日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

川澄奈穂美特集

20日に会見した高倉監督

【藤江直人特別寄稿】なでしこJ高倉麻子新監督の“正体”


一方で佐々木則夫前監督時代の常連でW杯優勝メンバーのFW大野忍(32)、DF近賀ゆかり(32)、GK福元美穂(32)、MF川澄奈穂美(30)、DF岩清水梓(29)、DF鮫島彩(28)らを招集しなかった理由をこう説明する。 「就任時に『年齢で区切ることはない』と言いましたが、なでしこジャパンは未来へ向かって進んでいるのも確かなので、伸びしろを感じた選手をまずは選びました」 ■「チビは放っておけ!」…

宮間のフィジカルの弱さも際立った

宮間まで衰えはっきり…なでしこ「リオ五輪」へ大ピンチ


後半14分、ピッチ中央から右サイドにパスを送ったが、受け手のFW川澄奈穂美(30)の先を通り抜け、その4分後には左サイドのスペースにパスを出したが、左SB鮫島彩(28)前方のサイドラインを越えていった。 宮間は、ピッチの外でも監督の役目を担っている。試合前のミーティングで佐々木監督が5分ほど話し、それから宮間が相手の特徴を分析し、チームの戦い方をレクチャーする。これまでの宮間は、圧倒的に高いレ…

None

漏れてきた“不協和音” なでしこ「イングランド戦」の不安材料


大儀見は4年前のW杯中に川澄奈穂美(29)にレギュラーの座を奪われた。それで持ち前の反骨心に火が付いた。苦節4年。海外で実績を積み、今回のW杯に照準を合わせて調整してきた。体もシェイプアップして、コンディショニングもバッチリ。心身ともに充実しているはずだった。 なのに結果がついてこない。大儀見は一部メディアに対し、<結果よりプロセスにこだわっている>と語っているが、シュートの場面でパスしたり、…

None

「カギは集中力持続」 初代なでしこ監督がイングランド戦予想


ボランチ2人が攻守に溌剌とプレーしたことで左SB鮫島彩、右SB有吉佐織、左サイドのMF宮間あや、右サイドのMF川澄奈穂美との連係もスムーズになり、攻撃がより多彩になった。 準決勝の相手イングランドには、単独でシュートまで持ち込んだり、相手の攻撃を八面六臂の働きで防ぐような“スーパーな選手”はいない。 しかし、連動性の良さから攻守の切り替えもスピーディーだし、難敵と言って差し支えない。 なでしこ…

None

初代監督が語る強さの“源流” なでしこ「ゴキブリ真っ黒」伝説


MF沢穂希、FW川澄奈穂美、DF鮫島彩ら国内組の一部はプロ契約を結び、500万~800万円の年俸が支給されているが、主力組のDF岩清水梓、MF阪口夢穂は所属クラブで働き、DF有吉佐織はサッカースクールの受付嬢である。 「殊勲のゴールを決めた岩渕は、国内でプレーしていた頃はピッチ内外で甘ったれだったが、ドイツW杯後に一念発起してドイツリーグに移籍。13年には、日本代表FW宇佐美貴史が所属していたホ…

None

サブ組が期待応えた 川澄&菅沢の活躍でなでしこ決勝T進出


カメルーン戦で先制点をアシストしたMF川澄奈穂美(29)、2点目を決めたFW菅沢優衣香(24)らが今後、世界と伍してきた安藤の穴をどこまで埋められるか。 ■「ケガをしろ」と念じて小石を… こんな話を思い出す。絶対的な主力選手が健在なら、準レギュラーが先発起用される可能性は低い。だから控え選手というのは、ベンチで「頑張れ!」と声援している時もレギュラーの故障を願っているもの。 面と向かって控え選…

こんな時代もあった/(C)日刊ゲンダイ

代表落選の澤にメールで…この所業「なでしこジャパン」ならぬ「ひとでなしこジャパン」


主将の宮間あや、川澄奈穂美、大儀見優季らが選ばれたが、あの沢穂希(36)は昨秋アジア大会、その後のカナダ遠征に続いてメンバーから外れた。 「選手個々人のことをこの場で話すのは適当ではない」とコメントを控えたので、よけいに裏側が想像される。佐々木と沢の間で何があったのだろうか? 佐々木は、「沢とはメールで直接やりとりをしている」と言っているらしいが、「体調はどうだ?」程度のあたりさわりないやりと…

当たり負けしないフィジカルが武器/(C)AP

ヨルダン戦ハットのFW菅沢優衣香 「ポスト大儀見」に名乗り


前半5分、左SB臼井理恵(24=浦和)からの縦パスに反応したMF川澄奈穂美(28=神戸)が相手DFの背後に抜け出し、絶妙トラップから先制ゴール。12分に川澄のクロスをFW菅沢優衣香(23=千葉)が、打点の高いヘッドで追加点。 続けて20分にMF宮間あや(29=岡山)のクロスをMF阪口夢穂(26=日テレ)が頭で叩き込んで3点目。ここでヨルダンは戦意喪失である。41分には菅沢が3ゴール目を決めてハ…

初召集の増矢は奮闘/(C)日刊ゲンダイ

初代なでしこ専任監督が見た中国戦 「不安材料がモロに出た」


中国戦に出場したMF宮間あや(29)、阪口夢穂(26)、FW川澄奈穂美(28)は、豊富な国際経験からチームの柱である。この日も存在感はサスガだった。だが、そんな彼女たちに注文をつけたい。 代表ルーキー、若手が伸び伸びとプレーできるように、持てる能力をフルに発揮できるようにフォローして欲しい――。「どうしたら新戦力がレベルアップしてチームの底上げがなるか」。アジア大会では、ここに着目してチェック…

指を絡めて手つなぎ/(C)日刊ゲンダイ

INAC川澄 米国リーグ移籍のカギ握るあの“同性選手”


これでエースFW川澄奈穂美(28)が海外リーグにチャレンジすることになった。「昨季中から海外移籍をクラブ幹部に直訴。4冠達成が移籍容認の条件だった」(サッカー記者)からだ。 行き先として、昨季までスペイン女子リーグ2連覇のバルセロナ入りが報じられている。 川澄自身、男子バルセロナの大ファン。決勝の試合会場でも「川澄ちゃんのバルサ行き、あり得るよね」という声が聞こえてきた。ところが某マスコミ関係…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事