日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

清元登子特集

畑岡は今月再び米QTに向け渡米予定

日本女子OPは高3畑岡V アマ快進撃の背景に練習環境激変


女子ツアーでアマの優勝は大昔には清元登子(1973年)がいたが、宮里藍(03年ミヤギTV杯)、キム・ヒョージュ(12年サントリーレディス)、勝みなみ(14年KTTバンテリン杯)と最近では珍しくなくなった。 それでも国内メジャーのアマ初勝利であり、6位の西村優菜(16)、3日目に単独首位に立ち10位に終わった長野未祈(15)とアマの快進撃が目立った。 ■女子プロ協会も門戸開く 14年大会で日本人…

大山志保

大山志保(39歳・ツアー17勝)


10歳からゴルフを始め、高校入学とともに清元登子プロへ弟子入り。不動裕理、古閑美保とは姉妹弟子。00年プロテスト合格。初優勝は03年。06年に5勝を挙げて賞金女王に輝く。09年に米ツアーに挑戦するもヒジのケガに泣き撤退。孝行娘で知られ、かつて個人タクシーを営む父親に高級車をプレゼントしたことが話題になった。ミヤギテレビ杯は「プロ人生が続く限り賞金を全額寄付していきたい」とチャリティー活動に積極的…

イ・ボミ(左)とキム・ハヌルで8勝

韓国勢になぜ勝てないか 強い選手がなぜ育たないのか


不動が強かったころは清元登子がつきっきりだった。清元は他に大山志保と、すでに引退した古閑美保も指導していた。しかし清元は「責任を持って教えられるのは3人が精いっぱい」と言って、3選手を賞金女王に育てている。昔は、そうして名手に師事し、技術を受け継いだり、師匠の得意技を目で盗んだりして強くなっていった。 男子プロの場合、もともと日本はゴルフ場に就職してキャディーをやりながら、コースのヘッドプロの…

None

不動裕理 ダウンスイングは肩口まで両脇を締める


そのスイングは、不動プロを内弟子のようにして、手塩にかけて育てた元JLPGA会長の清元登子さんの作品といってもいいでしょう。 清元さんは24歳のときに独学でゴルフを始め、日本女子アマで3勝(69、72、73年)した後、34歳でプロに転向し、日本女子オープンを含むツアー7勝を挙げています。 不動プロのトップは、多くの女性プレーヤーに見られるように、オーバースイングになっています。バックスイングでグ…

None

強気のパット、アマの勝みなみの将来が楽しみだ


アマチュアで女子プロの試合で勝ったのは、73年の清元登子が最初で、彼女はそのあとプロ入りした。何勝かして引退し、弟子を育てた。その中の出世頭が不動裕理である。 勝みなみ選手は、いま高校一年生だが、プロの試合には2年前から出ていて、今回が12試合目だったというのだ。強気のパットには感心したが、それだけのキャリアがあったのだから不思議ではなかった。ただし、それは賞金を求めない立場のせいかもしれない。…

None

高2の初ラウンドは「137」だった


日本女子プロゴルフ協会会長だった清元登子さんが、初めてアマチュアで勝った(1973年トヨトミレディス)という話は聞いていましたが、アマチュアが女子プロと一緒にプレーして優勝する、ということはあり得なかったのです。 アマチュアといえば、大学のゴルフ部に所属するか、名門コース所属のご婦人で、日本女子アマ大会や日本女子オープンに出場する人たちでした。 趣味の延長でゴルフが上手になられて、試合に出てい…

None

高3のアマ宮里藍の優勝に危機感を感じた


当時、高校3年生だった宮里藍さんが、清元登子さん以来30年ぶりのアマチュア優勝です。 その大会に私は出場していませんが、宮里さんの優勝がすごいと思うよりも、自分たちプロゴルファーの力のなさ、これでいいんだろうか、と真っ先に頭に浮かびました。 プロゴルファーとしての立場の怖さ。やはり、一応プロと名前がついたスポーツ選手ですから、アマチュアに負けてしまう自分たちの危機感があったのだと思います。 も…

大山志保

大山志保(38歳・ツアー16勝)


10歳からゴルフを始め、高校入学とともに清元登子プロへ弟子入り。不動裕理、古閑美保とは姉妹弟子。00年プロテスト合格。初優勝は03年。06年に5勝を挙げて賞金女王に輝く。09年に米ツアーに挑戦するもヒジのケガに泣き撤退。孝行娘で知られ、かつて個人タクシーを営む父親に高級車をプレゼントしたことが話題になった。「地元の応援が励みになった」と宮崎県と宮崎市にそれぞれ100万円を寄付。ミヤギテレビ杯は…

古閑美保

古閑美保(33歳・ツアー12勝)


元女子プロ協会会長の清元登子プロに弟子入り。ビジュアル系プロとして注目を集める。恋多きプロとしてプロ野球選手とのスキャンダルが多い。ツアー12勝、08年に賞金女王に輝いた。左手首の故障から11年限りでトーナメントプロを引退。ツアー解説やバラエティー番組で活躍する。…

大山志保

大山志保(38歳・ツアー15勝)


10歳からゴルフを始め、高校入学とともに清元登子プロへ弟子入り。不動裕理、古閑美保とは姉妹弟子。00年にプロテスト合格。初優勝は03年。06年に5勝を挙げて賞金女王に輝く。09年に米ツアーに挑戦するもヒジのケガに泣き撤退。親孝行娘で知られ、かつて個人タクシーを営む父親に高級車をプレゼントしたことが話題になった。「地元の応援が励みになった」と宮崎県と宮崎市にそれぞれ100万円を寄付。ミヤギテレビ杯…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事