日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

吉田正特集

阪神から1位指名され、笑顔で会見した大山

直前に佐々木を回避…阪神ドラ1で大山獲得の“真相と今後”


「昨年、オリックスが1位指名した青学大の吉田正尚は、大学日本代表の4番を打ち、今季は63試合で10本塁打をマーク。大山は中央球界では無名でも、日米大学野球の全5試合で4番を務めた。しかも右打者で内野の守りもいい。巨人が外れ1位で指名した吉川尚輝(中京学院大=内野手)や中日が2位で指名した日大の京田陽太(内野手)よりパワーがあり、本塁打が打てる。昨年1位で取った高山もそうだが、金本監督はホームラ…

None

連載9933回 今ふたたび昭和の名曲


『赤と黒のブルース』(詞・宮川哲夫 曲・吉田正 歌・鶴田浩二)『恍惚のブルース』(詞・川内康範 曲・浜口庫之助 歌・青江三奈)『伊勢佐木町ブルース』(詞・川内康範 曲・鈴木庸一 歌・青江三奈)『懐しのブルース』(詞・藤浦洸 曲・万城目正 歌・高峰三枝子)『あなたのブルース』(詞・藤本卓也 曲・藤本卓也 歌・矢吹健) 本場のブルースとはちがうが、その影響をうけて、この国にブルース歌謡というジャン…

4安打の高山俊

ヤクルト戦で4安打 阪神・高山が今後背負う球界の“因縁”


ヤクルトは左打ちの外野手が喉から手が出るほど欲しかったから、オリックスが1位指名した吉田正尚(青学大)も候補に挙げていた。ヤクルトが高山を取りにいったことで、オリックスは吉田の単独指名に成功。その吉田は開幕から5戦連続安打の活躍を見せている。 「高山を逃したヤクルトは、外れ1位で原樹理(東洋大)を指名。実は阪神も原の指名を検討していたようです。もし、ヤクルトが高山の当たりクジを引いていたら、高山…

大学2年で日本代表に選出された

“金本2世”と評判のオリ1位吉田 父が語る「重量バット伝説」


オリックスのドラフト1位・吉田正尚(22)は大学2年で大学日本代表に選ばれ、4年時には「ジャパンの4番」を任された。身長173センチと小柄ながら「金本2世」といわれるスイングスピードの速さで、プロのスカウトをうならせた。1年目から即戦力の期待がかかるスラッガーだ。 そのヒントは、少年時代の練習にあった。 正尚は、小学3年生から少年野球を始めた3つ年上の兄・正仁さんの影響で、幼稚園に通う頃から一緒…

オリックスドラ1指名の吉田正尚

「最も得したのはオリ」 “流しのブルペン捕手”ドラフト採点


1位の吉田正尚は近未来の中軸候補。狙って本塁打が打て、国際大会などの大舞台でも活躍できる勝負強さがある。外野は右翼の糸井に衰えが見え、中心選手だった坂口が退団。是が非でも欲しい外野のレギュラー候補を獲得できました。 2位の近藤大亮(投手=パナソニック)、4位の青山大紀(投手=トヨタ自動車)の両投手は、勤続疲労が心配される平野、佐藤達の後継候補になり得る。10位の杉本裕太郎(外野手=JR西日本)…

写真はイメージ/(C)日刊ゲンダイ

シニアの住み替え狙い目は「中古」「1階」「エレベーターなし」


中野区で小さな不動産屋を営んでいた吉田正さん(71歳)も言う。 「人は加齢と共に体力が弱まりますから一戸建てであれ、マンションであれ、住まいの維持が難しくなる。そのため、管理がラクなマンションに移る人が多いが、忘れてならないのはマンションを維持する費用なのです」 ところが、それを考えずに住み替えて後悔するシニアも多い。 郊外の一戸建てから近くのタワーマンションに住み替えた野田陽平さん(仮名、6…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事