日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

藤沢和特集

10年は藤沢和レッドと角居トライアンフ(左)のワン・ツー

【東京新聞杯】藤沢和師、角居師が伏兵を送り込む

東の藤沢和師、西の角居師といえば、東西のトップブランド。実は、この両者とも東京新聞杯が〝大好き〟である。 まずは藤沢和師。 88年開業以来、送り込んだ馬は何と27頭! 96年から07年にかけては12年連続で管理馬を出走させた。 この間には03年ボールドブライアン(3人)、04年ウインラディウス(7人)と連覇を達成。さらに、10年にもレッドスパーダ(2人)がV。これま…

None

【日曜函館11R・函館スプリントS】出走全馬の厩舎情報

⑤エポワス 藤沢和調教師 ひとたたきして良くなってきたね。もう8歳だけど元気いっぱいだよ。北海道の洋芝は独特で、函館、札幌でしか走らないタイプがいる。この馬がまさにそう。だからこの夏は、こちらで頑張ってもらおうと思ってるよ。 ⑥セイコーライコウ 竹内調教師 今年も直前輸送になりますが、毎年このパターンで好走してるので問題ないでしょう。まだ年齢的な衰えはなく元気いっ…

ともに1F11秒8で併入(右がティソーナ)

【函館スプリントS】エポワス、ティソーナ 藤沢和厩舎 伏兵2頭出し

エポワス、ティソーナの藤沢和厩舎2頭は朝一番で一緒に馬場入り。ダート半周で体をほぐしてから芝コース入りした。 ティソーナが4Fで0秒7先行でスタート。追い掛けるエポワスが徐々に差を詰めて直線入り口でインに潜り込み、最後は馬体を併せてのフィニッシュだった。 ティソーナは落ち着き十分で体をしなやかに使った走りで4F51秒9―38秒5、1F11秒8。エポワスは気合を表に出…

ダンスインザムードで04年桜花賞勝ち

【オークス】チェッキーノ距離の壁を乗り越えられるか

かつて〝常勝軍団〟という言葉は藤沢和厩舎のためにあったといっても過言ではない。 95年から98年まで4年連続で50勝をクリアし、03、04年は63、60勝。長く続く西高東低の流れの中でも大レースを勝ちまくっていた。 88年の開業から積み重ねた勝ち鞍は1303にも(JRAのみ)。現役2位の山内師=790勝を大きく引き離し、ぶっ千切りのトップである。 重賞は通算95勝で…

藤沢和調教師

藤沢和厩舎 怒涛の尾張攻め

今週のターゲットに狙うのは中京に攻勢をかける藤沢和厩舎だ。 昨年暮れ、さらに年明けの同開催ではトータル〈2414〉、連対率・545と大暴れ。相性のいいコースの開幕週に合わせて良駒を揃えてきた。 もちろん、目玉は土曜メーン、GⅢ中日新聞杯のバウンスシャッセだ。 暮れの愛知杯では直線一気で、フラワーC、中山牝馬Sに続く重賞3勝目。今週は地元で中山牝馬Sで連覇を狙う手もあ…

スピルバーグで秋の天皇賞制覇/(C)日刊ゲンダイ

2年連続100勝超え 北村宏司騎手に聞いた“飛躍の転機”

11年に藤沢和調教師があえて厩舎から旅立たせたのだ。この思いをくみ取り、進化を遂げた北村は、14年には師匠の管理馬スピルバーグで秋の盾を制して恩返し。フリーになった当時の気持ち、天皇賞のレース直後の思いなど、いろいろと聞いた。 ――13年は101勝、14年も11月9日のAR共和国杯をフェイムゲームで制し、100勝目のメモリアルV。2年連続で大台を超えました。 「よか…

強い競馬で2連勝

東京本紙・外山 攻め一直線

【日曜中山9R・ホープフルS】ここも藤沢和厩舎 レイデオロ無傷の3連勝

阪神の2歳GⅠをダブル制覇した藤沢和厩舎。二千メートルのここにも、有力馬レイデオロを送り込んできた。 「初戦も強かったけど、前走もね。ちょっとモノが違いました」 大江原助手の言うように、葉牡丹賞は豪快な直線一気。直線の立ち上がりでは前の馬が邪魔になり、いったんブレーキをかける形になったが、そこから再加速すると、まさに「他馬が止まって見える」ほどの末脚だった。 見た目…

たくましさを増した

東京本紙・外山 攻め一直線

【朝日杯フューチュリティS】サトノアレスまたまた藤沢和厩舎だ

怪物産駒の連勝は止まっても、厩舎の連勝は止まらない! ◎は藤沢和厩舎のサトノアレス。 札幌での2戦はスムーズさを欠いて取りこぼしたが、続く未勝利→ベゴニア賞を2連勝。その中身はともに秀逸だった。 未勝利では直線入り口で外からかぶせられて、いったんブレーキ。致命的なロスかと思わせたが、残り1Fから底力を見せて差し切った。師に言わせれば、「ああなると普通はないんだけど…

None

【日曜阪神11R・阪神ジュベナイルF】出走全馬の特選情報

藤沢和調教師 良血馬らしく入厩当初から“オッ”と思わせるものがあったよね。(フランケルの祖父、父)サドラーズウェルズ、ガリレオと欧州血統も結構やらせてもらったけど、この馬は走りが素軽かったよ。 ――前2戦は。 藤沢和師 ともに牡馬相手に完勝だからね。前走ではタフな東京でも速い上がりに対応していい勝ち方。このメンバーでも十分勝負になると思う。 ――コース、マイル、長…

「体は締まっている」と藤沢和師

【函館記念】有力馬直撃&厩舎情報

藤沢和調教師 6月22日に放牧先から戻し、追い切り本数は2本。そんなにやってないから“どうかな”と思ったんだけどな。なのに、外、外を回っての勝ち方。直線で抜け出して遊んだように、難しいところがあるが、謙一(池添騎手)もうまく乗ってくれた。 ――中間の気配は? 藤沢和師 担当者は「順調です」と言ってたよ。上積みはありそう。体も締まってるし。 ――見通しをお願いします…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事