日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

朴仁特集

None

朴仁妃メジャー7勝目 日本女子プロは韓国人になぜ勝てず?


【全英リコー女子オープン】(英国・ターンベリー・エイルサC=6410ヤード・パー72) 世界ランク1位の朴仁妃(27)が1イーグル、7バーディー、2ボギーの「65」というビッグスコアを叩き出して、5位発進からの逆転でメジャー7勝目を挙げた。朴は今年6月の全米女子プロ選手権でも勝っており、7月の全米女子オープン勝者のチョン・インジ(20)に続いて韓国人プロがメジャー3連勝である。今大会も3位タイま…

日本でも韓国でも人気者

何があった? イ・ボミが突然“チャリティー熱心”の思惑


「ジュニア時代、国家代表の下に位置する常備軍だったイ・ボミは同じ88年生まれの国家代表だった朴仁妃、申ジエに強い劣等感を抱いていた。日本で賞金女王になったとはいえ、朴も申も米ツアーで賞金女王と世界ランク1位になっている。2人に比べれば当然、韓国内の評価は低い。今でも格下という意識はあるはずです。ただ実績では劣るものの、日本での活躍で韓国メディアでも大きく取り上げられるようになった。朴も申もチャ…

2014年に元プロゴルファーと結婚した

世界ランク3位で韓国勢トップ朴仁妃が妊娠でリオ欠場へ


韓国ゴルフ関係者の話によると、「朴仁妃(パク・インビ)は妊娠の発表タイミングを見計らっている」そうだ。 今回の全米女子オープン欠場に続き、各国4選手が出場する国対抗戦(インターナショナルクラウン)にも出ない。 「妊娠しているので、ジカ熱の影響を考えればリオ五輪には絶対に出ない。仁妃の名前をつけたのは祖父で、アジアで行われる大会には必ず応援に行くほど可愛がっている。さらにご主人は仁妃の両親だけでな…

体調が万全ではない朴仁妃

親指ケガ響き朴仁妃予選落ち 韓国リオ五輪代表が大激戦に


【全米女子プロ選手権】 今大会3連覇中の朴仁妃(27)がおかしい。初日は前半アウト2アンダーから、後半に3ボギーと崩れて1オーバー20位タイ。 2日目は1バーディー、7ボギー、1ダブルボギーの79で、通算9オーバーとメタメタで予選落ち。2メートル足らずのショートパットを外すなど、メジャー7勝、世界ランク2位らしからぬお粗末なプレーが目立った。 実は左手親指を負傷、テーピングしてプレーしており体調…

None

リオ五輪出場枠に異議 朴仁妃の“問題発言”が及ぼす重大影響


【全英リコー女子オープン】(ターンベリー・エイルサコース=パー72) 世界ランク首位に立つ朴仁妃(27)の発言が波紋を呼んでいる。 大会前日の29日、朴は会場で、リオ五輪で112年ぶりに正式種目として復活するゴルフの出場枠(韓国4人)について、「世界ランク50位以内に入っている選手は出場できるようにするべきだ」と、異議を唱えた。 発言の背景には、韓国選手の強さがあるとみられている。現在、世界ラン…

韓国人女子プロは日本ツアーで勝ちまくる

実は空前のブーム 韓国女子ゴルフ界の恐るべき“世界戦略”


ただ、イ・ボミ(28)やキム・ハヌル(27)のように、韓国で賞金女王になって日本ツアーに主戦場を移す選手が絶えず、朴仁妃(28)、キム・セヨン(23)、チョン・インジ(22)ら実力プロは米ツアーで戦っている。韓国内の選手が見劣りするのは、韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)にとってもマズいのだ。 「海外のトップレベルの選手が出場し、韓国ツアーのレベルが上がれば韓国人プロの流出防止にもつながります…

マンションでアプローチの練習をするさくら

さくら米ツアー2年目に向けて戦闘モードに突入


米ツアーで朴仁妃とさくらの違いはパー5攻略です。通常パー5ホールは4ホールあります。朴仁妃は4ホール中3ホールでバーディー。ところがさくらはせいぜい1ホールです。 これでは1日で2打差。パー5だけで4日間8打差というのは大きい。ツーオンというのはなかなか難しい。結局3打目のアプローチショットがスコアメークのカギを握るのです。 ですからさくらと、その点についてじっくり話し合いました。そしてさくら…

イ・ボミ

イ・ボミ(28歳・ツアー20勝)


朴仁妃、申ジエらソウル五輪開催年生まれのパルパル世代。朴セリの米ツアーでの活躍に触発されて、プロを目指す。07年韓国でプロ転向、10年には3勝で韓国ツアー賞金女王。ニックネームはスマイルキャンディー。11年から日本ツアーに参戦、初年度は賞金ランク40位でシード権獲得。2年目(12年)は3勝をマークしてランク2位。3年目(13年)2勝ランク7位。14年は3勝ランク3位。そして昨季は7勝を挙げて賞金…

1打及ばずプレーオフに残れなかった笠

賞金女王は韓国人ばかり 日本人プロの実力低下に識者苦言


朴仁妃やイ・ボミのような絶対的に強いプロが日本人にはいない。韓国だけでなく、最近はタイなども若手の育成に力を入れ、すでに女子はメジャータイトルを獲得している。日本女子プロゴルフ協会も、黙っていてもスポンサーがつくからと、それで満足しているようにしか思えません。なぜ日本人プロに『外国人選手のために大会を開催しているのではない』と、叱咤激励しないのか。現状を打開するには、日本人選手のレベルを上げて韓…

韓国で何をやっているのか

本当に実家で静養? イ・ボミが頻繁に“緊急帰国”する理由


米ツアー参戦中の朴仁妃やチョ・ナヨンは韓国で事業を展開していますし、イ・ボミもキム・ハヌルやアン・ソンジュ同様、建国大学院に籍を置き、ゴルフ産業経営を専攻していますからね」(現地記者) 生涯獲得賞金は約7億円と、カネはわんさかある。今から実業家に向けての地ならしをしているのかもしれない。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事