日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

前田健特集

自らの近況も語った楽しんご

楽しんご 前田健さんを追悼「薔薇の花いっぱい送りたい」


24日に新宿の路上で倒れ、26日に虚血性心不全のため亡くなった前田健さん(享年44)。生前に番組でゲイであることをカミングアウトしたのはよく知られているが、かつて事務所の後輩として接し、番組でも共演した楽しんごに、その人柄を語ってもらった。 ◇ ◇ ◇ マエケンさんに初めてお会いしたのは7年前。当時、僕はまだ俳優でお笑いに転向しようと思って、前の事務所に初めてネタ見せに行った時。とても後輩思いで…

44歳で亡くなった前田健さん

前田健さん44歳で急死…専門家は「脳と心臓の疾患」疑う


路上で倒れ緊急搬送されていた、お笑いタレント・前田健さん(44)が26日未明、亡くなった。前田さんは24日午後6時半ごろ、新宿3丁目のイタメシ屋で食事をし、約30分後に店を出た。直後に嘔吐して意識不明の重体に陥った。 店の関係者は、前田さんは店内でトマト海鮮パスタを食べただけでアルコール類は飲まなかったと証言している。前田さんは不整脈の持病があったという。 死因はまだ明らかにされていないが、どん…

新宿の路上で倒れ緊急搬送された

意識不明の前田健 直前に食事の料理店員「顔色悪かった」


お笑いタレントの前田健(44)が24日夜、東京・新宿の路上で倒れ、心肺停止の状態で病院に緊急搬送されていたことが分かった。25日、所属事務所が発表した。 前田は24日の午後7時10分過ぎ、新宿区新宿3丁目の路上で突然嘔吐し、そのまま倒れた。通行人が119番し病院に搬送されたが、現在も意識不明の重体だという。 直前まで食事をしていたイタリア料理店の店員はこう言う。 「お店には週イチくらいで来ていて…

6項目の選考基準クリアで受賞したが…(写真=広島・前田健太)

選考基準不足でも前田健が受賞 「沢村賞」乱発し過ぎでは?


もう一度取りたいと思っていたし、2度目は難しいと聞いていたのでうれしい」 今年の沢村賞に選ばれた広島の前田健太(27)がこう言った。 前田は今季29試合、206回3分の1を投げて15勝(8敗)、防御率2.09、勝率6割5分2厘、175奪三振、5完投。10という完投数以外6項目の選考基準をクリアした。 前田以外に阪神の藤浪晋太郎(21)と日本ハムの大谷翔平(21)も最終候補に残ったが、藤浪と大谷は…

チームメートなのにマエケンには「厄介な相手」

マエケンのメジャー行き阻みそうな広島ジョンソンの快進撃


勝ち星もトップの同僚・前田健や阪神・藤浪(ともに12勝)らに迫り、「投手2冠」を視野に入れている。 こうなると困るのは前田健だ。昨オフ、ポスティング(入札制度)によるメジャー移籍を球団に直訴したものの認められず断念。今季、改めて「チームのリーグ優勝+個人タイトル」を置き土産に、海を渡るつもりでいた。 ジョンソンが快投を続ければ、最も近い最多勝のタイトルを持っていかれるかもしれない。 「仮にリーグ…

練習中は和気あいあい

球場入りから練習後の過ごし方まで…広島黒田「密着24時」


守備練習では打球をお手玉し、エースの前田健や一岡、永川、今井など同じ組の投手に笑われる場面も。牽制の練習ではサインミスを何度も繰り返し、小林投手コーチから「だから、何で間違えるかなあ」と、肩を抱かれるようにして説明を受けていた。 「メジャーではあまり練習してなかったのかな。日本は足で崩すケースが多い。あの牽制じゃあ、まだ人前に出せないよ(笑い)」(小林コーチ) この日の練習では前田健も和気あい…

金子に対しても厳しい声が相次いだ/(C)日刊ゲンダイ

金子、大谷、前田健 メジャー選手が語る“お世辞抜き”の評価


日米野球を報じる日本のスポーツマスコミには連日、メジャー志向のある金子千尋(31=オリックス)、大谷翔平(20=日本ハム)、前田健太(26=広島)の名前が並び、「素晴らしい投手」「今すぐにでもメジャーで通用する」と対戦したメジャーリーガーの美辞麗句が躍っている。 が、メジャー選手のこうした声はあくまで「社交辞令」。日刊ゲンダイが3投手と対戦したメジャー選手に「お世辞抜きで」と直撃すると、次々に厳…

新治療では本体もリードも皮下に植え込む

安全性もアップ 致死性不整脈に新治療登場で何が変わる?


不整脈の持病を抱えていたお笑いタレントの前田健さんが44歳で突然死した。日本では年間10万人の突然死があり、うち7万人が心臓異常。7分に1人が心臓突然死を起こしている計算になる。 ■心臓に触れずに心臓を守る 心臓突然死を引き起こす原因の大半が不整脈だ。不整脈にはいくつか種類があり、心室細動や心室頻拍といった突然死に直結しているものを致死性不整脈と呼ぶ。それに対する新治療「完全皮下植え込み型除細動…

もし打ち切りなら政界進出も近い

ロンハーに打ち切り説 再び囁かれる田村淳の「政界転身」


26日に虚血性心不全のため急逝したお笑いタレント・前田健さん(享年44)の訃報を受けてのこと。前田さんは24日夜に新宿の路上で倒れ、心肺停止状態で病院へ救急搬送されるも帰らぬ人となったが、倒れた当日の日中は、テレビ朝日系のバラエティー「金曜★ロンドンハーツ」のロケ収録に参加。同番組の人気企画「スポーツテスト」で50メートル走と走り高跳びを行ったところ、体調不良を訴え、待機していた医師らに相談し…

疑惑の目を向けられる巨人ナイン

野球賭博騒動の波紋拡大 他球団で巨人選手に“接触禁止令”


その“とばっちり”で、一緒にいた中日・大野、広島・前田健(現ドジャース)、西武・秋山ら同じ88年生まれの侍ジャパンの面々がパパラッチの“被害”に遭った。 冒頭の幹部が「今の巨人選手とつるんだらロクなことがない」と言うのはこのことで、巨人で最初に3人の賭博関与者が出た際、全選手を対象に「福田と付き合いはあるか」「笠原と付き合いはあるか」「松本竜と付き合いはあるか」と当事者の巨人3選手の名前を明記し…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事