日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

塩崎恭久特集

土壇場で反旗を翻した塩崎大臣と石破大臣

強行採決に「異論」 石破茂&塩崎恭久2大臣の“計算と思惑”


石破茂地方創生相と、塩崎恭久厚労相の2人が、安保法案の強行採決に「異論」を唱えたことに、自民党内で臆測が飛んでいる。大臣2人が発言したのは、採決前日の14日。 石破大臣は、安保法案について「国民の理解が進んでいるかどうかは、世論調査の通りだ」「あの数字を見て、国民の理解が進んだと言い切る自信はない」と言い放った。塩崎大臣も「理解が進んでいない」と記者会見で発言している。 安倍独裁が強まり、いま…

なぜ逃げる/(C)日刊ゲンダイ

塩崎厚労相にも浮上 小渕氏に酷似した「公選法違反」の疑い


塩崎恭久厚労相(63)である。 公選法199条は選挙区内の有権者に対する有価物の寄付を禁じている。松島みどり法相(58)が辞任に追い込まれた「うちわ」同様、「カレンダー」配布もアウトだ。 塩崎大臣の政治団体「塩崎恭久後援会」の収支報告書を見ると、「カレンダー印刷代」として、10年2月に30万4500円、11年1、12月に計28万7700円を支出。支払先はいずれも地元・松山市の印刷会社だ。11年1…

第1次安倍政権「官邸崩壊」の元凶/(C)日刊ゲンダイ

国民の年金を危険にさらす塩崎恭久“株価維持”担当相


塩崎恭久厚労相(63=愛媛1区、衆院6回・参院1回) 運用規模127兆円を誇る年金基金の積極運用派の急先鋒で、別名は安倍内閣の「株価維持担当大臣」。就任直後から、ベンチャー企業や未公開株への出資、株投資の拡大など、年金運用の積極プランを次々発信して、市場を煽りまくっている。本人も全26銘柄、計5万株以上を保有する政界きっての株長者だ。 武田薬品(3630株)、新日鉄住金(1万9747株)、鹿島…

政権崩壊の“戦犯”が復活/(C)日刊ゲンダイ

“お友達”が返り咲き 首相が塩崎恭久氏を再入閣させたワケ


■政調会長代理の苦労に報いるため 再入閣は、石破茂地方創生相(57・無派閥)と塩崎恭久厚労相(63・岸田派)。片や宿敵、片や安倍の“お友達”だ。それにしても、第1次政権であれほど“お友達内閣”と批判されたのに、よくも塩崎氏を厚労相に就けられたものだ。 「今回も、入閣させれば批判を受ける可能性があり、総理は最後まで迷っていた。ただ、官房長官まで務めた塩崎さんは、政調会長代理として、1年8カ月も黙…

年金運用5兆円損失でも…

塩崎恭久厚労相は切りたくても切れない“GPIF専門大臣”


わざわざ小分けにする意図は…

提出義務逃れか? 塩崎厚労相に1万円超領収書「分割」疑惑


今回は、「漏れた年金」問題で炎上中の塩崎恭久厚労相だ。 塩崎大臣の政治団体「塩崎恭久後援会」が保管していた領収書の束の中には、不自然なものが含まれている。1万円以上の「高額領収書」を“分割”したようにみえる領収書が組織活動費に計上されているのだ。 例えば、愛媛・松山市の飲食店「ローズハウス」と印字されている領収書は、2枚とも同じ筆跡で「御食事代として」とただし書きがあり、それぞれ「¥3150」「…

長男・伸晃氏(左)とも税金で会食

公金で一晩数十万円の散財 超グルメ生活は舛添氏も真っ青


新聞には、都知事がワイン片手に渡辺氏や伸晃氏、塩崎恭久氏らに対し『政治グループ“四騎の会”をつくれよ』と一席ぶった様子が描かれています。都知事の公務というより、父として息子の激励。これには世間から『私的な支出は許されない』と批判の声が上がりました」(都政記者) そんな都民の怒りは裁判に発展。04年5月に葛飾区の市民団体が、都知事が不当な支出をしたとして、慎太郎本人に対し00年6月~03年11月に…

東京電力8000株も保有

今村復興相の“怪しい財テク”…要職に就きながら株式売買


安倍内閣では他にも、時価総額8000万円超の株を持つ塩崎恭久厚労相や麻生太郎財務相ら、株長者がゴロゴロいる。これらは官製相場の上で成り立っていることを、有権者はよ~く覚えておいたほうがいい。…

第3次安倍再改造内閣で予想される顔ぶれ=左表

“茶坊主”と“お友達”だけ優遇 安倍改造内閣の恐怖人事


麻生太郎財務相、岸田文雄外相、菅義偉官房長官という2012年末の第2次政権発足時からのメンメンに加え、高市早苗総務相、塩崎恭久厚労相、加藤勝信1億相、石原伸晃経済再生相まで続投である。「内閣の骨格を維持して、安定した政権運営」などと解説されているが、要は自分の言うことを聞く“お友達”や“茶坊主”を置いておきたいだけ。世界情勢が混迷を深め、経済の先行きも不透明になっているのに、安倍にとっては国民生…

南海放送アナウンサーだった永江孝子

【愛媛】知名度バツグンの元アナウンサー永江が猛追


衆院愛媛1区で塩崎恭久厚労相と接戦を繰り返してきた元民主党衆院議員の永江孝子が参院に転身することを今年4月に決め、3選を目指す自民現職は大慌てなのだ。南海放送アナウンサーだった永江は今も地元愛媛で高い知名度がある。 「県内をくまなく回り、辻立ちを繰り返していますが、ありがたいことに立ち止まって耳を傾けてくれる人がいます。国会で厚生労働行政を担当した実績を生かし、少子高齢化、介護問題といった国民に…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事