日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ガリレオ特集

三田誠広さんは芥川賞受賞から40年

作家三田誠広さんは夜中にウイスキーを飲み小説の世界に


ガリレオやパスカルを書いてみたい 妻が寝た後、夜中に軽くウイスキーを飲んで、パソコンゲームのソリティアなどでほぐしてから、さあ行くぞ! と小説の世界に飛び込むんです。 書くのは日常や世界と切り離された、秘密の行為のようなものですね。電車やバスでの移動中やひとりになったときにも、ノートとペンを手に、いつでも小説の世界に入り、自分の殻に入ることができる。時間がきたらまたパッと日常社会に戻り真人間…

女性誌でもおなじみの鏡リュウジ氏

鏡リュウジさんに聞く 星占いは本当に当たるのですか?


ガリレオもコペルニクスも占星術家で、星座の配置でやることを決めていた。エリザベス女王は王位に就く日を占星術で決めていましたし、ダイアナ妃もそうでした」 ■ガリレオやコペルニクスも占星術家 ――占星術はそんなに身近なものなのですか? 「実は中国の密教も占星術の影響を受けていて、三蔵法師が天竺(大本はイスラム)から持ち帰ったホロスコープが、さらに遣唐使の時代に日本に渡っている。12星座のホロスコープ…

注目度うなぎ上り/(C)日刊ゲンダイ

ヒット作続く重圧 周囲が気を揉む吉高由里子の“プッツン”


11年の連ドラ「私が恋愛できない理由」(フジテレビ系)、昨年の「ガリレオ」(同)と、最近の出演作はいずれも好視聴率。12年の映画「僕等がいた」は、前後編合わせて興行収入40億円を超えている。 「吉高は甘え上手のおやじキラーなんです。俳優やスタッフにも吉高ファンが大勢いて、だからいい作品のいい配役が回ってくる。もちろん本人の小悪魔的な魅力もありますが、ある程度の成功が見込める作品に恵まれてきたと…

新馬戦は馬なり圧勝

【土曜京都11R・ファンタジーS】怪物の娘も怪物 ミスエルテ断然


凱旋門賞はガリレオ産駒は勝てないジンクスに逆らって予想を組み立てて正解だった。メルボルンCは逆。アルマンダンは斤量もあったが、近年のメルボルンCで好走が目立つモンズーンの血が入っているドイツ血統という点も重視した。 さて、日曜競馬、そしてBCフィリー&メアターフへ向けて資金をしっかりと増やしておきたい土曜。京都メーンは高配当は望めなくても、世界的名馬の血を引くこの馬で確実にゲットしたい。 【京都…

「ましゃロス」は社会現象に…

結婚で失う女性ファンを想定した福山雅治のリスクヘッジ


そして「ガリレオ」の主演で大きくファン層を拡大。さらに、大河ドラマ「龍馬伝」で高年齢層の男性をもファンに加えてみせた。 その成功に前後して福山は曲まで変えていった。恋愛だけでなく、生命をつないでいくとか、母への思い、男性の生きざまといったテーマの楽曲を発表していくのだ。たとえば、「はつ恋」という曲では、40歳になろうという男が初恋の女性に再会し、「友達ではいられない。恋人には戻れない」という心情…

“和牛王”社長と熱愛が発覚した柴咲コウ

大手プロ巡るナゾ 柴咲コウは熱愛と同時に“独立”したのか


大ヒットドラマ「GOOD LUCK!!」「ガリレオ」などで知られる人気女優とあって、ワイドショースタッフが柴咲所属の大手プロ、スターダストプロモーションに問い合わせたところ、「ウチとは業務提携です」と言われたというのだ。 柴咲は16歳で芸能活動を始めたときから、同事務所に所属し、14歳のときに池袋でスカウトされたのも、この事務所だったことで知られている。 「今やスターダストの顔のような存在で、押…

時流をつかむセンスは抜群

小泉元首相の“自分アピール”は全然衰えないのね


以前、首相のとき、答弁で苦し紛れに「ガリレオ」を出してきたのにも度肝を抜かれたけど、全然そういうところは衰えないのね。 まあ、そんなことはどうでもいい。同5日のニュースによると、どこの報道も、都知事選、自民党の分裂選挙だっていってる。自民党東京都連が増田寛也・元総務大臣を推しているからだと。 ほんとうにそうなるかしら? 裏で大臣ポストの約束をしていたりして、結局、自民党はまとまるんじゃないのぉ。…

年相応の路線転換が必要か

このままでは月9最低確実…“福山離れ”はなぜ起こった?


全話平均視聴率21.9%を叩き出した『ガリレオ』のスタッフ陣まで再結集させて、これでもかと番宣を仕掛けて数字を取りにいったわけですから。看板ドラマ枠である月9の存続にもかかわってくるかも」(テレビ関係者) 主演の福山にしても、このまま視聴率が伸びなければ“もはや福山では数字は取れない”とも言われかねない大ピンチだ。実際、吹石一恵との結婚を機に“福山離れ”が起きているのは事実。ビデオリサーチ社が2…

既婚者の福山に“イイ男キャラ”はもう辛い

素人登場番組に大差で 福山雅治「ラヴソング」惨敗の理由


福山の代表作である月9「ガリレオ」シリーズ第1弾(07年)の初回視聴率(24.7%)の半分以下なのもさることながら、同時間帯の横並びでも惨敗。 日本テレビが「月9」潰しの“刺客”に送り込んできたマツコ・デラックス(43)と関ジャニ∞村上信五(34)によるトークバラエティー「月曜から夜ふかし2時間スペシャル」(15.3%)に5ポイント近くの大差をつけられたのだから目も当てられない。 “夜ふかし”は…

黒柳徹子と「独身同盟」結成?

親友はマツコ 「生き甲斐は仕事」天海祐希の独身ライフ


13年に心筋梗塞で舞台を緊急降板し、その約1カ月後のドラマ「ガリレオ」のゲスト出演で復帰。弱ったときこそ支えてくれる男が欲しそうなものだが、天海は「徹子の部屋」で黒柳徹子(81)と「独身同盟をつくろう」と盛り上がり、親友といえばマツコ・デラックス(42)。 今年は連続ドラマも決まっておらず、昨年、出演した舞台「ゲキ×シネ」の公開が決まっているくらいだ。体調面を考慮してか仕事量をセーブしているよ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事