日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

中村光宏特集

立ち食いそばはサラリーマンに人気

立ち食いそばで“ホンモノ”が食べられるようになる


円高で輸入コストが下がれば、立ち食いチェーン店の料金も少しお安くなるでしょう」(十割そば健康法普及協会・中村光宏氏) 日本のそば輸入は、1952年の南アフリカが最初で、63年からは中国からの輸入も始まった。 現在、そば粉の取引価格は、北海道産が45キロ当たり1万1000円ほど。一方、北米産と中国産は半値近い6500円前後だ。もちろん、チェーンのそば屋は外国からのそば粉を使っている。「最近はミャン…

フジ谷岡アナと真剣交際中のNHK桑子アナ

玉の輿は古い? 桑子真帆だけじゃない女子アナの“同期婚”


その前年にはフジテレビのショーパン(生野陽子、31)が同じくフジの中村光宏アナ(31)と結婚しています。実はこの手の話は意外に多く、朝日放送の小寺右子アナは同期入社の制作部社員と、NHKの合原明子アナも同期のディレクターと、同じくNHKの守本奈実アナも同期のディレクターと、杉浦友紀アナも同期社員と、さらにNHKの廣瀬智美アナはテレビ東京の同期アナと結婚しているのです」(女子アナウオッチャー) ち…

必ず問題は起こる

情報漏洩に打つ手なし 来月通知「マイナンバー」専門家が警鐘


ハッキング技術を正義のために駆使する全国有数の“ホワイトハッカー”で、現在は大手情報サービス会社でセキュリティーアナリストを務める中村光宏さんがこう言う。 「そもそも、マイナンバーのセキュリティーレベルは、メガバンクに比べて段違いに脆い。そんなシステムを民間と一緒に守ろうとしている時点で無理があります。適正な管理がされていないままスタートする時点で、情報漏洩は仕方ないとあきらめた方がいいでしょ…

引く手あまたの人気ぶり/(C)日刊ゲンダイ

夫とすれ違い、慣れない報道…生野アナがお台場を見限る日


当の本人は9月に同期の中村光宏アナ(30)と社内結婚するなど、むしろ社員志向。独立は当分先の気持ちだったはず。 ところが、7年間レギュラーを続けた「めざましテレビ」から夕方の報道番組「スーパーニュース」に異動になって気持ちが変わったともっぱらなのだ。 「そもそも『スーパーニュース』への異動は“栄転”ではない。『めざまし』のアナウンサー同士の職場結婚を上層部が喜ぶはずがない。わざと夫と生活時間帯が…

フジのエース/(C)日刊ゲンダイ

カトパンもショーパンも…フジ「女子アナ王国」は風前の灯


生野陽子アナは同期の中村光宏アナとの親密交際が発覚。加藤綾子アナはのダルビッシュとのすっぽんデートをスッパ抜かれた。 フジテレビの「めざましテレビ」の看板アナとして人気を二分する2人。カトパンは「めざまし」の他にもレギュラー、単発番組に駆りだされ、ショーパンも「笑っていいとも!」や特番出演も多い。人気の証しとはいえ、さすがにこれでは疲弊してしまう。 フジの女子アナといえば、ここ1~2年で平井理央…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事