日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

森喜朗特集

壮行会の席でお説教

森喜朗へのファンレター


リオ五輪の選手壮行会で森喜朗が「国歌を歌わないのは代表選手じゃない」と言っちまった。 「キミたちはどうして大きく口を開けて国歌を歌わないのか?」 なぜだと思うかいジイサン? それはな、おまえらが国会でやりたい放題やっておった頃に、「日の丸」がなぜ国旗で「君が代」がなぜ国歌なのか、ということをちゃんと議論せずになし崩しで法律にして、「みんななんとなく歌ってきたし、これでいいんじゃねえの?」と決めて…

「施設見直し」で対立が続く知事と会長

五輪施設見直し 森喜朗会長の「IOC受けつけない」はウソ


そこで建設を中止し、都外への代替施設を探し始めるも、これに東京五輪組織委員会の森喜朗会長(79)が猛反発。「施設建設はIF(国際競技連盟)とNF(国内競技団体)の了解がない限り、IOC(国際オリンピック委員会)は絶対に受けつけない。極めて難しい」と突っぱねたのだ。 あたかも、IOCが見直しに応じないという口ぶりだが、実際はそうではない。会場変更にはIOCの承認が必要ではあるものの、過去には会場…

リオ五輪選手村歓迎セレモニーでスピーチをする森会長

森喜朗会長が小池知事と会談へ 東京五輪めぐり都側が打診


2020年東京五輪組織委の森喜朗会長は、今月9日に東京都の小池知事と会談することを明らかにした。 国際オリンピック委員会(IOC)の総会やオリンピックの開会式などに出席するため訪れているリオデジャネイロで4日、報道陣の取材に応じ「東京都のほうから連絡があり、小池知事がごあいさつをしたいということだった」と話した。今後の連携方針を確認しているという。 また、IOCのバッハ会長が、五輪閉会式に出席す…

森喜朗五輪大会組織委員長と小池百合子都知事

小池都知事がロックオン 生け贄にされる“裸の王様”森喜朗


小池百合子都知事(64)の誕生で、“小池嫌い”の急先鋒である東京五輪組織委の森喜朗会長(79)の立場も危うくなってきた。リオ五輪視察のため訪問中の現地で、「小池さんには、よく勉強していただきたい」とまたケンカを売ったものだから、反撃材料に使われた。 小池知事は就任会見で「ムダ、ムダって言ったらまた誰かが怒るかも」と言いながら、「東京五輪・パラリンピックの費用検証調査チーム」の設置を発表。9月下旬…

柴田未来

【石川】揺らぐ「森喜朗」の看板と保守分裂の余波


父親が地元紙「北國新聞」の元会長、妻が森喜朗元首相の姪という“看板”もあるが、昨年10月の財務副大臣就任後も頻繁に地元入りし、北陸新幹線延伸や副大臣の実績をアピールしている。14年の金沢市長選の保守分裂、TPP問題の影響で農漁村部の票が減少しつつあり、不安を拭えないようだ。 一方、弁護士で野党統一候補の柴田は、金沢市周辺や人口が伸びている県西部で知名度を高めている。 「教育制度の改善、子育て支援…

森喜朗会長

新国立競技場を「古墳」に例えてまたも物議を醸した森喜朗会長の不安


2カ月前、「みんなが責任取れとか何とか言うから」と丸刈りになった東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長。帽子を取り、丸刈り頭を披露した瞬間の表情に殊勝さや神妙さは微塵もなく、どうだ! とばかりに得意そうな表情を見せました。責任を取ったフリすらできないのでは、パフォーマンスと言われても仕方ありません。 その発端となったのは新国立競技場計画をめぐる迷走劇です。旧デザイン案がよほど嫌だったのか…

森喜朗五輪大会組織委員長

新国立 森喜朗会長が“肩入れ”非難にボヤキ「俺をはめた」


東京五輪の森喜朗大会組織委員長が自分の発言についてボヤいてみせた。森は2種類の新デザインが公表された14日、「外見だけならB案のほうがいい」と発言。これに対して馳文科相が「そんなこと言っていいのかな」と疑問を呈した。 森会長は15日、都内で開かれた日本トップリーグ連携機構の会合で「(メディアが)俺をはめてやがる」と言い放ち、「記者団に囲まれて2案を並べられた。突然、『どっちがいいと思いますか』と…

森喜朗元首相(左)と山口敏夫元労相

山口敏夫氏が全議員に配布「森喜朗は辞めろ」檄文の中身


かつて「政界の牛若丸」と呼ばれた山口敏夫元労相(75)が、オリンピック組織委員会のトップ森喜朗会長(78)に公然と辞任を迫っているのだ。 「あの紙、読んだ、と話題になっています。書いてあることは、まさに正論。よく書いてくれたという声が上がっています」(政界関係者) 山口元労相と森元首相の付き合いは古く、2人が知り合ったのは、まだ森元首相が学生だった頃。年齢は森元首相が3歳上だが、初当選は山口元…

早実野球部には縁もゆかりもないが…

森喜朗元首相 大物OB気取りで「清宮人気」にちゃっかり便乗?


東京五輪の不人気男、組織委員会会長の森喜朗元首相である。 デカイ面を下げ、早実側の一塁側内野席に陣取っていたが、森元首相は早稲田OBとはいえ、大学ではラグビー部に所属するも、病気のため、たった4カ月で退部。高校は、地元・石川の金沢二水高を卒業と、早実野球部には縁もゆかりもないはず。 それでも、スタンドでは清宮選手の父でラグビーのトップリーグ、ヤマハの清宮克幸監督とガッチリ握手。 ちゃっかり、大物…

森喜朗氏こそ言いだしっぺ

「東京五輪」の“言いだしっぺ” 森喜朗会長の醜い責任転嫁


新国立競技場をめぐって、「生ガキみたいなスタイルはもともと嫌だった」「責任は文科省」と言いたい放題の森喜朗・東京五輪・パラリンピック組織委員会会長。だが、この発言だけは看過できない。17日の産経新聞のインタビューで、「五輪をやりたいと手をあげたのは東京都だ」と責任転嫁したが、ちょっと待って欲しい。東京五輪招致の“言いだしっぺ”が森会長だということは、都庁や都議会の関係者に知られた話だ。 東京都は…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事