日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

都はるみ特集

憧れの都はるみと(右)

大石まどかの宝物は都はるみが言い放った“何気ない一言”


今年が25周年の大石まどかさんにとって、憧れの人は大ベテランの都はるみさん。歌手になったきっかけであり、デビューもその存在なしでは語れない。 ◇ ◇ ◇ 私が都はるみさんに初めてお会いしたのは1987年。会ったといっても、オーディションの出場者と審査員という関係です。当時のはるみさんは84年に「普通のおばさんになりたい」と引退宣言して歌手活動を休止、3年後に音楽プロデューサーとして復帰したばかり…

ソウル五輪では10万人の観客を魅了

キム・ヨンジャさん 88年ソウル五輪で「朝の国から」熱唱


私にとって幸運だったのは「普通のおばさんになりたい」と引退宣言(84年)した都はるみさんがプロデューサーとして活動を再開していたことです。「どうしても演歌を歌いたいので、プロデュースしてくれませんか」とお願いしたところ、受けてくださって、89年10月に「暗夜航路」が発売され、その流れで紅白出場が決まったんです。 89年は都はるみさんも「アンコ椿は恋の花」で復帰しました。そのために「ヨンジャもバー…

吉幾三

吉幾三「海峡」


北国がテーマの演歌は、都はるみ「北の宿から」、新沼謙治「津軽恋女」、細川たかし「望郷じょんから」と枚挙にいとまがない。なぜだろう。津軽には風雪や海峡、海鳴りなど、人のつらさや悲しみを表現するに必要な自然条件が揃っているからだろう。 もっとも今後は、そうした景色も変わってしまう。3月26日に北海道新幹線が開通する。東京から新函館北斗まで最速4時間2分。新青森から新函館北斗までは1時間。車窓はトンネ…

写真は五郎丸

中継した日テレアナの無礼千万 箱根駅伝に「ゴローマル」は走ってねえぞ


おめえな、昔紅白歌合戦で引退する都はるみを、総合司会が「みそら……」と言っちゃってクビになった例だってあるんだぞ。 指摘すれば数知れず。アンカーへタスキをつなごうと中継所へ駆け込んだ学生連合の9区選手だったが、無情にも復路は一斉スタートだった。ここぞスポーツアナの見せ場聞かせ場! 「今年は母校のユニホームを着て走ることができなかった無念の思いを、せめてつなぎたかったぁぁ!」 あのね、母校のユニホ…

一歩リードは…

NHK紅白復帰に執念…演歌枠は小林幸子ら三つ巴バトルか


そんな小林の前に立ちはだかる強力なライバル2人――今年は、都はるみ(67)と八代亜紀(64)の紅白返り咲きが有力視されているという。 芸能評論家の肥留間正明氏が言う。 「八代と都の2人は歌声で聞かせるより衣装で見せてきた小林より、歌唱力ははるかに上。2人とも実力こそあれど、大手事務所所属の歌手の裏で苦汁をなめてきた。八代は今年デビュー45周年を迎え、都とジョイントコンサートを開くなど、精力的に…

替え歌のセリフ通り?/(C)日刊ゲンダイ

アベクロを風刺 兜町で広まる「江戸恋しぐれ」の出来栄え


都はるみと岡千秋のデュエット「浪花恋しぐれ」をもじった「江戸恋しぐれ」というタイトルで、安倍首相と日銀の黒田東彦総裁の関係を風刺したものだ。 これは歌の1番の男性のセリフ部分。 ~そりゃわいはアホや 靖国行くし 財務も泣かす ~せやかてそれもこれも みんな国民のためや 今に見てみい わいは世界一になったるんや 世界一やで ~わかってるやろ お東(おはる) なんやそのしんき臭い顔は ~緩和や! 緩…

都はるみ(中央)は「タッチ」を熱唱/(C)日刊ゲンダイ

八代亜紀がエヴァ主題歌 「エンカのチカラ」に業界が大注目


都はるみ、八代亜紀、細川たかしといった、そうそうたるド演歌の歌手たちが、なんとアニメソングやJ-POPを歌うという趣向なのである。 たとえば、都は「タッチ」、八代がエヴァンゲリオンの主題歌「残酷な天使のテーゼ」、細川はチェッカーズの「ジュリアに傷心」といった具合だ。 「これまでアニメオタクと演歌は最も遠い存在でした。彼らにとって演歌とは最もダサいものだったかもしれない。しかし、このアルバムを耳に…

家族同然だった/(C)日刊ゲンダイ

“のりピー部屋”で大石まどかを育てたサンミュージック会長


3カ月前の2月22日に都はるみさんの歌手生活50周年コンサートがあって、そのとき隣の席で<やっぱり、はるみちゃんはいいね~>って、とても楽しまれていたんです。ただ、GWのあとだったか、事務所の人から<会長の容体があまり良くないんで、まどかちゃん、手紙を書いてあげて!>という電話が。そのときピンときたんです。急に悪化する病気といったら…。私も父(次男さん、享年61歳)を2009年の4月20日に肺…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事