日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

竹内由恵特集

竹内アナには“ミラクル由恵”の異名が

夕方ニュース戦争に竹内由恵アナ投入するテレ朝の“本気度”

30日からテレビ朝日の「スーパーJチャンネル」のメーンキャスターを担当することになった竹内由恵アナ(29)のことだ。前任者が同期の八木麻紗子(29)であることから、「2番手?」と勘違いしているムキもあるが、竹内がテレビ朝日の将来を担うエースであることは間違いない。 「竹内は08年入社で、同じく08年にフジテレビに入った加藤綾子(29)が“スーパー綾子”と言われるの…

間違いは誰にでもある(左上から時計回りに中野美奈子アナ、生野陽子アナ、内田嶺衣奈アナ、竹内由恵アナ)

岡副麻希アナだけじゃない 女子アナたちの恥ずかしい誤読

テレビ朝日の竹内由恵アナ(31)は、かつて5分ニュースで「訃報」を「とほう」と読み上げる痛恨のミス。この単語は女子アナにとって鬼門なのか、フジの内田嶺衣奈アナ(27)がFNNスーパーニュースで「けいほう」と読み間違えて赤っ恥をかいた。 「旧中山道」を「いちにちじゅうやまみち」と読んだ“猛者”もいる。元フジでフリーの有賀さつきアナ(51)がその人とされてきたが、昨年…

元ミス慶応の面々(左から)中野美奈子、青木裕子、竹内由恵アナ

不祥事で中止 なぜミス慶応から局アナが輩出されるのか?

局アナの登竜門とされていて、95年に與芝由三栄(NHK)、99年は中野美奈子(フジ)、00年は鈴江奈々(日テレ)、01年が青木裕子(TBS)、06年が竹内由恵(テレビ朝日)、12年が小沢陽子(フジ)、13年が宇内梨沙(TBS)といった具合。 局アナの競争率は「1万人に1人」ともいわれるが、ミス慶応の中には医師になったり、そのままタレントとして芸能界入りした人もいるか…

タイトなワンピース姿で注目を集めた

カメラマン釘付け…テレ朝・竹内アナのムッチムチ健康美

ムッチムチの健康美に心奪われ、前のめりでシャッターを切るカメラマンが殺到! レンズの先には、舞台挨拶のMCを務めるテレビ朝日アナウンサー竹内由恵(30)の姿があった。 「横から見るヒップラインがまた絶妙で……」(大根監督)という称賛を受け、「ちょっと太ってしまって(苦笑い)」とは本人の弁。食欲の秋を先取りしちゃった? 入社8年目、名実ともにテレ朝きっての人気アナウン…

(フジテレビHPから)

内田嶺衣奈だけじゃない 女子アナ“赤っ恥”読み間違い伝説

「『訃報』は女子アナにとって鬼門のようで、テレビ朝日の竹内由恵アナも間違えてます。ただし、こちらは『とほう』と間違えました。面白いところでは『生体肝移植』。元日本テレビの永井美奈子やフジの梅津弥英子らが、番組中何を考えていたのか『せいかんたいいしょく』と間違えてます」(女子アナウオッチャー) 女子アナといえばいずれも一流大学卒で、才色兼備の典型のような存在。とはい…

恋のウワサは絶えず…/(C)日刊ゲンダイ

電通マンと“週5同棲” テレ朝・竹内アナ「寿退社」Xデー

発売中の「フライデー」がスクープしたのは、テレビ朝日きっての人気アナウンサー、竹内由恵(28)が彼氏の自宅に通いつめる姿。相手は同い年のイケメン電通マン。交際はもう半年以上だという。 竹内アナは入社1年目に「ミュージックステーション」の8代目サブ司会に抜擢されると、「熱闘甲子園」などのスポーツ番組を担当し、今年はソチ五輪の現地キャスターを務めた同局のエースアナ。レ…

入社1年目のド新人/(C)日刊ゲンダイ

「熱闘甲子園」に抜擢 山本雪乃アナは肩書ナシの異色の新人

局の看板アナは竹内由恵ですが、現状はバラエティー番組が中心。『報道ステーション』でスポーツを担当していた宇賀なつみも3月末から朝の帯番組に移籍したばかり。そこで白羽の矢が立ったのが山本。今回、老舗番組である『熱闘甲子園』への大抜擢は局としての期待の表れでしょう」(テレ朝関係者) ■ハンカチ王子に憧れ早大へ 山本アナとスポーツ、特に野球は縁が深い。自身は中高とバレーボ…

カープ女子は涙目?/(C)日刊ゲンダイ

テレ朝・青山愛アナに浮上 広島の若手投手と熱愛のウワサ

竹内由恵(28)といったエースから14年入社の山本雪乃(23)までがハッピとショートパンツに身を包み、美脚を惜しげもなく披露した。その中には今年3月末から「報道ステーション」のスポーツキャスターに就任した青山愛(25)の姿も。神輿の周りで踊って場を盛り上げていた。 もともと、青山は女子アナで落ち着くにはもったいないほどの才女。父親の仕事の関係で、生後7カ月でアメリカ…

None

中継解説で絶賛 「スノボ界の佐々木希」田中幸の“実力”

現地の特設スタジオでメーンキャスターの松岡修造(46)と進行の竹内由恵アナ(28)、角野と共演し、「日本の女子スノーボード界を切り開いた第一人者」と紹介された。 Tシャツにジャケット、ショートパンツのカジュアルな装いで、熱血漢の松岡に食われっぱなしだったが、そうした様子がプラスに働いたのか、ネット上では絶賛コメントが後を絶たない。 <かわえええええええ> <篠田マリ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事