日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

松雪泰子特集

None

タクシー運転手暴行で逮捕 松雪泰子の「弟」の素性


女優・松雪泰子(40)の弟が逮捕された。弟は34歳で本名は松雪陽平容疑者。「松雪陽」の名でシンガー・ソングライターとして活動してきた。 逮捕されたのは11日の未明だ。午前3時30分ごろ、渋谷区の路上で乗車していたタクシー運転手の男性(50代)とトラブルになり、停車していた車体の助手席ドアと後部ボンネットを蹴ってへこませた。さらに男性を蹴りつけたため、男性は骨盤骨折の上、右大腿部と顔面に打撲を負…

41歳でこの美貌/(C)日刊ゲンダイ

再婚しない理由は「弟」 シングルマザー松雪泰子の生きる道


女優の松雪泰子(41)とお笑い芸人の山口智充(45)が8日、CMキャラクターを務める花王の新商品発表会に出席した。2人はCM夫婦役を演じ、残業から帰宅した山口に松雪が後ろから抱きつくシーンも。 「あのシーンは何度撮り直しをしてもいいと思った。照れくさい半面、何とも言えないドキドキ感があって楽しめました」と山口。ドラマで共演して以来、松雪とメル友になったという山口は、「意外に“肝っ玉母ちゃん”みた…

撮影現場での紳士的な気遣いも話題

「相棒」蹴った竹野内豊 狙うは主演ドラマのシリーズ化


視聴者からも「竹野内と松雪泰子が演じる元夫婦役の弁護士同士の会話がオトナで面白い」など、従来の弁護士ドラマにラブコメ要素が盛り込まれた設定が受けているようだ。 好評の理由のひとつは脚本。「DOCTORS~最強の名医~」や「HERO」など、高視聴率ドラマを連発する人気脚本家・福田靖が本作を手がけているのだ。 「竹野内は、水谷豊から人気シリーズ『相棒』での共演を熱望され続けています。前クールの『相…

視聴率の底上げに一役買っている

人気ドラマ下支え 杉本哲太は物語に深み出す“隠し味”俳優


竹野内豊(45)&松雪泰子(43)による元夫婦でライバル弁護士が奮闘するテレビ朝日系「グッドパートナー 無敵の弁護士」(木曜21時)では、2人の同僚弁護士を演じている。 春ドラマのラインアップがほぼ出揃う中、両作品ともに各回視聴率12%超をマーク。勢いある作品にいずれも名を連ねているのだ。 上智大の碓井広義教授(メディア論)が言う。 「NHK朝ドラ組のキャスティングが多くみられる春ドラマの中でも…

0930要クレ販売元/アミューズソフトエンタテインメント (C)2009「クヒオ大佐」製作委員会

クヒオ大佐(2009年 吉田大八監督)


弁当屋の社長・しのぶ(松雪泰子)と博物館員の春(満島ひかり)、銀座ホステスの未知子(中村優子)だ。クヒオは肉体関係でしのぶと春からカネを引っ張るが、未知子は彼より一枚上手だったという展開。クヒオのドジぶりが笑える。 注目はしのぶだ。彼女はクヒオを怪しいと疑っている。だけど彼を信じて幸せになりたい。だから従業員の給料まで貢ぎ、パート女性の吊るし上げに遭う。最近、婚活詐欺の被害が増えている。男が婚…

ジャニーズファンを敵に回してしまった…

ミニスカ姿も話題に 瀧本美織の“音楽傾倒”は藤ケ谷の影響か


ドラマ関係者の間でも不思議がられていました」(芸能ライター) 所属事務所が小さければそれも納得いくが、竹内結子、松雪泰子、柴咲コウなど売れっ子を抱える大手だけに周囲はクビをひねるばかりだった。 「本人は芝居よりも音楽活動に熱心のようで、つい先日もガールズバンド『ラグーン』のボーカルとしてミニスカ姿を披露したばかり。そんなことから“音楽活動がネックになっている?”と見るムキもありました。しかし、フ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事