日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

広瀬すず特集

ドラマ「学校のカイダン」広瀬すず “第2の能年”でなく超新星


名門高校に編入したツバメ(広瀬すず)だが、内実は一部の生徒が支配するトンデモ校だった。彼らの策略で生徒会長にされた彼女をサポートするのが謎の青年・雫井彗(神木隆之介)だ。ツバメに学校改革のヒントと、説得力のあるスピーチ(演説)を伝授していく。 まずヒロインの武器が言葉(演説)で、背後にスピーチライターがいるという設定が新機軸だ。毎回、熱い演説によって周囲の気持ちを動かしていく。先週も生徒を抑圧…

能年玲奈、橋本愛を超える逸材/(C)日刊ゲンダイ

中森明夫氏が太鼓判 2015年ブレーク大本命は広瀬すず


「彼女は2015年にブレークする女優の大・大・大本命です!」 アイドル評論家の中森明夫氏がこう太鼓判を押すのは、広瀬すず(16)。10日に始まった新ドラマ「学校のカイダン」(日本テレビ系、土曜21時~)で連ドラ初主演を務める若手女優である。 名前を聞いただけではピンとこない人も多いだろうが、結婚できるトシになったばかりだというのに、結婚情報誌「ゼクシィ」のCMにイメージキャラクターとして抜擢され…

同世代女優を大きく引き離した

広瀬すずが脱清純派 映画「怒り」で見せた覚悟と渾身演技


女優の広瀬すず(18)がスクリーンで渾身の演技を披露。さらに評価を高めている。 17日から公開される映画「怒り」(李相日監督)。「悪人」などで知られる作家・吉田修一の同名小説が原作で、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛など豪華キャストが出演。「怒」という血文字を残して未解決となった殺人事件を巡って、千葉、東京、沖縄を舞台に描かれる群像劇となっており、広瀬は沖縄在住の女子高生・小宮山泉を演じて…

バラエティーには向いていない?

また“おバカ”露呈 広瀬すずはバラエティー番組に不向き?


5日放送のクイズ番組「ネプリーグ」(フジテレビ系)に出演した女優・広瀬すず(18)の“おバカぶり”が話題になっている。 クイズ番組初出演の広瀬が挑んだのは、「ハイパーイングリッシュブレインタワー」というコーナー。制限時間内に日本語の単語を英語で解答するルールだが、正解もあったものの、「朝食」「例えば」「警察」などの英単語を答えられず、パニックに。一緒に出演していた小島瑠璃子(22)から「バカだっ…

今年も忙しくなりそう…

広瀬すず熱演「怪盗 山猫」 好調の裏に亀梨ファンの嫉妬


初回視聴率14.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好調なスタートを切った「怪盗 山猫」で、ヒロインの女子高生天才ハッカーを演じる広瀬すずの演技が視聴者から絶賛されている。 とりわけ視聴者を驚かせたのが、第1話のクライマックスシーンでの鬼気迫る演技。主演の亀梨和也演じる怪盗山猫に過去の罪を責められた時に、突然わめき散らし、髪を振り乱しながら感情を大爆発させたのだ。 これに対して、「すずチャンの…

AKB48の島崎遥香

ぱるる、ジャニーズ、広瀬すず 相次ぐ“裏アカ騒動”の行方


10月には、広瀬すずの裏アカのキャプチャとされる画像が突然ネット上に流布。他のアイドルやタレントに「お相撲さん」「結構なおばさん」「ブサ」と悪態をついたり、「ヤリマン、ビッチ。だからどーしたネット民」とあおる身も蓋もない内容には、ファンもアンチも唖然となった。 これに対し、広瀬はツイッターで「絶対に私ではありません」「気をつけて下さい」と釈明、一応の終息を見たが、バラエティー番組での問題発言で…

ファンは目ざとすぎる!?

広瀬すずの人気の証? 容姿の変化に相次ぐ歓声と悲鳴の嵐


第40回報知映画賞で新人賞を受賞した女優の広瀬すず(17)について、受賞内容そっちのけで新しい髪型がネット上で話題になった。 この日の広瀬は髪を後ろで束ねたポニーテール。受賞後、広瀬がツイッターで「本当にありがとうございます」とメッセージを添えて写真をアップすると、<ポニーテールかわいい><髪の毛結んでるすずちゃん大人っぽい!>という称賛の声が続々と上がった。 広瀬のイメチェンはこれまでもファン…

左上から時計回りに広瀬すず、大政絢、北川景子、剛力彩芽

広瀬すずも被害に “SNSなりすまし”泣かされた芸能人たち


女優の広瀬すず(17)が2日、なりすましツイッターの存在を明かし、「絶対に私ではありません」と公式ツイートで呼び掛けた。1日に広瀬の裏アカウント(有名人が非公式に運用しているアカウント)とされるツイッターの画像がネット上に拡散。ほかの有名人を中傷するツイートが多数含まれていたため、大きな騒動になっていた。 ツイッターやインスタグラムで誰でも簡単に情報発信できる時代。ネット上には有名人になりすまし…

各界からひっぱりだこ!(C)日刊ゲンダイ

CM10本超 広瀬すず「日本一忙しい16歳」の知られざる苦労


大物役者は誰も出演していないため、TBSの『まっしろ』や『流星ワゴン』に比べたら超優等生のコスパぶりです」(日テレ関係者) 今回、このドラマをヒットさせた立役者が連ドラ初主演となるヒロインの広瀬すず(16)である。圧倒的な存在感と演技力を見せている広瀬のもとにはフジやテレ朝、果ては映画界からも出演オファーが殺到しているという。 「6月には映画『海街diary』も公開になりますが、綾瀬はるか、長澤…

演技力は高評価/(C)日刊ゲンダイ

ゼクシィCMに広瀬すず 待望の“美人姉妹”に高まる期待


女優の広瀬すず(15)が20日、純白のウエディング姿で登場。結婚情報誌「ゼクシィ」の7代目CMガールに抜擢された。 適齢期とは言いがたい起用だが、気にしてはいけない。 初代の加賀美セイラ(当時13)、2代目の加藤ローサ(同18)、4代目の倉科カナ(同18)と歴代のゼクシィガールも10代であった。 新CMではプロポーズされる女性を熱演。箭内道彦プロデューサーが「24年間この仕事をやっていますが、す…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事