日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

南果歩特集

南果歩

19歳の南果歩はカメラの前で成長し美しくなっていった


映画「伽耶子のために」(1984年)のオーディションで、小栗康平監督の前に現れた桐朋学園短大の19歳、南果歩は重たい荷を背負っていた。小栗監督にはそれが見えて……。 「いわゆる在日の青年と、日本の少女との恋と別れを描いた李恢成さんの小説が原作で、そうしたことをオーディションで話しているときでした。ふと気になることがあって、僕になにか大事なことを隠してないかと、吉祥寺の駅前で話をしたんです。今でこ…

女優の南果歩

【南果歩さんのケース】手術後に分子標的薬を投与する理由


女優の南果歩さん(52)が4日、「ハーセプチン治療が始まる」とツイッターで報告しました。ハーセプチンは、抗がん剤とは異なる仕組みで働く分子標的薬。この薬の登場で、乳がん治療は大きく変わりました。南さんの治療状況が順調とみられるのは、そのためです。 2001年に承認された時は、別のがんが乳房に転移した乳がんの治療薬でした。その後、適用が拡大され、今は再発予防に使われます。3月に手術を受けた時点で、…

夫唱婦随

【南果歩さんのケース】乳がん 8割は乳房を温存できる


女優の南果歩さん(52)が今月11日に乳がんの手術を受けていたことを告白しました。夫で俳優の渡辺謙さん(56)が早期胃がんを発見して手術を受けた直後です。 一連の報道によると、南さんの乳がん発覚は2月下旬。そのころ、先日最終回を迎えたドラマの収録が続いていて、仕事の傍ら、夫を看病していた時期と重なります。それでもプロ根性で休むことなく撮影を続行。すべての収録を終えて手術に臨んだようです。 当時、…

「夫婦」について持論を/(C)日刊ゲンダイ

「夫婦は家族だけど他人」 辻の元妻・南果歩が“耳痛”コメント


27日、映画「サクラサク」の完成披露会見に登場した南果歩(50)が「夫婦」について自論を展開した。 この映画はさだまさしの同名小説が原作で、崩壊寸前の一家が祖父の認知症発症をきっかけに家族の絆を取り戻していくストーリー。家族がテーマということで、主演の緒形直人(46)が父親の故・緒形拳(享年71)について「いろいろと思いました。子どもの頃は寂しい思いをしたな……とか。よく(父親から)絵ハガキが届…

辻仁成との離婚会見での南果歩

作家で歌手の“モテ男” 辻仁成と離婚した南果歩の単独会見


ー2000年4月ー 中山美穂の夫の辻仁成氏は、芥川賞作家、ロックボーカリスト、映画監督と多方面で活躍する才人だが、モテ男としても有名で、前妻はやはり美人女優の南果歩。子供も生まれ、5年間続いた結婚生活だったが、2000年に破綻する。 4月11日、南(当時36)がテレビ局で記者会見を開いた。10日には彼女から前年7月から別居生活が始まり、3月30日に辻氏と正式離婚したとのFAXがマスコミ各社に送ら…

渡辺謙&南果歩夫妻と気仙沼のカフェ

被災地に寄り添う渡辺謙 NYから毎日“直筆FAX”の心意気


長い目で復興を支援するという覚悟と静かな情熱が感じられます」 店員によると渡辺が妻の南果歩(52)と一緒に店を訪れることもあるという。ミュージカルが終われば、ふらっと姿を見せるかもしれない。…

妻のアドバイスで救われた

【渡辺謙さんのケース】白血病治療が新たな胃がん“誘発”か


渡辺さんは、妻で女優の南果歩さん(52)の勧めで人間ドックを受けたそうで、「(早期発見について)この段階での発見は奇跡、点検は大事ですわ」とツイッターで語っていました。それを受け、南さんは「この出来事が、検診を中々受けられない方達への『受診のきっかけ』になれば」と続けています。 抗がん剤や放射線の治療後のがんの誘発は、白血病治療に限ったことではありません。どのがんによる抗がん剤、放射線でもあり…

現場ではしらけムードが漂うことも…

現場の評判イマイチ SMAP草彅剛に求められる“座長”の自覚


座長として出演者やスタッフのケアも必要なのですが、それを共演の南果歩さんに任せっ放し」(ドラマ関係者) 「科捜研の女」に出演させたのは、沢口靖子の座長ぶりを見習ってほしいという局側の願いも込められていたのかもしれない。…

SMAP騒動に揺れたジャニーズ事務所

冬ドラトップは草彅剛「スペシャリスト」 勝因はどこに?


「草彅を引き立てているのは上司にあたる特別捜査係の主任、南果歩の存在です。表情も部下を叱る声も迫力があり、変わり者の草彅とのコンビも絶妙です。折しも夫の渡辺謙の胃がんがニュースになるなど、注目度も抜群です」 ちなみに、香取慎吾の「家族ノカタチ」(TBS系)は平均10%に届かず。SMAPメンバーの明暗が分かれた。…

がんについて告白した樹木希林(左)と渡辺謙

がん告白相次ぐ 渡辺謙は早期で療養、樹木希林は治療再開


妻、南果歩(52)の勧めで人間ドックを受けたところ胃がんを発見。 幸い、早期だったため内視鏡手術を受けて現在は療養中だ。再演予定だったブロードウェーミュージカル「王様と私」はスタートが延期になるという。渡辺は89年に急性骨髄性白血病を患い、再発するも現在は克服している。 ■「クロ現」で“国谷推し”発言 9日のNHK「クローズアップ現代」の生出演中に全身に転移しているがんの治療の再開を明かしたのは…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事