日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

戸根千明特集

FA権行使が確実な森福

深刻な左腕不足…FA森福を取れなきゃ“リリーフ壊滅”


開幕前の強化試合で侍ジャパンに初選出された戸根千明(24)も防御率4.50と期待に応えられず、シーズン中の4月に慌てて日本ハムからトレードで獲得した乾真大(27)は、わずか2試合の登板に終わった。 そもそも、開幕の時点で一軍経験のある左の中継ぎ投手は5人しかおらず、層の薄さを不安視された。昨季、33試合に登板して防御率2・20と働いた高木京介が開幕前に野球賭博問題で解雇されると、現場からは「代わ…

国際試合では短所が長所になる

球が抜けたり、引っかけたり…だから戸根は面白い


そのうち、ヤクルトの秋吉亮(26)、巨人の戸根千明(23)、ソフトバンクの森唯斗(24)の3投手が代表初選出となった。いずれも、所属チームではリリーフの役割を担う投手たちである。 秋吉の名前は最初から私の頭にあった。昨年、両リーグ最多の74試合に登板して防御率2.36。抑えのバーネットがリーグ最多タイの41セーブを挙げられたのも、七回、八回をしのいだ秋吉の存在があったればこそで、ヤクルト優勝の陰…

那覇入りし、練習を行った巨人ナイン/(C)日刊ゲンダイ

2時間50万円 宮崎で結束固めた巨人投手陣“夜の決起集会”


投手陣ではドラフト2位・戸根千明(22=日大)と同3位・高木勇人(25=三菱重工名古屋)のルーキー2人が一軍に抜擢されている。リーダーの内海らが音頭を取り、新人歓迎会も兼ねた投手会が行われた。 腹ごしらえは、杉内らが通う有名店の鶏だんご鍋。初めて舌鼓を打った高木勇は「しゃん鍋っていうんですか? 鶏が生でも食べられるって。あんなにおいしい鍋、初めて食べました」と目を丸くさせた。その後は2次会だ。人…

期待が大きいドラ2左腕の戸根/(C)日刊ゲンダイ

“ポスト山口”に台頭か 巨人ドラ2・戸根がキャンプ1軍始動


新人合同自主トレを行っている巨人のドラフト2位ルーキーの戸根千明(22=日大)が昨18日、3位の高木勇人(25=三菱重工名古屋)と初めてブルペン入り。捕手を立たせて20球を投げた。 19日にキャンプの1、2軍メンバーの振り分けが発表される予定。この日が「最終テスト」だった。戸根が「感触は良かった」と汗を拭えば、視察した1軍の斎藤投手コーチも「(一軍に)十分入ってこられる力はある」と両投手の1軍ス…

原巨人の”命綱”だけに心配される/(C)日刊ゲンダイ

代役続々で焦り…左ヒジ痛の巨人・山口に飛ばし過ぎ懸念


この日、入寮したドラフト2位の戸根千明(22=日大)も、ドラフト前日に映像をチェックした原監督の鶴の一声で指名が決定。「即戦力中継ぎ」の期待がかかる。ドラフト4位の田中大輝(22=国学院大)も左投手だ。 球団に要望しているのが指揮官だというのが、山口の不安に拍車をかけている。まるで自身の後釜を探しているように映っているのだ。 ■誰かがストップをかけないと… 「山口はシーズン中からヒジを痛めていた…

ドラフト会議後の会見/(C)日刊ゲンダイ

ドラ2、ドラ4も…巨人・原監督が「左腕」をかき集める理由


巨人は30日、山下スカウト部長らがドラフト2位で指名した日大の戸根千明(22=石見智翠館)に指名挨拶を行った。 フィリピン出身の母を持ち、173センチながら93キロの堂々たる体格。スリークオーターから繰り出す直球が最速148キロの左腕は「期待してもらっていると感じた。1年目から即戦力としてやっていかなきゃいけないという責任を感じた」と意気込んだ。 「左(投手)は貴重なんだよな」 ドラフト前、こ…

原監督(左)と落合GM/(C)日刊ゲンダイ

「中日には一貫性」 “流しのブルペン捕手”が見たドラフト会議


2位以降の戸根千明(日大)、高木勇人(三菱重工名古屋)、田中大輝(国学院大)は、巨人で上から何番目の投手でしょうか。一軍に割って入る力を秘めていると、強くは言いがたいでしょう。 将来性を重視するのであれば、岡本を筆頭に、日本ハムが3位指名した浅間大基(横浜)、オリックスが3位指名した佐野皓大(大分)とズラッと並べば、ファンも夢があったでしょう。 (談・安倍昌彦)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事