日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

川上哲治特集

苦虫/(C)日刊ゲンダイ

近くて遠い日本一… 星野監督と「オヤジさん」故川上哲治氏の決定的違い


くしくもこの日、星野監督が「オヤジさん」と呼んだ川上哲治氏が逝去していたことが明らかになった。試合前、「リーグ優勝の際に<最後までしっかりやれ>というハガキをもらった」と明かすと、「勝負に対して、ものすごく厳しかった。勝負に非情を出す、そういうところを学んだ」と振り返った。 だが、星野監督の野球は川上野球とは対照的だ。スポーツライターの工藤健策氏は言う。 「星野監督は自ら先頭に立ってチームを鼓…

日本の近代野球の基礎を築いた(右)/(C)日刊ゲンダイ

管理野球とチームプレーを持ち込んだ 監督・川上哲治の「実像」と「功罪」


「打撃の神様」「V9監督」として知られた川上哲治元監督が28日、老衰のため亡くなった。93歳。「弾丸ライナー」「赤バット」の愛称で親しまれ、戦前戦後を通じてバットマンとして活躍。監督に就任すると昭和40年から9年連続日本一の空前絶後の偉業を達成した。プロ野球にチームプレー、管理野球を持ち込み、日本の近代野球の基礎を築いたといわれる。その戦い方は後のチームや監督に大きな影響を与えた。監督・川上の実…

「節目節目でお世話に」/(C)日刊ゲンダイ

【特別寄稿】川上哲治元監督を悼む(中村稔・元巨人投手コーチ)


「野球小僧の戦後史」ビートたけし著


下町の空き地でやった三角ベース、川上哲治に憧れて家のペンキでバットを赤く塗って赤バットにした記憶、スター長嶋茂雄の登場、池田勇人内閣が所得倍増計画を打ち出していた時代に突如できた東京スタジアム……。本書は、昭和22年生まれの著者が、国民的スポーツとなった「野球」を軸に、エンタメの盛衰や当時の世相を含めた戦後史を振り返った一冊だ。 戦後70年の日本の歩みは、団塊の世代である著者の体験と重なる。遊び…

None

上田阪急元監督が教えてくれた長嶋クリーンベースボールの甘さ


前監督の川上哲治は、「コーチの牧野茂と森昌彦(現・祇晶)だけは絶対に残したほうがいい」と助言したのだが、長嶋は2人とも入閣させなかった。青年監督らしい気負いといっていい。 日本のプロ野球は、ダリル・スペンサー(阪急)が投手の癖盗みなどの“スパイ野球”を持ち込み、大きく変化した。巨人は対抗策として、阪急との日本シリーズでは、スペンサーが打席に立つと、牧野が極彩色の旗を外野席から振らせ、スペンサーを…

秋季練習で坂本(左)と話す高橋由伸監督

高橋由伸新監督は選手に厳しく接することが出来るのか


74年まで巨人を率いた川上哲治監督は、管理野球で知られていた。75年に就任した長嶋茂雄監督も前任者のやり方を大きく変えることはなく、シーズン中の門限も継承。負けが込んだ時の早出練習などは川上監督時代よりもきつかった。 野手、投手にかかわらず、移動日でも練習を行った。遠征先で球場に入れなくても練習は休みにならない。宿舎近くの公園に集合し、キャッチボールなどをして体を動かしたものだ。 連敗が続いて…

長嶋終身名誉監督からメッセージ入りボールを受け取る

巨人高橋由伸新監督はミスターの失敗を糧にすべし


75年は退任した川上哲治監督と共に、巨人にドジャース野球をもたらした牧野茂作戦コーチも退団した。その代わりに球団は関根潤三さんをヘッドコーチとして招聘したが、関根さんも長嶋監督と同じ天才肌。冷静に状況を分析したり、選手とのパイプ役となるタイプの参謀という立場ではなかった。 高橋監督は今季、兼任コーチだったとはいえ、ほとんど名ばかりのコーチだったはずだ。長嶋監督と同じように、選手目線で采配を振る…

近年の大型トレードといえば13年の糸井ぐらい

「格差トレード」の2年前、巨人から誘われていた


今思えば、当時巨人を率いていた川上哲治監督が私を過大評価していたのだろう。マスコミの報道も格差トレードといった論調だった。 両球団からトレードが発表されたのは春季キャンプ1週間前の1月25日だった。…

None

73年、77年の「日本シリーズ」の思い出


巨人に移籍1年目の指揮官は川上哲治監督。75年からは長嶋茂雄さんが監督になる。この監督交代劇の余波で、私はクビになるとばかり思っていた。しかし、長嶋さんは「誰もクビにしません」と宣言。 その時から私は、「よし、残りの野球人生はこの人のために尽くそう」と心に決めた。長嶋さんに「行け!」と言われたらどんな場面でもマウンドに向かい、ベストの投球をする。それが私のできる唯一の恩返しだと思ったからだ。 …

どこか存在が軽い

実績は抜群も 巨人原監督に“名将オーラ”がまったくない理由


現在の12球団の監督のうち、古くは鶴岡一人や川上哲治、近過去では野村克也のような、いかにも百戦錬磨の名将といった威厳を感じさせる人物は見当たらない。 もっとも、実績だけなら巨人の原辰徳監督は名将の域に達している。昨季までの11年間で監督通算876勝、リーグ優勝7回(日本一3回)。同じ11年間の監督勝利数では、かつて西武黄金時代を築いた名将・森祇晶監督(785勝)を上回っており、リーグ優勝回数も往…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事