日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

福間納特集

鳥谷の選手寿命も延びる?

「鳥谷を二塁へ」 虎OB福間納氏が“超変革”コンバート提言

「貧打解消ではなく、より守りを固めるのです」とは、評論家の福間納氏。 「内野のコンバートです。今年はリーグ5位の41失策に加え、記録に残らないミスが多い。今季9失策で打撃でも衰えが目立つベテラン鳥谷は、負担を減らすためにも遊撃から二塁へ。二塁はWBCでも経験しているので問題ないはずです。遊撃にはチーム屈指の身体能力を誇る大和を起用する。今の大和は便利屋になっている…

金本監督は腕の見せどころ

“超変革”のラストピース 阪神二塁争いはどんぐりの背比べ

阪神OBの評論家・福間納氏がこう話す。 「現状では誰もが決め手に欠けていると言わざるを得ない。打撃では上本、守備では大和が一歩リードしているが、上本は守備が不安定で、両打ちに挑戦する大和も打撃力に欠ける。秋季キャンプで二塁守備の練習に取り組んだ板山は、高校時代に二塁経験があるものの、本来は外野手。西岡も最近は故障がちで、今季は左アキレス腱を断裂する大ケガを負ったこと…

このままでは尻すぼみになりかねない

大炎上で初回KO 阪神・藤浪が直面した「死球恐怖症」の壁

「積み重なる死球によって、恐怖感が芽生えているのかもしれません」 とは、評論家の福間納氏だ。 「藤浪は球がシュート回転するため死球を与えやすい。今季はそうした精神的な影響も重なって腕が縮こまってしまっているのか、抜け球が多く、制球が安定しない。カットボールに頼りがちになっている。加えて今季の阪神は、内角を多く使う配球が目立つ。死球を気にして昨年よりも内角に投げきれ…

俊介と中谷が交錯し落球でサヨナラ負け

最下位目前…金本阪神「超変革」にファンやOBが続々苦言

■指揮官に覚悟はあるのか 「首脳陣の指導にも問題があるのではないか」とは、阪神OBの評論家・福間納氏だ。 「一軍昇格当初は打撃で結果を残しても、長続きしない若手が多い。守りに関してなかなか成長が見えないことが原因でしょう。この日の適時失策に限らず、送球ミス、判断ミスがずっと続いている。バント失敗もしかり。一軍に抜擢されながら二軍落ちした選手の多くは、守備のミスが打…

またも勝てず…

6回2失点も5試合勝てず 虎打線頼みの藤浪に“エースの壁”

評論家の福間納氏は、「悪いなりに2失点に抑えたとはいえ、タイガースのエースとしての期待を込めて言えば物足りない」と、こう言う。 「技術面では、上体に頼った投げ方になっていることが制球難の要因。それ以上に気になったのがマウンドでの動作。序盤は投球のリズムが悪かったが、腕の振りの軌道を確認しているのか、何度も腕を振るしぐさを見せた。『調子が悪いけど、修正しましたよ』と…

内部の火種になりかねない

先発で5試合1勝2敗…金本監督“藤川推し”に虎OB投手疑問符

評論家の福間納氏は、「先発で長いイニングを投げるのは難しいのかもしれない」と、こう続けた。 「7日のヤクルト戦は初回に3失点しているが、失点の多くは打順が2~3回り目となる四、五回に集中している(全17失点中10失点)。中盤で打ち込まれてマウンドを降りるパターンが多い。金本監督は江越を二軍落ちさせるなど若手には厳しくやっているのだから、実績のある藤川だからと遠慮す…

変身した藤川

阪神・藤川は先発転向で緩急巧み カーブにOB投手も太鼓判

藤川にとっても、カーブがポイントになっていた」(マスコミ関係者) 評論家の福間納氏は、「先発転向にあたって、カーブが武器になるはずです」と、こう語る。 「先発で長いイニングを投げるため、真っすぐで押すのではなく、カーブを中心とした変化球で緩急をつけて打者のタイミングを外すことで、むしろ真っすぐを生かす投球が好投につながったと思う。もともと藤川はいいカーブを持っていま…

阪神の金本監督

「超変革」掲げる金本阪神 カギは“真剣紅白戦”とOB分析

「紅白戦を増やすというなら、ぜひ生かして欲しいですね」 こう話すのは、阪神OBの評論家・福間納氏だ。 阪神は2月のキャンプで土日祝日を中心に紅白戦を増やす方針。練習試合を行う際の移動の負担を考慮し、練習試合を昨年の5試合から楽天、ヤクルトとの2試合に減らすため、実戦不足を補う意図に加え、ファンサービスも兼ねているという。前出の福間氏が言う。 「阪神の大きな課題は走塁…

どんなにがんばっても…

「ブルペンの士気心配」 虎安藤ダウン提示にV戦士OB怒り

「中継ぎの苦労をもっとわかってやってほしいですね」 中継ぎとして阪神の85年日本一に貢献したOBの福間納氏がこう言った。 24日に阪神の安藤優也(37)が契約更改を行い、300万円減の8300万円でサイン。今季、中継ぎとして50試合に登板、5勝4敗15ホールド、防御率3.02の成績を残し、3年連続50試合以上登板を果たしただけに、「ダウンは想像していなかった」と声を…

奮起すべし

横一線の争いも…阪神・梅野は来季「正捕手」になれるか

評論家の福間納氏が言う。 「優勝を狙うには捕手の固定が必要不可欠。僕は打撃センスがある梅野に任せていいと思う。捕手にはどうしても経験が必要ですが、リードと打撃には相関関係がある。投手心理を探り、狙い球を絞ることがリード面に生きる。03年、05年優勝時の正捕手である矢野バッテリーコーチが就任したことも、梅野が成長する契機になってくれればいいんですがね」 梅ちゃん、3年…

ソフトバンク新人は高橋純平をはじめ全員が高校生

評論家も改善提言 プロ野球「育成制度」のいびつな現状

■二軍選手の給料が高すぎる 評論家の福間納氏が言う。 「育成制度には賛成ですが、今はソフトバンクと巨人といった資金力がある球団が有利な制度になっているのが歯がゆい。故障者に加え、支配下としては力が足りないが、クビにするのはもったいないというレベルの選手を10人、20人と抱えられる。企業努力といえば企業努力ですが、このままでは球団間の格差はますます広がっていく。これ…

和田監督はどこまで我慢できる?

阪神“混セ”脱出のカギ握る大和 OBから「2番に固定を」の声

「今の打順を固定して戦い続けて欲しい」 こう言うのは、阪神OBの評論家・福間納氏だ。 5日のDeNA戦に快勝し、首位をキープした阪神の和田監督は、28日に不振の鳥谷を1番から下位に降格させると、上本、大和を新1・2番コンビで起用している。前出の福間氏が言う。 「大和はもともと精神的に強い方ではなく、2番での起用が少なかった。結果が出ないと『大和を外すべき』とか、『鳥…

今季はまだ1勝

伸び悩む阪神・藤浪 「指導者に恵まれない不幸」をOB指摘

阪神OBの福間納氏が言う。 「藤浪は今は中途半端なフォームで投げている。今季は体の回転、腕の振りを横回転から縦回転に修正しようとし、インステップの幅も若干小さくなった。だが、まだまだ上半身と下半身のバランスが悪く、抜け球が多い。それで力を抜いて制球しようとしても、打者にとって怖さがなく、ボールにキレもなくなる」 さらに福間氏は「指導者にも問題がある」と、こう続けた。…

掛布DCと和田監督

主力の不振続く阪神 「今すぐ掛布DCを起爆剤に」とOB進言

「サヨナラ勝ちは良かったけれども、打線が心配ですね」 阪神OBの福間納氏がこう言う。 5位の阪神は6日の中日戦、土壇場の九回2死満塁で新井がサヨナラ安打を放って勝利した。 「ただ、この日は中日が最後まで試合の主導権を握り続け、最後に自滅したから勝てた。打線は3度目の対戦となる相手先発のバルデスをまたも九回2死まで打ちあぐね、これで対戦防御率は1.19。今季は、巨人の…

今季は明らかに太め

無気力メッセは「二軍降格を」 虎助っ人の“ワガママ”にOB憤慨

「ナメてるとしか言いようがない」 阪神OBの評論家・福間納氏がこう言った。 開幕投手の助っ人右腕・メッセンジャー(33)が22日のDeNA戦でサイン無視を繰り返した上、無気力な三振。助っ人の乱行にフロントが事情聴取に乗り出す事態に発展した。福間氏が言う。 「今季は見た目にも明らかに太めで、きちんと調整できているのか疑問符がつく。開幕から1勝3敗、防御率5.63。打た…

目覚めよ!

精彩欠く阪神・上本…新打線キーマンを襲った「2番の重圧」

「グラウンドでの表情がちょっと暗いですね」 3日の巨人戦、2番・二塁でスタメン出場した上本博紀(28)について、阪神OBの評論家・福間納氏がこう言った。 チームは勝ったが、この日は5打数無安打で打率は.160。バント失敗もあった。2日のヤクルト戦では2失策を犯すなど、開幕から2番に座る男が精彩を欠いている。 昨季は1番打者としてブレークし、今季はキャンプ、オープン戦…

岩本は3季ぶりの勝利

4勝1敗首位快走の阪神 「梅野と松田は課題多い」とOB指摘

阪神OBの評論家・福間納氏が言う。 「梅野は走者が出た時にリードが単調になりがち。ヤクルトとの2試合でも、ストレートを要求しすぎる傾向がある。八回から登板した松田はストレートが武器だとはいえ、15球中14球がストレート。初戦の五回にも、2死二、三塁から畠山に初球のストレートを痛打された。ヤクルト打線は初球からガンガン打ってくる打者が多いわけだし、常に勝負にいっている…

None

阪神ドラ2右腕・石崎が7奪三振好投 開幕ローテ入り見えた

評論家の福間納氏も、「変則的なフォームで打者は最初はタイミングがとりづらいはず。課題だった制球は1四球でそれなりに安定していたし、打者に向かっていく姿勢もいい」と言う。この調子でいけば、開幕ローテの5、6番手に入ってくるかもしれない。 また、ドラフト3位の江越(駒大)も存在感をアピール。「5番左翼」でスタメン出場し、二回には大隣の低めのスライダーをバックスクリーンに…

鳥谷はメジャーへの本気度も疑われている/(C)日刊ゲンダイ

去就決まらぬ鳥谷に業を煮やす阪神 チーム作りもままならず

不動の遊撃レギュラーである鳥谷が出て行けば、ポジションの大きなシャッフルが必要になる」と言うのは、阪神OBの福間納氏だ。 「鳥谷が出て行けば、選手の大きな配置転換が必要。特に中堅から遊撃へのコンバート案が出ている大和については、早急にポジションを決めてやらないと、スッキリしないと思う。この1月はキャンプ前の貴重な準備期間。遊撃か中堅かで自主トレの内容も変わってくるわ…

西岡にはチームで浮いているという噂も/(C)日刊ゲンダイ

阪神OBが危惧 「西岡を特別扱いすればチームのやる気削ぐ」

「明るい材料がない中で優勝するには、和田監督がチームをまとめ、戦力を底上げする必要があると思う」 阪神OBの評論家、福間納氏がこう言った。 昨季はリーグ2位ながら日本シリーズ進出を果たした阪神だが、オフは金子、中島らの補強に次々と失敗。鳥谷もメジャー移籍する可能性がある。すでに中堅手・大和の遊撃コンバート案も浮上するなど、現有戦力の底上げが不可欠な中、悩みの種になり…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事