日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

大越健介特集

プリンストン大時代は野球とバスケでエース、文武両道の秀才ヤング

東大・宮台も真っ青…メジャーリーグの“秀才”たち


これは83年に大越健介投手(現NHK)が選出されて以来の快挙である。この2人以外に、旧帝大から日米大学野球の代表メンバーに選出されたケースはない。 米国の場合、旧帝大に相当するのはアイビーリーグ。この東部の名門8大学から日米野球の代表メンバーに選出されたのは85年のストラットン(プリンストン大)と86年のレムリンジャー(ダートマス大)の2人だけである。 このように旧帝大もアイビーリーグも日米野球…

大越健介(左)と池上彰

池上特番・大越Nスペ 「IS」取り上げ方でこれだけの違い


「大予測」のMCは大越健介。イスラム国(IS)に関する見方に関して内容がかなり異なっていた。 池上特番ではまず、米大統領選にスポットを当て、共和党の指示率トップのトランプ氏のことを取り上げた。トランプ氏は「シリア人は自国に帰す」「イスラム難民は入国禁止」「日本に負け続けることはできない」などの発言で物議を醸しているが、これをロシアのプーチン大統領は応援しているそうだ。 で、もしトランプ氏が当選し…

「NEWS23」は大揺れ…

NEWS23 岸井氏&膳場アナ総退陣なら「TBSは二度死ぬ」


今年3月、それまで「ニュースウオッチ9」(NHK)のキャスターを務めていた大越健介氏と井上あさひアナが同時に降板したことだ。大越氏は自身のブログで原発に否定的な発言を繰り返していたため、官邸からの覚えが悪く、当時、井上アナについては“道連れ降板”などと言われたものだ。 一連のこうした人事情報についてTBS広報部は「番組制作の過程には、従来お答えしておりません」と言うのみだが、“膳場騒動”の前日(…

当たり障りないMC河野憲治アナ

「クロ現」騒動を機に…NHKの“たわいない報道”加速の一途


NHKの報道の中心「ニュースウオッチ9」は大越健介から河野憲治に代わって以来、当たり障りのないMCぶり。たいていは台本通りの進行で、しかもその台本も言い間違えて、隣の鈴木奈穂子に訂正されることもある。 たまに独自の意見を言う機会があっても、パリで銃撃戦があった水曜は「パリで再びテロがくるんじゃない……動揺が広がっているのは間違いない」と最大公約数的な一般論を危機感ない顔で言うだけ。隣の鈴木はたい…

“あさひロス”に陥るファンも

ファン待望 NHK井上あさひアナ「東京完全復帰」のウルトラC


むしろ、『ニュースウオッチ9』でコンビを組んでいた大越健介キャスターが上層部と折り合いが悪く、大越キャスター降板の“道連れ”になった側面が大きい。そういう意味では気の毒な人事ですが、一度主流をはずれた以上、東京復帰は難しいでしょう」(あるベテランアナウンサー) 「あさひロス」のオジサンにとっては残念な話だが、ガッカリするのはまだ早い。 アッと驚くウルトラCがひとつだけ考えられるという。 「大越氏…

左から鈴木奈穂子アナ、河野憲治新キャスター、佐々木彩アナ/(C)日刊ゲンダイ

NHK“夜の顔”河野氏起用も「現場の舵取り難しくなる」の声


「安倍政権に疎まれ、局内では1月末の降板説もあった」(事情通)という大越健介キャスター(53)に代わり、4月から「ニュースウオッチ9」のメーンキャスターとして茶の間に登場する。 15年以上の海外特派員経験を持ち、ワシントン支局長も歴任した自他ともに認める“国際派”。2011年4月から1年間、BSの「ワールドWaveトゥナイト」のキャスターを務めた経験もある。5年続いた「大越体制」の後で注目度は抜…

MC歴5年だが/(C)日刊ゲンダイ

真相は「更迭」…NHK大越キャスター“3月末降板”の舞台裏


「NHK『ニュースウオッチ9』の大越健介キャスターが3月末で更迭」というのである。 この人事には、陰に陽にNHKの報道に“圧力”をかける安倍官邸の意向が働いているようだ。後任は、ワシントン支局長やBSの国際ニュースでキャスターを務めた経験のある河野憲治・報道局国際部長だという。 大越キャスターは政治部記者を経て、05年から4年間、ワシントン支局長を務めた後、10年3月に「ニュースウオッチ9」の顔…

GL突破の瞬間/9日放送の「ニュースウオッチ9」

日本は2勝1分け…NHKのW杯“ウイイレ”予想に大失笑


冒頭、同番組のメイン司会を務める大越健介キャスターが「かなり期待が持てるようです」と思わせぶりに語ると、「といってもゲームの世界ですが……」とナレーションが入る。使用するゲームソフトは11月14日に発売されたばかりの「ウイニングイレブン2014」だが、わざわざ番組のために最新の選手データを反映させた“特別版”を用意し、松田利仁亜アナに実況させる熱の入れようだ。 先に結果を言ってしまうと、コート…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事