日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

黒川祥子特集

None

軽い食感はスナック感覚 夏の疲労には昆虫グルメのススメ


「虫、食べに行きません?」と、開高健ノンフィクション賞作家の黒川祥子さんから電話があったのは8月末。 昆虫食を取り上げた本を読み、「食べずにどうこう言うのは間違えている」と思ったのだとか。2人だと“逃げ場”がなさそうだと、虫うんぬんを伝えずに、さらに仲間を2人誘った。 向かったのは、「虫がうまい」と食べログで評価が高いミャンマー・シャン族の料理店「ノング インレイ」(東京・高田馬場)。狙っていた…

写真はイメージ

あなたも毒親? 親が子にやってはいけない“隠れ虐待”行為


「虐待のひとつ、ネグレクトの温床に“貧困”があるといわれますが、一見、“普通の”とくくられる家庭において、中学生が放っておかれることが増えているように思います」 こう話すのは、「誕生日を知らない女の子 虐待――その後の子どもたち」の著者で、虐待児の取材を続けているノンフィクション作家の黒川祥子氏だ。以前、中学生による「集団いじめ」を取材した際、加害者となっている側は「親に放っておかれている子供…

13歳からが対象(写真はイメージ)

子宮頚がんワクチン被害 病院も学校も自治体も見殺しの実態


こう言うのは、「子宮頸がんワクチン、副反応と闘う少女とその母たち」を上梓したジャーナリスト、黒川祥子氏。子宮頚がんワクチンの被害者少女6人と家族の“現実”を目の当たりにし、黒川氏が感じたのは「なぜ、このようなワクチンが少女たちに打たれたのか」という不信感だ。 北海道在住のあすかさん(仮名・14歳)は、黒川氏の本の出版を今か今かと心待ちにしていたという。 「自分の気持ちを大人たちに伝えたいと、一時…

写真はイメージ

ガチで婚活始めた女性ジャーナリストが見た「中年婚活事情」


昨年、「開高健ノンフィクション大賞」を受賞した気鋭のジャーナリスト、黒川祥子氏は現在55歳。バツ2の彼女は、女手ひとつで息子2人を育ててきた。下の息子が大学に入り、手が離れた今、猛烈に欲しいのは「一緒に過ごし、支えてくれる特別な男性。ロマンス」だという。 そこで始めたのが「ガチの婚活」だ。「38歳の離婚以来、男ナシ歴を毎年更新。ここ3年は“事故”すらない」という自分を奮い立たせ、バツイチ再婚活パ…

写真はイメージ/(C)日刊ゲンダイ

4組に1組が…どうする?娘が「デキ婚する」と言い出した


■DV癖は婿失格 家族関係の著書が多いノンフィクションライターの黒川祥子氏が言う。 「24歳だったら、本人の意思に任せていいと思います。娘さんが10代だったら親の出番でしょうがね。ま、万が一、相手が未成年だったら娘を叱るかも。そうではなくて相手が働いていて娘自身が選んだ人であれば、私なら口を出しません。早くキチンと紹介してもらいます。 ただ、相手がいい加減な人だったら<よく考えろ>と止めます。…

高橋ジョージは「モラハラはない」と否定するが…/(C)日刊ゲンダイ

高橋ジョージ後手後手 三船美佳主導「モラハラ離婚劇」のウラ


「報道だけを見ていると、典型的なモラハラ夫ですね」 三船美佳(32)と高橋ジョージ(56)の離婚問題について、きっぱり言うのは、モラハラ夫の取材を多数行うジャーナリストの黒川祥子氏。 「暴力には身体的なものと精神的なものがあり、後者がモラルハラスメント、通称モラハラです。モラハラ夫は一見、優しく、頼りがいのある人物。しかし、2人っきりになると、妻の人格を否定するような発言を繰り返し、イライラして…

ランチでも楽しめるラムバーグ(羊肉酒場)/(C)日刊ゲンダイ

未年だから食べたい! 「羊肉料理」専門家オススメの12店


寒いこの季節向けです」(菊池一弘氏) グルメにも詳しいルポライターの黒川祥子氏のお気に入りは八王子にある「羊羊」だ。 「ジンギスカンの有名なお店で、北海道直送のレアで食べられる生ラムは1センチくらいの分厚さで食べごたえ十分です。旭川で食べた鮮度抜群のラム肉と全く同じで、驚いたほどです」 別表も参考に、羊料理を楽しみたい。…

「いまさら勘弁してヨ…」(C)日刊ゲンダイ

水沢アキに不倫バクロされたジャッキー・チェンの心境は…


「夫にとっては過去の話でも、妻にとっては癒えない傷になっていることはよくあります」と話すのは、熟年夫婦の関係に詳しいジャーナリストの黒川祥子氏だ。 「子どものことや経済力を考えると、いまは離婚できない。時機がくるまで我慢しようと妻は思うのです。ひそかに仕事を探し、離婚の準備をしているケースもよくあります。ある奥さんは、子どもが大学に入学した時点で、夫に内緒でタクシー会社に就職、会社からの援助で…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事