日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

桑田佳祐特集

11月11日に婚姻届を提出

木村文乃が結婚していた お相手はアラフォーの演技講師


木村は11年に桑田佳祐と共演したNTTドコモのCMが話題になり、その後はNHK朝ドラ「梅ちゃん先生」などに出演し、一気にブレーク。昨年は「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」(TBS系)で連ドラ初主演を果たした。 来年1月からはキムタク主演のドラマ「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)にも出演。愛の演技指導が結婚という形で結実した。…

現在は家族で沖縄に住むパパイヤ鈴木

ユーミンと仕事し体重倍増…パパイヤ鈴木“暴飲暴食”秘話


桑田佳祐さんは僕らダンスチームを打ち上げに呼んでくれて楽しい時間を分かち合いました。 「おやじダンサーズ」結成前の95年から7、8年前まではユーミン(松任谷由実)のコンサートスタッフとして、ダンサーのマネジメントや振り付けをやってました。ユーミンとは一度、2人ですごい長い時間激論を交わしました。残念ながら僕は酔っぱらって何を話したかほとんど覚えてないんですけど(笑い)。 「おやじダンサーズ」をつ…

“ひとり4役”を務めた力作

内村光良監督3作目「金メダル男」にシン・ゴジラ超えの評


主題歌『君への手紙』は桑田佳祐に、自ら直筆の長文を書いて、実現させたものです」(スポーツ紙記者) 最近は宣伝のために、テレビや雑誌などに出まくっている内村。21日には相方、南原清隆がMCを務める日本テレビ「ヒルナンデス!」にゲスト出演。今年初めて共演を果たしたとして、話題を集めた。しかし、肝心の映画はどうなのか。映画批評家の前田有一氏はこう絶賛する。 「芸人の内村さんらしい、お客さんを楽しませよ…

“百発屋”ポール・マッカートニー来日中


夫婦でバンドといえば桑田佳祐さんと原由子さんのケースを想起させるが、原さんはもともと優れた鍵盤奏者としてバンドにいて結果的に結婚されたわけだから、音楽素人の「単なる妻」が突然加入したウイングスとは似て非なるもの。それで究極のラブソングを歌う、となるとビートルズから応援してきた女性ファンからすれば、「なんで奥さんを? ピアノうまいならまだわかるけど!」という感じだろう。 しかし、リンダは90年代に…

紅白出場をもくろんでいるのか?

ライブに孫連れの男性客も 矢沢永吉“国民的人気”の裏側


なんと背骨のレントゲン写真まで公開した! ロックの超スターでここまで見せたのは永ちゃんが初めてじゃないか? そういえば、桑田佳祐が食道がんからカムバックした時も、NHKのインタビュー番組で病室の写真を公開し、病気を語った。桑田はその時期に「紅白歌合戦」に出演したので、永ちゃんが「SONGS」に出たのもNHKが09、12年以来の紅白出演をもくろんでいるからかもしれない。 今やロッカーも高齢化。永ち…

None

「70年代シティ・ポップ・クロニクル」萩原健太著


日本語の発音を根底から覆すような矢沢永吉の歌声に、著者は何か大切なものを破壊されるような快感を感じたが、この快感を芸術的な域にまで高めたのが桑田佳祐だ。桑田は日本語に誰も想像しなかったグルーブ(ある種の高揚感)を与えた楽曲群を、歌謡ポップス主流の音楽シーンで大ヒットさせた。それ以後、ロックは歪んだ日本語で歌われるようになり、主流の歌謡曲と傍流のロック、フォークが一気に交わったのだ。70年代の日本…

宇多田ヒカルはレアケース

芸能界2世タレント 俳優「成功」歌手&お笑い「苦戦」のなぜ?


「たとえばサザンオールスターズの桑田佳祐、原由子の長男。ロックバンドのボーカル兼リードギターで12年にCDを出していますが、その後の活躍はほとんど伝わってこない。故・尾崎豊の長男も音楽を始め、父親の『15の夜』を歌ったりしていましたけど、尾崎の才能を引き継いでいるとはいえない。宇多田ヒカルのように、故・藤圭子のDNAを感じさせるケースはまれ。音楽の世界だけをみると、2世はメリットより偉大な親と…

デビュー10年目でついに

木村文乃が連ドラ初主演 「苦節10年」休業&バイトの過去も


とくに、ちふれ化粧品や、サザンオールスターズの桑田佳祐と共演したNTTドコモのCMで好感度を上げた。 映画を1日1本見る努力を続け、ドラマや映画での活動もどんどん増えた。15年は「マザー・ゲーム」を含め連ドラ2本、映画は5月公開予定の「イニシエーション・ラブ」など3本の公開が予定されている。 1987年10月19日、東京・西東京市生まれ。もともとは明るく活発で、2歳下の弟や弟の友達と、木登りや…

2006年に一度コンビを解散

どぶろっく 後続クマムシに歌ネタ押され露出激減の大ピンチ


「ゆず、福山雅治、桑田佳祐など一流ミュージシャンが彼らのネタを絶賛しています。中でも福山と桑田はその才能に嫉妬し、“俺もあんな歌が作りたい”とまで語っているほど。江口がまた色気を出して“ミュージシャンを目指す”なんて言いだす可能性が出てくるかもしれません」(芸能ライター) クマムシ人気に歯噛みする思いだろうが、歌のうまさも「芸人にしては」というただし書き付き。ヤマっ気を出して、またミュージシャ…

爆笑問題は軌道修正/(C)日刊ゲンダイ

世界に逆行…サザン桑田も爆問も謝罪するこの国の息苦しさ


そう思わざるを得なかったのが、サザンオールスターズの桑田佳祐と爆笑問題の謝罪である。 桑田と所属事務所のアミューズは15日、昨年末のライブやNHK紅白歌合戦での中継で見せたパフォーマンスについて、「配慮が足りなかった」「不備があった」などと謝罪した。 爆笑問題は年明けにNHKのお笑い番組に出た際、「政治家ネタは全部ダメと言われた」ことをラジオのレギュラー番組で暴露、NHKの圧力として、大きな話題…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事