日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

金子千尋特集

ナンボでも稼いでくれ/(C)日刊ゲンダイ

金子千尋よ、もらったカネは大事に使えよ


唯一話題に上るのがFA宣言で高値の買い手を待つ金子千尋(31)ぐらい。セ・リーグの在阪球団が4年で20億円を提示したとか、負けじと所属する球団も3年で15億円だとか、寒風に立てる襟とてない庶民としては夢物語。 日本の平均的サラリーマンの生涯総収入は多くて3億円。うち出費は生活費に2億円。マイホーム建てりゃ6000万円、子供2人を大卒まで育てて6000万円、出費総計3億2000万円として、一人生涯…

オリ金子は今季“背水の陣”

周囲が理由詮索 “平常運転”のオリ金子に年俸5億円の呪縛


オリックスの金子千尋(32)が定期的にブルペンに入る姿に驚いたのだ。 金子といえば、マイペース調整が代名詞。ここ数年のキャンプではブルペンはおろか、開幕まで実戦にもほとんど投げなかった。それでいて、13年は15勝、200奪三振。14年は最多勝と最優秀防御率の2冠を手にし、沢村賞にも輝いた。 それが今季は違う。ブルペンに何度も足を運び、キャンプ終盤には韓国斗山との練習試合に登板。金子が2月に実戦登…

球界最高年俸のオリックス金子

ケガ再発懸念絶えず オリ金子「年俸5億円」の不良債権度


14日、オリックスの金子千尋(32)が契約を更改した。今季は開幕出遅れに加えて2度の登録抹消もあり、16試合で7勝6敗、防御率3.19。チームは5位と低迷したこともあって大幅ダウンが当然だが、昨オフに4年総額20億円の複数年契約を結んでいたため、現状維持の年俸5億円にサインをした。 今オフは年俸5億1000万円だった阿部、5億円の杉内と巨人の2選手が大幅ダウン。球界最高年俸に躍り出たわけだが、…

早くも方針転換か

若手育成重視からFA補強視野…金本阪神に早くも“ブレ”懸念


昨オフも金子千尋(32)、中島裕之(33)の獲得に手を挙げている。せっかくポジションが空いてもすぐに補強で穴埋めされるため、若手の出場機会が限られ、生え抜きが育たない要因といわれてきた。 その結果、選手は高齢化し、いびつなチーム構成になり、それを補うためにまた補強を繰り返す。これではいつまでたっても生え抜きなど育つわけがない。その点を懸念する金本監督は「できれば補強なしで今の選手で勝っていくのが…

清原和博

清原和博 ナガブチックな美意識が古くてダサい


「オールスターだからこそ、得意とする変化球で勝負したい」と言ったオリックス・金子千尋のほうが、よっぽど新鮮でおもしろいと思う。 ちなみに、某雑誌で清原と対談するなど、なにかと彼を応援している人物がテリー伊藤というのも興味深い。彼もまた、前時代的な破天荒型のひとりで、清原について「不器用で純粋すぎるから誤解されやすい」などといった予想通りのコメントを発していた。テリーさん、月並みすぎます。 ▽やま…

チームに迷惑をかけっぱなしでも…

肩違和感で緊急降板のオリ金子にブーイング起こらないワケ


1日の楽天戦に先発したオリックスのエース、金子千尋(31)が四回途中に右肩違和感で緊急降板した。7月には首の違和感で降板しており、アクシデントは2回目。今季はオフに行った右ヒジ手術の影響で初登板が5月と出遅れただけに、チームに迷惑をかけっぱなしだ。 金子は昨オフ、FA宣言で阪神と古巣を天びんにかけたが、残留は大正解だろう。仮に阪神で同じ体たらくとなれば、ファンからブーイングの嵐。当初ほのめかし…

中島は六回に二塁打を放ったが…

西武に完封負けのオリックス “金満補強”がいきなり裏目


メジャーに色気をもっていた金子千尋(31)は、その後国内FA権を行使したものの残留。総額35億円を使った戦力を多くの評論家たちは高く評価。ソフトバンクとの「2強」や「ダントツ優勝」と予想している。 だが、大幅な戦力アップどころか、現場では不安を抱えている者が少なくない。 そもそも昨季2位で6年ぶりにCS(クライマックスシリーズ)に出場できたのは投手陣の踏ん張りや、機動力が使える若手野手の台頭があ…

すべては計算通り?

「復帰登板」先送りで囁かれるオリ金子のしたたかな“計算”


昨年オフ、右ヒジ手術をしたオリックス・金子千尋(31)が「迷走」している。 手術直後は本人が「開幕に間に合わせる」と公言していたのに、今月20日には森脇監督から「27日の(開幕)登板はない」と発表された。その後は4月上旬の復帰が濃厚といわれながら、今度は準備していた24日のシート打撃登板を直前回避。無言を貫くエースに代わり、高山投手コーチが「本人の感覚もあるので」と説明した。 この金子のドタキャ…

開幕まで2週間で突如ペースダウン

なぜこの時期に? オリ金子“雲隠れ”リハビリの裏事情


昨年11月に右ヒジのクリーニング手術を行ったオリックスの金子千尋(31)が一時期、行方をくらませ周囲を騒然とさせた。 オリックスはすでに金子を開幕投手に指名済み。本人も2月の春季キャンプから開幕に照準を合わせ、10日に大阪市内で行われた激励パーティーでも「(ヒジを)手術したのでまだ100%ではありませんが、開幕までにしっかりと治していきたい」と、順調な回復ぶりをアピールしていた。 ところが、その…

周囲から総スカン (C)日刊ゲンダイ

ナインも球団関係者も辟易 オリ金子は“寡黙”マイペース調整


一軍キャンプに帯同させたこと自体が失敗だと思いますよ」 オリックスのチーム関係者がこう嘆くのは金子千尋(31)のこと。現在一軍のキャンプに帯同しているものの、あまりのマイペースぶりに周囲が辟易しているからだ。 昨年11月末に右ヒジを手術。以後はリハビリ中心のため、キャンプは初日からウオームアップや投内連係を除いて完全な別メニュー調整。昨年の移籍騒動で多方面からバッシングを受けた影響からか、基本的…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事