日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

松嶋尚美特集

母になってもキャラ変わらず

ママタレ順調の松嶋尚美 ホンネは専業主婦も「家計」が許さず


独身時代には母親ムードなんてカケラもなかった松嶋尚美(43)。ところが出産後は、苦手だった料理を覚え、子供のために苦手な早起きもいとわない「いいママ」に大変身、周囲を驚かせた。育児ブログも人気を博し、夫婦も円満。この1月に出版した育児本「松嶋尚美のジュマ&ララ diary」も好評で、今や人気ママタレの仲間入りを果たした。 仕事も順調で、リニューアルした「スッキリ!!」(日本テレビ系)の木曜コメン…

松嶋尚美は現在東京在住/(C)日刊ゲンダイ

レギュラー「知っとこ!」終了なのに 松嶋尚美が笑顔のワケ


松嶋尚美(43)がレギュラー出演していた「知っとこ!」(TBS系)が、3月末で終了することになった。 松嶋はレギュラー番組は「きらきらアフロ TM」など数本残っているものの、さぞガッカリしているかと思いきや「そんなことはありません。プライベートは充実この上えない」と言うのはある出版関係者。根拠になっているのは、先日出版した「松嶋尚美のジュマ&ララdiary」(ワニブックス)だという。 この中で松…

2児の母/(C)日刊ゲンダイ

「コーヒーが水分」松嶋尚美 ママ友トラブルとは無縁!?


30日、「世界コーヒー文化交流フェスタ」の開会式典に松嶋尚美(42)がゲスト出演した。家に帰ってから一番最初にすることは「コーヒーを飲むこと」だという松嶋は「COFFEE」のロゴ入りセーターを着て登場。 「一日の水分がコーヒーだけだったこともある。多いときだと1リットルくらい飲んでると思います。昔、<コーヒーの飲みすぎは体に良くない>と言う人がおったけど、コーヒーショップで『コウカンザイ作用』…

左上から時計回りに、藤本美貴、辻希美、大島美幸、松嶋尚美

藤本美貴の娘は「羽沙」 芸能人の子供の“難読キラキラネーム”


元オセロの松嶋尚美(43)の長男は珠丸(じゅまる)、長女の名前は空詩(らら)。タレントの木下優樹菜(27)とFUJIWARAの藤本敏史(44)の長女の莉々菜(りりな)。歌手のダイアモンドユカイ(53)の長女は新菜(にいな)、双子の長男は頼音(らいおん)で次男は匠音(ショーン)……と、個性派ぞろいなのだ。 また、タレントのIMALU(25)の本名は「いまる」で、父親でお笑い芸人の明石家さんま(6…

隠し味は酸味の効いたマヨネーズ

舛添騒動で注目 有名人を虜にする「たまごサンド」の名店


同店のたまごサンドは、お笑いタレントの松嶋尚美や千原ジュニア、EXILEのタカヒロなどがテレビで紹介。芸能人のファンが多く、差し入れに利用しているという。 一方、築地の「松露サンド」を有名にしたのは、昨年放送された「出張!徹子の部屋」の食べ歩き食リポ。黒柳徹子とマツコ・デラックスが試食し、絶賛したことで人気に火がついた。いずれも、たまご焼き系サンド。氣志團の綾小路翔が大好きな「NEW YORK …

甘味処「甘党の老舗 天のや」の玉子サンド

松島尚美が大絶賛!「甘党の老舗 天のや」絶品玉子サンド


“ママタレ”として活躍中のお笑いタレント、松嶋尚美(44)がひいきにしているのは麻布十番にある甘味処「甘党の老舗 天のや」。 場所は地下鉄麻布十番駅から5分ほど歩いた静かな裏通り。昭和7年に大阪で創業した老舗で、平成15年に現在の地に移転。目立たない立地ながら評判がすぐに広がり、客足が絶えることのない人気店だ。 素材を徹底的に吟味して、一つ一つの料理を手作りで提供するのが創業以来の店の信条。中で…

「ナンカゲツマチ」司会の松丸友紀アナ

テレ東「ナンカゲツマチ」とはいわば“深夜の和風総本家”


スタジオ代わりの銭湯「松の湯」には、松嶋尚美、松井玲奈、クリス松村の3人と司会の松丸友紀アナウンサー。「松(待つ)」に引っかけた面々だが、感想トークの深夜らしい“ゆるふわ”な雰囲気が結構心地よい。 (上智大学教授・碓井広義=メディア論)…

情報番組はバラエティー色3割増し

華丸、ハライチ沢部…増殖する芸人コメンテーター辛口審査


「スッキリ!!」(日本テレビ系)では、まず元オセロの松嶋尚美(43)。結婚すれば主婦目線、子どもを産めばママ目線って、世の中、そんな単純なもんか。発言も振る舞いもガサツで辟易する。松嶋を生かせるのは鶴瓶だけ。鶴瓶相手に深夜にバカ話しているのがお似合いだろう。 そもそも「スッキリ!!」は典型的な質より量で、コメンテーターの総数なんと22人。下手な鉄砲も数打ちゃ当たるで毎日4人出されても、大半が「…

イメージが大事/(C)日刊ゲンダイ

三船、江角が沈み菊池浮上 激変「ママタレ」報酬ランキング


2Aは千秋、早見優、堀ちえみ、松嶋尚美、RIKACOらで、Aは菊池桃子、三船美佳、梨花、渡辺美奈代。Bは紗栄子、山田優、森尾由美、東尾理子ら。Cは北斗晶、大沢あかね、木下優樹菜、辺見えみりら。5万円以下のDは藤本美貴、くわばたりえ、辻希美、熊田曜子、小倉優子、西山茉希らとなります。ランキングには芸歴はもちろん、夫の影響力や注目度も加味され、CM本数も目安になりますね」 先ごろ発表されたランキング…

松嶋尚美の長女も…/(C)日刊ゲンダイ

「泡姫」「今鹿」…親しか読めない「2013キラキラネーム」


今年6月に長女を出産した松嶋尚美の娘の名は、「空詩」と書いて「らら」だ。 このままキラキラネームは定番化していきそう。古い世代にはどうにもしっくりこないが。 1/泡姫(ありえる) 2/黄熊(ぷぅ) 3/姫星(きてぃ) 4/宝物(おうじ) 5/希星(きらら) 6/心愛(ここあ) 7/美望(にゃも) 8/今鹿(なうしか) 9/姫奈(ぴいな) 10/皇帝(しいざあ) 〈10位以下の主な名前〉 男(あだ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事