日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

酒井夏海特集

身長はすでに174センチ

第二の岩崎恭子になるか 酒井夏海が秘める“15歳の爆発力”


スポーツドリンク片手にプールサイドを歩いているのは女子100メートル、200メートル背泳ぎ、4×100メートルメドレーリレーに出場する酒井夏海だ。 中学生としての五輪出場は20年ぶり。15歳ながら174センチ、58キロの体躯は大人顔負けで、大型スイマーだったロンドン五輪100メートル背泳ぎの銅メダリスト・寺川綾を彷彿とさせる。 100メートルの自己ベストは1分00秒12。寺川のもつ日本記録の58…

松田は選手の兄貴分的存在

4大会連続五輪の“兄貴”松田丈志が語る競泳日本の潜在能力


最年少は中3の酒井夏海(14)と年齢層が幅広い代表チームにあって最年長でもある松田は兄貴分的存在でもある。 「(最年長とはいえ)僕が何か特別なことをしているわけではありません。(全体ミーティングでは)僕が一方的に話すわけではなく、選手の間で活発な意見が飛び交っています。いいメンバーばかりで、僕はコーチと選手の間を取り持つような役割に徹しています」(松田) ロンドン五輪では今年4月に引退した平泳ぎ…

池江璃花子(右)と酒井夏海

何話してる? 競泳・池江がジャパンOP練習で同僚と“笑み”


その横は酒井夏海(14)。20日、東京辰巳国際水泳場で開幕する競泳のジャパン・オープンに向けた公式練習でのひとコマだ。 池江は100メートルバタフライ、400メートルと800メートルリレー、400メートルメドレーリレーの計4種目の五輪代表。酒井は400メートルメドレーリレーの背泳ぎで五輪に出場する。 池江がこの春、高校生になったばかりの15歳なら、酒井は14歳。中学生での五輪出場は96年アトラン…

競泳日本は金メダル獲れるか?

日本競泳陣引っ張れる? 21歳コンビ萩野&瀬戸に金の重圧


リオには100メートルバタフライの池江璃花子(15)、200メートル個人メドレーの今井月(15)の女子高生2人に、400メートルメドレーリレー(背泳ぎ)の酒井夏海(14)ら若手の代表入りが目立った。選手層が厚い競泳界は新鋭の出現が相次ぐ。リオでは世界選手権金メダリストよりも中高生に期待が持てそうだ。…

再びタッグを組む北島康介(右)と平井コーチ

若手に強心臓注入 北島“精神サポート役”で代表合宿招聘へ


今回女子は、14歳の酒井夏海や15歳の今井月、池江璃花子ら、5人の中高生がリオ五輪代表になった。本番に向けてコンディションを最高の状態にもっていく調整法やメンタルコントロールなどを、北島に伝授してもらおうというわけだ。若い選手にとっては心強い「コーチ」ではないか。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事