日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小松菜奈 特集

小松 菜奈(こまつ なな)1996年2月16日東京都生まれ。スターダストプロモーション所属。2008年、「ニコ☆プチ」のモデルとなり、芸能界デビュー。14年6月、映画「渇き。」で女優デビュー。同年10月、映画「近キョリ恋愛」に出演。15年10月、映画「バクマン。」に出演。16年11月、「溺れるナイフ」で映画初主演を果たす。17年1月公開の「沈黙 -サイレンス-」でハリウッド映画初出演。
青山美郷(左)と小松菜奈

CMで話題沸騰…16年下半期“注目株”は青山美郷と小松菜奈

同じくCMで話題になったのが小松菜奈(20)。最後の「奈」をとると「小松菜」になるヘンな名だが、こちらは身長168センチで日本人離れした超美少女! 年の割にかなり大人びて見える。映画「渇き。」(2014年)で役所広司の娘役を演じ、宣伝ポスターで役所と写っていた女子高生といえばわかるだろう。 モデルとしてデビュー後、ドコモの女子高生役のCMなどで話題になった。「渇き…

ロッテ「乳酸菌ショコラ」CMでは吉田羊と共演

映画やドラマで大忙し 小松菜奈の演技にハリウッドも注目

ロッテ「乳酸菌ショコラ」のCMで女優の吉田羊と共演している個性派美人がモデルの小松菜奈(20)。最近は女優としても注目を集め、映画出演が目白押し。 映画デビュー作となった「渇き。」(14年)が出世作。新人女優の発掘にかけては定評のある中島哲也監督にオーディションで見いだされ、共演者6人とキスシーンを演じるなど、ダークな面を秘めた女子高生役を熱演して、その年の映画新人…

(オフィシャルブログから)

有村架純を退け映画主演 女優・小松菜奈に「大化け」の予感

大ブレーク必至の若手女優・小松菜奈(18)。自身のブログ「こまつな日記」で〈6月の雑誌を小松がジャックします〉(24日付)と告知しているが、実際、映画デビュー作「渇き。」の公開を来月27日に控え、露出がバンバン増えそうだ。 彼女が注目されるのは、「現在のアイドル女優勢力図に一石を投じる逸材」(芸能プロ関係者)だから。“あまちゃん女優3人衆”――能年玲奈(20)、橋本…

「とと姉ちゃん」で朝ドラヒロイン

大高宏雄の「日本映画界」最前線

2016年の振り返り ベストアクター&アクトレス5人を発表

3位 上白石萌音/鮮烈な青春映画「溺れるナイフ」での演技は、憧れでもある転校生の小松菜奈に対し、いわくありげなそぶりを見せつける。その過程で自我の強さをきりっとした存在感の中に示す不気味さの表現が実にうまく、新境地につながった。 4位 杉咲花/数々の映画賞で評価されている「湯を沸かすほどの熱い愛」では、セリフの安定感と思いの丈がときに刃物のような鋭さをみせ、見る者…

中止となった資生堂「インテグレート」のCM

セクハラか過剰反応か 資生堂CMなぜ中止に追い込まれた?

「生き方」編は小松菜奈ら女性3人が25歳の誕生会を開き、「今日からあんたは女の子じゃない」「カワイイという武器はもはやこの手にはない」と語る内容。ネット上で「女の価値は若さとかわいさだけなのか?」などと批判された。 「がんばってる」編は男性上司が女性社員に「今日もがんばってるね」と声をかけ、「それが顔に出ているうちはプロじゃない」とピシャリとやる筋書き。「男性が上…

左から伊勢谷友介、真剣佑、小松菜奈、山崎賢人、神木隆之介、岡田将生、山田孝之、三池崇史監督

実写版“ジョジョ”成功の鍵握る 敏腕プロデューサーの評判

NHK朝ドラ「まれ」でブレークした俳優・山崎賢人(22)の主演をはじめ、小松菜奈(20)や岡田将生(27)、2世タレントの中でも人気急上昇中の千葉真一の息子・真剣佑(19)といった若い客層を意識した旬の役者を起用。 東宝とワーナーとともに共同製作に名を連ねるTBSの平野隆プロデューサーは、「『ジョジョ』のテーマは人間賛歌。いま考えられる最高のキャスティングでその世…

ドラマ「ゆとりですがなにか」でもハマリ役

柳楽優弥が“第2ステージ” 暴力演じたらピカイチの俳優に

松山に出てきた男を捜す弟(村上虹郎)に街の札付き高校生(菅田将暉)、ホステス(小松菜奈)らが絡んで男の暴力の行方と歩調を合わせていくだけなのである。 柳楽が思考回路がショートしたかのように、無機質に暴力を続けていくのにはまったくゾッとさせられる。ただ、その暴力の行き先が極めて意図的に見えるのが面白い。弱い者いじめではないのだ。順繰りに港町の若者、松山に移ってからはと…

多部未華子は「ピース オブ ケイク」で主演女優賞

発起人が語る「日プロ大賞」の独自性と授賞式の見どころ

受賞者の作品に出演した前田敦子(主演男優賞・染谷)、小松菜奈(作品賞)、柳英里紗、朝倉ことみ(主演男優賞・川瀬)、リリー・フランキー、森優作(監督賞)、祷キララ(新人監督賞・安川有果)らが登壇し、場内を盛り上げてくれた。 今回、驚いたのがマスコミの数だ。取材陣は総勢で50媒体近く、テレビカメラは8台。豪華俳優の登場が大きかったとしても、日プロ大賞が広く知れわたってい…

“お墨付き”をもらった東出昌大

妻の杏も安心? 専門家が「東出昌大は浮気しない」と診断

これに同席した小松菜奈(20)や窪田正孝(27)ら共演陣は「当たってる」とうなずき、当の東出は「思い当たる節がある。怖いです」と苦笑い。妻が妊娠中に浮気に走る男も少なくないが、杏にとっては心強い診断結果となった。…

「A-Studio」アシに起用された森川葵

鶴瓶の“相棒”に抜擢…森川葵は同世代女優たちと何が違う?

20歳前後の世代は二階堂ふみ、小松菜奈、松岡茉優など“渋滞中”だが、森川は他の女優たちと少し毛色が違う。 「深夜ドラマで王道のヒロインをやった後、徐々に映画やドラマで存在感を出していくのが普通ですが、彼女の場合は連続ドラマで経験を積んだ後に、深夜ドラマ『監獄学園―プリズンスクール―』でかなり際どい役に挑戦しました。このドラマは原作マンガにあるセクシーな描写をかなりリ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事