日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

酒井宏特集

シリア戦で攻撃参加した右SB酒井高徳

チームに馴染んだ酒井高徳 「ほとんどドイツ人」の適応力


ハセさんの落ち着きを見習いたいですね」 同じブンデスリーガのハノーファーには、日本代表の仲間で同世代のMF清武、山口、DF酒井宏がプレー。中でも酒井宏は、日本代表の右SBのレギュラーを争っている間柄だ。 「彼(酒井宏)によく言うんですよ。ハノーファーは今、チームとしては厳しい状況(最下位で2部降格の危機)だけど、選手個人としては競争相手がいない分、いつも試合に出られる喜びを感じた方がいい――と。…

攻撃参加をDF吉田(左)にほめられる酒井宏

DF酒井宏樹 「今の代表は“戦いの幅”を広げている段階」


独ブンデスリーガ1部・ハノーバー所属のDF酒井宏樹(25)は、その恵まれたフィジカルを生かして守備に、攻撃にと右サイドでアグレッシブに上下動を繰り返し、存在感をアピールしている。しかし、クラブと日本代表との“温度差”に苦しむ毎日だ。 ハノーバーでは「思うようにいかない」現実に悩み、日本代表では「ステップアップの手応え」を感じながらプレーしているからである。94年米国大会から6大会連続でW杯現地取…

ブラジルW杯の内田篤人 (C)JMPA/真野慎也

右SB内田復帰決定で露呈…アギーレ日本は深刻な「人材難」


アギーレ監督は同じくドイツ組の酒井高徳(23)、酒井宏樹(24)を有力後継者に考え、Jリーグからは新潟DF松原健(21)を抜擢したものの、初陣のウルグアイ戦(9月5日)で先発した酒井宏、途中交代の酒井高は精彩を欠き、同9日のベネズエラ戦にフル出場した酒井高は、やはりパッとしなかった。 10月10日のジャマイカ戦、同14日のブラジル戦で酒井宏の名前はメンバー表になく、9月の2試合で出番のなかった松…

前半17分にフリーのシュートを外した皆川/(C)日刊ゲンダイ

ウルグアイに完敗…「アギーレは及第点」も「選手お粗末」の評


右サイドからのクロスを右SBの酒井宏がヘディングでクリアミス。ゴール正面の相手選手に渡り、CB坂井の寄せの甘さもあってFWエルナンデスにズバッと決められた。 「ウルグアイの選手が体力、走力、技術で上回っているのは当然だが、ただ単にフィジカル能力が高い、スピードがあるのではなく、そのすべてが《どう活用すればゴールにつながり、試合に勝てるのか?》というツボを心得ていた。球際の激しさやボールへの執着心…

1月の五輪最終予選で活躍した長髪の攻撃的MFタリク(左)もA代表に名を連ねる

【イラク】中東の天敵“要注意人物”


日本の右SBに入る酒井高か酒井宏とのマッチアップが予想されますが、仮にファウルで止めるとしても、自陣から遠く離れた位置にしたいですね」 ――他に警戒するとしたらどんな点でしょう。 「MFのカミル、アブダビミールの両ボランチはインテンシティー(プレー強度)があり、攻撃の起点になっています。日本とのボランチ対決が見ものです。日本は経験豊富な長谷部と誰を組ませるか? 守備を重視するならドイツ・ハノーバ…

アフガニスタン戦でゴールを決めた清武

格下に5点大勝も ハリル監督「本田の後継者」見つからず


右サイドでプレーした後半は、右SB酒井宏(25)と連係しながら相手守備陣を崩すシーンが多かった。この日、起用された攻撃系選手は、まずまずの動きを見せた」(サッカージャーナリスト・六川亨氏) アフガニスタンは登録23人中、所属チームなしの選手が4人もおり、ドイツの5部リーグでプレーする選手が一番マシというレベル。試合は日本のボール支配率が70.9%。シュートは日本の27本に対してアフガニスタンは1…

ハノーファーに所属する酒井、山口、清武(左から)

独ハノーファー2部降格目前 所属日本人3人は代表落ち危機


MFの清武、山口、DF酒井宏が所属する独ブンデスリーガ1部ハノーファーが、最下位に低迷して2部降格目前なのだ。 ハノーファーは日本時間22日、地元にアウグスブルクを迎え撃った。前半のうちに失点したハノーファーは、3カ月半前に骨折して戦線を離脱していた背番号10・清武を後半開始から投入。酒井も右SBでフル出場して奮闘したが、結局0―1のままタイムアップ。泥沼の8連敗となって勝ち点14のまま。残り1…

話し合うCBの吉田㊧と槙野㊥

日本代表の弱点は競争意識が働いていないCBとGK


SBには長友(インテル)、酒井宏(ハノーバー)、内田(シャルケ)など海外組がいるが、CBで欧州でプレーしているのは吉田1人だけ。 このポジションと海外組のいないGKが、日本代表の弱点といえるのではないだろうか。 日本はここまで4試合を無失点(12得点)で切り抜けたが、最終予選では日本が押し込まれる局面が多くなる。そうなるとCBには、フィードやビルドアップの能力は当然必要とされるが、「強固に、堅…

None

W杯で株急騰 “年俸0円”なでしこ有吉は一気に海外移籍も


内田、長友以外に酒井高、酒井宏の日本代表SBがドイツでプレー。上背はなくともスピード、アジリティー(俊敏性)に優れ、戦術理解度も高く、何よりも攻守に献身的なプレーをいとわない――ところが日本人選手のストロングポイントとして認知されており、その延長線上として「なでしこジャパンの右SB有吉」の評価が高まっている。準決勝のイングランド戦後、サッカーの辛口評論で知られる「デイリー・メール紙」が、10点満…

ともにゴールを決めた槙野(手前)と本田

3連勝で見えてきた ハリル監督“構想外”候補はこの2選手


本田の場合、現時点で3トップの右を務めているが、同じポジションのFW原口、FW永井、左サイドのFW宇佐美、FW武藤のようなスピーディーなサイドアタッカーじゃない分、フィジカルの強さ、キレなどが失われてしまうと生き残ることが難しくなってくる」(前出の六川氏) イラク戦に出場した選手では、攻守にピリッとしなかった右SBの酒井宏、ケガがちのシーズンを送ってインテル放出の噂が絶えず、この日がハリル体制初…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事