日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

澤穂特集

皇后杯を掲げる沢

有終ゴールの澤穂希 引退後は本田とサッカー教室の“顔”に


現役最後の試合・新潟戦で決勝ゴールとなるヘディングシュートを決め、INAC神戸を2年ぶり5度目の優勝に導いたMF澤穂希(37)である。 17日、現役引退を表明した澤に対して「これから何をするのか?」に関心が集まった。澤本人は「澤穂希だけしかできない仕事があれば……」と明言を避けたが、実は引退表明前から出処進退は決まっていた。「日本代表MF本田圭佑と手を組む」(関係者)というのだ。 本田圭佑(29…

「悔いなくやり切った」と語った澤

現役に終止符の澤穂希 指導者適性に「?」マーク付く理由


澤穂希にしかできない仕事があるなら、積極的にやっていきたい」 17日、引退会見をした澤穂希(37)が、今後に関してこう言った。 サッカー女子日本代表のエースが現役生活に終止符を打った。ファンや周囲はもちろん、これからに期待する。指導者として若きなでしこたちを牽引していけるようなら、それがベストかもしれない。 実際、所属するINAC神戸では、監督のミーティング後、澤が改めてイレブンを集めてリーダー…

澤も自民党に利用されるのか

打倒蓮舫氏? 澤穂希「自民東京選挙区」から参院選出馬か


引退を正式発表した澤穂希(37)。記者会見には、300人の報道陣が殺到した。18日のスポーツ紙も大々的に取り上げている。 圧倒的な国民人気に、さっそく「政界進出」の話が飛び交っている。安倍自民党が、来年夏に行われる参院選に出馬させようとしているというのだ。 「澤さんは、つい最近まで『リオ五輪がある来年までプレーする』と口にしていました。なのに突然、引退を発表したことで『やっぱり選挙に出るのではな…

引退を決意した澤穂希

現役続行明言から1週間…澤穂希“引退決意”までに何が?


テレビ画面に「澤穂希 今季限りで現役引退」のテロップが流れ、ビックリした人も多かっただろう。 中学3年でなでしこジャパン入り。32歳で迎えた11年ドイツ女子W杯で世界女王となり、翌12年のロンドン五輪で銀メダルを獲得。15年カナダW杯では準優勝と、キャリア晩年になってから輝かしい結果を残してきた。 W杯出場6回は男女合わせて世界最多。12年にはFIFA女子最優秀選手に選ばれ、男子部門を受賞したバ…

第1子妊娠を発表した澤穂希

なでしこ元エース澤穂希が第1子妊娠 来年1月にはママに


サッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」の元エース、澤穂希(37)が妊娠した。19日、マネジメント会社を通じて発表した。 澤は昨年末、現役を引退。同8月に元JリーガーでJ1仙台のスタッフ、辻上裕章氏(39)と結婚している。 澤は報道各社に直筆のメッセージを送り、「この度、主人と私の念願であった新しい命を授かることができました。来年の1月には、わが家にもう1人家族が加わることになることを私たち夫…

どっちが主役?

またも「今後」語らず…澤穂希と“なでしこ”の微妙な距離


女子サッカー界のレジェンド・元なでしこジャパンの澤穂希(37)が昨15日、都内の日本サッカーミュージアムで小倉純二・日本サッカー協会元会長とのトークイベントに出席した。150人の参加者は聞き手=小倉、話し手=澤を想定して来場。ところが、イベントはもともと多弁な小倉元会長の独演会となってしまい、イベント終了前の挨拶で澤が「今日は小倉さんの貴重なお話が聞けたので私も楽しかったです」と話すと、会場は大…

宇津木は茶髪で眉毛もくっきり

なでしこ澤穂希の“後継者”宇津木「代表落ち」の波紋


現役を引退したMF澤穂希(37)が、かつて「レベルの高いアジア予選を勝ち抜くのは大変」と話していたが、出場枠もリオ五輪出場を決めた男子の「3」よりも少なく、熾烈な出場権争いになる。 なでしこジャパンを率いる佐々木監督は、澤の抜けた穴を「15年カナダW杯準優勝メンバーのMF宇津木瑠美(27)で埋める予定にしていた」(サッカージャーナリスト)という。10年夏から仏リーグ・モンペリエでプレー。日頃か…

記者会見で花束を受け取る吉田

澤穂希の影も レスリング吉田沙保里「フリー宣言」の裏側


リオ五輪を控えながら退社したのはマットを離れた後のイメージ戦略の意味合いもある」(前出の関係者) 一部には「親友である澤穂希が所属する事務所扱いとなってCMタレント、芸能活動をやっていく」という話も漏れ伝わってくる。いずれにしても「霊長類最強の女」は、マットを離れてもなかなかしたたかだ。…

澤(左)とマッチアップする川村(右)

澤穂希に“引導”を渡した後継候補 仙台MF川村優理の実力


夫婦ダービーを制したのは、女子サッカーのレジェンド、INAC神戸MF澤穂希(37)だった。 23日の女子サッカー皇后杯・準決勝。澤は8月に結婚した辻上裕章氏が運営・広報部長を務めるベガルタ仙台戦にフル出場し、2-0完勝の原動力となったのである。 負ければ「現役最後の試合」とあって5506人もの観客が集まり、300人超の報道陣が群がった。注目は「ポスト澤と目される仙台MF川村優理(26)のデキ」(…

クラブW杯でプレゼンターを務めた澤

特別扱いに募るイライラ 澤穂希の“爆発”に周囲ヤキモキ


現役引退を表明したばかりのINAC神戸のMF澤穂希(37)だ。 16日に「今季限りで引退します。残り3試合の皇后杯でチームメートと優勝の喜びを分かち合いたい」と話した澤。19日の皇后杯・準々決勝のAS埼玉戦に先発し、チームは2―0で準決勝にコマを進めた。この試合で澤は、ゴールに絡んだワケでもなかったが、各メディアのヨイショぶりは尋常ではなかった。佐々木なでしこジャパン監督も「今季一番のデキだった…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事