げ恥」不器用男子 星野源が醸す“非イケメン”の安心感


福山ロス”の傷を癒やすに十分な存在です」(前出の桧山氏)。 イケメンじゃないから信用がおけるという星野。時代はどんどん変わっている。…

左上から時計回りに加山雄三、大沢樹生、三船美佳&高橋ジョージ

15年テレビの“びっくり” コラムニスト桧山珠美が振り返る


福山ロス」なんて言葉も生まれた。 まあ、いろいろあった中で、「2015 びっくりぽん!大賞」に輝いたのは、「腕毛を剃った加山雄三」でした。9月に終了した「ゆうゆう散歩」内でツルツルスベスベになった腕を披露。あの若大将までもが女子化! 今年一番のびっくりぽん! だった。…

“ゲゲゲ”をきっかけに本格ブレーク

松下&向井だけじゃない…あの吹石一恵も“ゲゲゲ”が転機に


つい先日、全国の女性を「福山ロス」に陥れた吹石一恵(33)も“ゲゲゲ女優”と言っていい。こちらは映画版「ゲゲゲの女房」で主人公・布枝さんを演じていた。 「吹石が福山雅治(46)と知り合ったのは映画版『ゲゲゲ』が公開された10年といわれている。映画で演じたけなげな女房役が福山のハートをつかんだ可能性が大です」(芸能記者) 日本の漫画界ばかりか、水木さんは日本の芸能界にも大きな影響を与えていたとい…

あなたはいくつわかった?

さて、いくつ知ってる? 2015年・秋版「流行語敏感テスト」


」「福山ロス(ましゃロス)」「マイナンバー」はよく耳にするが、あなたはどこまで知っているだろうか。 そこで、今年ブレークしたキーワードを日刊ゲンダイが独断でピックアップしてみた。 【1】フレネミー 【2】刀剣女子 【3】佐野る 【4】びっくりぽん 【5】富豪キラー 【6】羽田圭介 【7】カズニョロポーズ 【8】じわる 【9】フロリダ 【10】TNJ女子 【1】フレネミー まずは今年の流行語ノミネ…

「本当に結婚したの?」の声も

いまだツーショットなし 福山雅治&吹石一恵「謎の新婚生活」


結婚ショックによる“福山ロス”や、人気落ちを気にし、反発を買っていることもわかっているから、ツーショットもNGにしているのだと思う」 結婚しても仲良く表も歩けない。人気者はつらい。…

本音は「興味なし」?

「福山結婚」に世間は無関心?


福山雅治(46)が吹石一恵(33)と入籍したことを受け、メディアは「福山ロス」「所属のアミューズの株価が暴落した」と大騒ぎだった。 では、一般の人は福山の結婚をどう思っているのか? 「不満買取センター」が聞くと、「結婚したことがショック」(16%)、「結婚相手が不満」(8%)といった結婚に対するガッカリはむしろ少数派。圧倒的に多かったのは、「結婚報道が多すぎる」の31%だった。 確かにテレビは朝…

吹石一恵と結婚までの凸凹道

あの疑惑も払拭し…福山雅治「結婚」までに噂された美女たち


このニュースに、熱心なファンは「もう仕事できない」と“福山ロス”状態。名前が同じというだけで無関係の福山通運の株価まで上昇する事態に発展し、人気の高いアジア圏では現地のトップニュースとして伝えられている。 福山といえば独身タレント「最後の砦」といわれ、四十路を過ぎても独身を貫くあまり「ゲイ疑惑」まで浮上。かつては同じマンションに住んでいたお笑い芸人とのホモ疑惑まで囁かれるほどだった。 見た目通…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事