日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

戸田恵子特集

長谷川博巳とサシ飲みも/(C)日刊ゲンダイ

戸田恵子、高橋克実、寺脇康文がつるむ“ドリカム”な飲み方


「ショムニ」のおツボネで大ブレークし、テレビドラマでこの人を見ないシーズンはないとまで言われている戸田恵子(56)。ドラマ以外ではアンパンマンの声優で27年、ルックスも声も変わらない理由のひとつは酒の席とか…。 舞台女優出身っていうのもあって、なんか豪快にお酒飲んでいるように思われるんですけど、こう見えて私、そんなに飲めないんです。ありがたいことに、20代から大きなお仕事いただいて、朝から晩まで…

イベントに参加したオードリー(左)と戸田恵子

オードリー春日 “上から目線”で新名所PR「まだ赤ん坊」


この日は女優の戸田恵子(58)も鮮やかなピンクのドレスで登場。旧数寄屋橋東芝ビルの跡地に建てられたニュースポットの門出に花を添えたのだった。…

星屑の会「星屑の町 完結編」

ほど良くスパイスきいた人情喜劇の傑作「星屑の町 完結編」


さらに、大阪で売れっ子タレントになった元リードボーカルの真吾(大平サブロー)やその妻キティ(戸田恵子)も加わる。前座はオーナーの娘(新垣里沙)。 ところが、真吾の浮気癖にアイソをつかしたキティに市村がヨリを戻そうと持ちかけるやら、相変わらずケンカっ早い五郎は舞台設営のなんでも屋2人(新納敏正、朝倉伸二)とモメるなど、ゴタゴタ続き。果たしてショーは無事に幕を開けることができるのか。そして姿を見せな…

戸田恵子(左)と近藤芳正

劇団チョコレートケーキwithパンダ・ラ・コンチャン「ライン(国境)の向こう」


北日本の村上家は寺十吾と高田聖子、南日本の高梨家は近藤芳正と戸田恵子の夫婦。この豪華なキャストも、登場人物が物語の進行に奉仕するだけの存在にしか見えず、人間ドラマとしての掘り下げに不満が残る。 戦争が終結しても、「そんなことは自分たちの生活には関係ない。日常の方が戦争より大事なのだ」とうそぶく牧歌的な幕切れは寓意だとしても合点がいかない。今の日本が抱える切実な問題に迫りながら、その戯画化は中途…

いまや三谷作品の常連/(C)日刊ゲンダイ

ベテラン声優・山寺宏一が感謝する三谷幸喜からの“説教”


仲を取り持って下さったのは声優の先輩でもある戸田恵子さん。三谷さんは駆け出しの頃から戸田さんの大ファンだったらしく、戸田さんの連ドラ初出演作「総理と呼ばないで」(フジテレビ系)は脚本を書いた三谷さんが直接オファーしたほど。その何かの打ち合わせかの折にボクの名前が出たそうです。 三谷さんは映画の吹き替えにこだわる人で、すでにボクが担当した作品を何本もご覧になってたらしい。それで興味をもって下さった…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事